• 2021年2月7日

    國分功一郎・熊谷晋一郎『<責任>の生成』の続きを読む。熊谷さんの話は、先日読んで大変に感銘を覚えた『脳の大統一理論: 自由エネルギー原理とはなにか』に通じるところがあるなあと思っていたら、半分ぐらい過ぎたところで言及されていた。しかし、3〜4ページほど紹介されただけで深堀りすることなく過ぎてしまって残念。ただまあ、著者らの関心は、メカニズムの先にあるのだろうから、それはそれでしかたないのかもしれない。

    久々に書店にいってリフレッシュしようと、丸善ジュンク堂書店へ。暦本純一『妄想する頭 思考する手』、綾屋紗月・熊谷晋一郎『発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい』、大塚淳『統計学を哲学する』、植原亮『思考力改善ドリル』、『カラー図解 地球科学入門 地球の観察――地質・地形・地球史を読み解く』、『Akka実践バイブル アクターモデルによる並行・分散システムの実現』を購入。いま読んでいる本からの流れとか、気になっていたものとか。さっそくお茶しながら、暦本先生の本を読了。

    帰宅して、『思考力改善ドリル』を読み始める。実際に問題について考えながら進めていくやり方で、とても面白い。Kに問題を出してみたら、かなりすんなりと適切な回答をしていた。その後、夕食をとりながら、NHKスペシャルで食糧問題についての話を観る。データよりは映像の力で危機感を煽るという演出で、感心しない。2050年に日本が食糧危機に陥っているというシナリオをおどろおどろしい映像で示すのだが、いろいろと前提が飛ばされているので、単にやたらとおどかしてるだけみたいになっている。

    その後、明日締切の論文を少し見直す。概要を少し修正して、あとはページ数を規定内におさめたら、とりあえず出せる状態にはなる。もうちょっと。さらに、TVerで「情熱大陸」の登大遊さん特集を観る。ネットでしか観たことがなくて動いているのを初めてみたのだが、ヤバい感じでいい。すごいなーと思いながら観てたらあっという間に終わってしまって、もっと時間をかけてやってほしいという気持ちになったりした。自分ももっとやっていかないとなあと思う。