2021年1月30日

午前は「遠隔教育システム工学」。会社の研修やらキャリアプランなどを考える上で、教育・学習の理論はつまみぐいしたりしていたのだが、あらためて総覧的に観ることができて、見通しがよくなる感じ。機会のデザインに加えてモチベーションのデザインも必要だという話で、ゲーミフィケーションがかなり最強感のある手法として紹介されていて、そうだよなあと思ったりする。また、昨今では「真正な」課題(作り物の課題ではなく現実の課題)に対して自ら手を動かして学ぶみたいなのがいわれているということで、そうだよなあと思いつつも、ピンとこない感じもしている。

午後はゼミ。進捗報告と、修論の計画書について話す。やりたいこととしてはいいんじゃないか?という感じではあったものの、単純にボリュームが多いから分割したほうがいいのでは?とか、評価についてやりたいことと評価とがマッチしていない、無理やり感があるとかいろいろフィードバックをいただく。どちらもその通りだよなあと思える内容。まあいったん全体像を描きだしてみないと、それなしに部分問題について述べても意味不明だろうから順番としてはこれでいいとは思うが、その中のどこにフォーカスするかは詰めるほうがよさそう。その上で、評価も考えていかないとなあ。でもまあ、そもそも実現可能性を確かめるために、技術的な検証もしてみないとなあなどと思う。

そんなこともあり、そういえばそういう話を書いた論文があったよなあと思いだして、「なぜソフトウェア論文を書くのは難しい(と感じる)のか」を読む。ソフトウェアというのが本質的に評価が難しいものであるとした上で、評価指標については、ソフトウェアの開発過程の困難さについてであるとか、自ら何かしら指標を立てて効果を主張するだとかあって、参考になる。なんかもうちょっと考えて、やろうとしていることにマッチした評価指標にできれば、そこから新規性にもつながっていくのかもしれないなあ。また次のゼミまでに考えてみよう。

Jetson Nanoのセットアップをしようとしたのだが、起動しなくなってしまって謎い……。疲れて眠くなってしまったので、20時過ぎ頃にベッドへ。そのまま寝入って夜中に起き出し、日記を書いたり。KがClubhouseにハマっていて、いろんなルームで話しを聴いている。また、Kの知人や従兄弟などもルームを開設して話したりしはじめたということで、ここ数日での爆発的な広がりようが想像された。

Leave a Reply

Your email address will not be published.