2021年1月20日

昨日の日記で、自分がこれからのびるにはもっと「個」的なところもだしていかないとならないのだろうなあみたいなのを書いたが、欲望のままに生き、欲望の大きさや質についても向上させていくこと、喜怒哀楽のままに生き、感情を精緻にきめ細やかに、そして明らかにしていくこと、常に理想と比較して、妥協しないこと、そうしたことが第一に必要なのだというスタンスでしばらくやってこうという気持ちを持つことにした。そのテンションを維持するのが難しいのだが。

そんな中で、先日観た展覧会とそれに続いて読んでいる『TIMELESS 石岡瑛子とその時代』は、ちょうどいいタイミングだったのかもなあと思いつつ、最後まで読んだ。全然関係ないけど、大学院のひとつ上の、パワフルだけどなんというかいろいろすごいひとが石岡さんと顔の系統が似ていて、近しいところがあるのかなあなどと思ったりした。

副テーマで論文を書いている内容について、実験と評価の一部やりなおし、というか、精緻化をするべきところがでてきて、計測コードを書く。いろいろハマりどころが多くてすんなりいかなかったのだが、調べ物をしつつ3時ぐらいまでやったりしてた。早く寝ないと。そのせいで、日記を翌日に書いている。

Leave a Reply

Your email address will not be published.