2020年12月25日

今日も1 on 1をたくさんやった日であった。その他、ミーティングなど。今年も、あとは28日の年末総会でだいたい納まる感じ(休み中も対応してくださる方々もいるので感謝)。

夜は、Kがクリスマスということでご馳走を作ってくれた。ビーフストロガノフとホタテのカルパッチョ。おかわりして食べていたらふたりともお腹がいっぱいになって、せっかくケーキもあったのに食べられず、明日に回すことに……。

ご飯を食べながら、NHKプラスで「ガンダムを動かせ~夢に挑んだエンジニアたち~」を観る。ご多分に漏れず僕もガンダム好きだったので(「ファースト」から「逆襲のシャア」まで。小学生の頃は一時期有り金すべてをガンプラに費やして数十体作ったり、オリジナルモビルスーツの絵をたくさん描いたりしてた)、めちゃ興奮したなあ。友人のE君が関わっていて組み立てのところで出るかもと思って観ていたのだが、それらしい姿を確認できず(あとできいてみたら、減速機をとりつけるところで出たということであった)。

「ソフトウェア設計論」の最終課題の最後の一問に取り組み、完了する。後半3問は全然自身がないのだが、一応全部書きはしたし部分店ぐらいはあるだろうことを期待。提出と受領メール受け取りまで完了。

今井むつみ『英語独習法』を読み、読了。著者は以前読んだ『言葉の発達の謎を解く』の著者で、認知科学の観点から子供の言語獲得を研究している方で、その本も面白かったのだが、学習理論についても研究しているということで、今回のはその両者が組み合わさったような内容。多聴・多読等をむやみに頑張っても日本語的な「スキーマ」を意識化しないと意味ないよねという主張に納得。英語的なスキーマを鍛えるためにコーパスを使用して正確な語感を養うことを解いているのも、具体的な筋道が示されていてよかった。

雑誌「Interface 2021年2月号」が届いていたので、冒頭だけ少し読む。OS、言語、コンパイラを中心とした「低レイヤ入門」ということで楽しみにしていた号。Cortex-M4向けのMiniOSなるものを紹介していて、めちゃ面白そう(OSというよりはタスクスケジューラみたいな感じみたいだけど)。その辺は、大学院の授業でOS全般やリアルタイムOSについて学んだりしたので、自分でももうちょっとやってみたかったのだよなあ。IoT関連やるにしても、もう少し中身を知っておきたいし。テストとレポートの合間の息抜きに読み進めよう。実装もしてみたいなあ。

僕も参加したNervesJPのAdvent Calendarが「Nervesな2020年を #NervesJP 的に?? ふりかえる」というエントリで完結した。11月から界隈の方々と交流させていただく中で、あらためて開発者のコミュニティと関わってあれこれするのは楽しくていいなあと強く思う。親切に接してくださったおかげである。感謝だなあ。研究についても、その方面のことをやっていこうかなと思っていて、その意味でもありがたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.