2021年2月8日

最近になって、イベントへの登壇が2件、取材、プログラミング学校での講演などなど、引き合いが急に増えてきた感じ。とりあえず全部受けることに。どんどん引き受けて、期限をもうけてアウトプットをひねり出していくようにする方が、自分みたいな怠惰な人間にはよかろうと思う。

そんなわけで、今日は情報処理学会のソフトウェア工学研究会へ予稿を提出する締切の日。夜に、期限を数時間残して提出完了。書き始めてからは2ヶ月ほど、実際に書いていたのはひと月ほどだったが、共著者や研究所の方々、コミュニティの皆様のおかげでなんとか書き上げて提出することができた。課題設定して提案して評価してみたいな形式の論文を今回初めて書いたのだが、クオリティはともかくまずは一歩進められたのでよかった。

ここまでにいたるまでも、12月に試験やレポートでいろいろ大変だった中で、アドベントカレンダーを積極的につかんで書いていったのが役になったし、1月にも無理くりLTを準備したことで、論文の評価の箇所につながる結果を早めに出すことができた。そうやって、どんどん期限を入れて追い込んでいかないとちゃんとできない。逆にいうと、それさえすればある程度はアウトプットできるわけだ。そんなわけで、期限をどんどん詰め込んで行かねばと思ったりしているところ。

<責任>の生成ー中動態と当事者研究』の続きを読み、読了。とてもおもしろい本だった。中動態や意志の概念については、これまで考えてきたことについてクリアな見通しを与えてくれると思えたし、それがあらたな形で責任に結びついていくのは自分の生き方にもよい影響をもたらしてくれそうだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

February 2021
M T W T F S S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728