2021年1月6日

Habitifyのリストを上から実行していくだけで生きる一日。以前「時間は有限なのでHabitifyを使って能力を高めることで一日を実質48時間にし圧倒的なパフォーマンス向上を実現する」という記事に書いたが、選択肢の存在を放置することで望ましくない行動(=習慣の実行を阻害する行動)をそもそもやらないようにするということが重要で、あらためて実践するようにしはじめた。まあ、とはいってもだらだらTwitterを眺めたりもするのだが、やっていくうちにもっとシャープになっていくだろう。

習慣とは、繰り返し実行すること。TODOは、習慣とは別に期限つきでやるべきこと。タスクとは、ある期間においてやることを決めた作業のことであると考える。そうすると、一日の流れはこうなる。

  1. TODOをチェックするという習慣を実行する
  2. TODOの中から、今日実行する作業としてのタスクを決める
  3. タスクの一覧を書き出し、上から実行していく

こうすることで、習慣に基づきTODOをきっちり毎日のタスクに分解しながらこなしていけるはずである。

そんな感じで昼の仕事をこなして、夜はCTO協会のミーティング。2月に合宿をする予定だったのだが、明日にも緊急事態宣言が出るという情勢のため、オンラインに変更する見込み。いよいよやるべきことが切羽詰まってきた感じなので、やっていかないとなあ。

AtCoderのABC186のB問題をElixirで解いてみる。二重ループになるところをもっとElixirぽく書きたいのだが、いったん回答としては十分なコードを書いて提出まで(と書いたあと、しゅっと対応した)。その後、論文の続き。ひとまずは書けることを全部書きだしてみることを目標に、どんどん書いていく。なんかだらだら長くなった気もするが、まずはイントロを最後まで書いた。この調子で毎日やっていけば、そんなに遠くないうちに終わるはず。継続していこう。そういえば、この論文にも関係する話だが、mix upload.hotswapについて、Thinking Elixirで取り上げられていた。すごい。まあ、こんなのもあるみたいね、ぐらいの軽い取り上げ方だったけど。

#029 Running Jobs using Oban with Parker Selbert – Thinking Elixir

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA