Day: January 23, 2021

2021年1月23日

さすがにいろいろ疲れがきて、11時頃まで寝てた。その後も、論文についていただいたレビューの対応をしようとしていたが、ちょっと詰まってしまって打開策が見つからずにハマりそうだったので、主テーマのサーベイの方へいったん移動。関係ありそうなキーワードでひっかけてみて、いくつか面白そうな論文があったので目を通してみる。面白いけどそういうのがやりたいわけじゃない、というか、そこに力点があるわけじゃないんだよなーという感じで、もどかしい。うまく見つけられない。 『美術/中間子 小池一子の現場』を買ったので読む。先日の石岡瑛子の回顧展つながり。この方もパワフルで面白い。ところで、石岡瑛子や小池一子さん(知人ではないひとの場合、存命の方には「さん」づけするポリシーでやってるのでこういう表記になっている)のこの書籍など、この年代の人々について触れる機会が続いている。もっというと、瀬川昌久さんと蓮實重彦さんの『アメリカから遠く離れて』もそうである(というのは蓮實さんについてであって、瀬川さんはさらに12年上の1924年生まれ!)。戦後に活躍した文化人たちが、いよいよ総決算という時期なんだろうなあ。 早々にベッドにもぐって『闇の自己啓発』を読み始める。寝落ちしそうになりながら読んでいたのだが(面白くないからではなく疲れから)、だんだん目がさめてきて、どんどん読み進める。思いのほかバランス感覚のある話がなされていて、意外に思ってしまった。