2020年12月21日

師走感が本格化してきた。

夜は、Kの実家でクリスマス会。いろいろご馳走をいただく。ありがたし。Kの姪っ子は、会う度に成長して、言葉もどんどんはっきりしていく。なんか最近、また怖がられるようになってしまったのだが、今日はそんなこともなかった。仲直りか。

一昨日、Elixirで書いたAtCoderのコードの実装関連で、同僚のブログにかかれていた内容でEnum.read_while/3なんてのがあるのを知り、帰宅後に書き直してみたり。なんかつい冗長に書いてしまうので、もっとしゅっと書きたいものだなあと思う。

エピクテトス『人生談義(上)』を読む。晩年のミシェル・フーコーは、エピクテトスらの初期ストア派の哲学者について「自己への配慮」という言葉を用いて注目をするのだが、千葉雅也さんなどはそれをフーコーのネオリベへの親近性と解釈され得る危ういところとしつつ、共感を語ってみせる。自分もまさにそういう意味合いで興味を持ってきていたテーマだったのだが、実際にそれらの哲学者の本を読んだことがあったわけがなかったのだったが、今月の新刊として刊行されたのを期に読んでみようと思ったわけだ。パンチライン満載で、上記のようなこと抜きにしても、とてもおもしろい。熟読玩味に値する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA