• 2021年2月28日

    朝、10時過ぎに目が覚めたものの、ベッドでしばらくネットを観ながらごろごろ。なんかKの機嫌が悪かったので、歌ったり踊ったりする。Kは最近、滝沢眞規子さんというモデルさんにハマっていて、動画を観たりしている。夫はネイバーフッドの滝沢伸介さんなのだそうな。ずいぶんストイックな人で、すごい。

    お茶しながら、『Python機械学習プログラミング 達人データサイエンティストによる理論と実践 第2版』を読む。最初の1/3あたりまでは目を通していたのだが、その後おいてあったので。とりあえず、先日論文を読んでいてあまり理解できなかった主成分分析について見てみる。かならずしも理解できたとはいいがたいが、理屈も含めて少しずつわかってきた気もする。線形代数の教科書といったりきたりしながら、ちゃんと理解できるようにしよう。それはともかくとして、いま上記に書くためにググってみたところ、昨年の10月に第3版が出ているのを知った!

    帰宅して、いよいよヤバくなってきたので、明後日の学会発表のためのスライド作成に集中する。すごく集中できたというほどではないのだが、やりはじめると進むには進んで、3時間ほどでひととおりざっくり書き上げることができた(あまり内容がないせいもあるけど……)。こうやってヤバさを高めて集中するというのはいいのだけど、それならそれまでの時間にもう少し意義のあることに取り組めたらいいのだけどなあ(ネット見てばかりだった)。

    大河ドラマというものをこれまでまともに観た記憶がないのだが、渋沢栄一についてだというので「青天を衝け」を1回目の放送からNHKプラスで観ている。渋沢の人生や業績を事細かに知っているわけではないというのと、経済人の端くれとして観ておくべきだろうと思ったという興味から。その後、YouTubeで鹿島茂さんが「青天を衝け」について解説するライブを始めたので、観た。今後も続けるようで、ドラマを観たあとに鹿島さんの解説が聴けるなんて、めちゃいい体験だ。

    その後、YouTubeで配信されている落合陽一さんの限定公開の講演動画を耳で聴きつつ、Webで渋沢栄一についての記事を読んだりする。落合さんの講演は、この1年の彼の考えてきたこと、やってきたことの集大成について話すという感じの内容で、密度も濃いし、とても面白い。あれだけ熱量持ってやれたらなあと思う。

  • 2021年2月27日

    寝不足だったのもあり、11時頃まで寝た。しかし、延々その時間ぐらいまで寝てるみたいなことは最近はなくなってきていて、何度寝かした結果、その時間に起き上がるという感じだなあ。あんまりぐっすり寝たという感じはしない。しかし、寝る時間的にはそれなりに時間かけてるので、すっきりはしている。

    学会発表のスライドを作らねばと思って、表紙と目次だけKeynoteで作った。

    昨日の残りで昼食をとった後、散歩。お茶しながら『アルゴリズム実技検定 公式テキスト[エントリー~中級編]』を読み始める。Pythonの基礎的な文法を説明しつつ、習った文法で解ける問題をやってみるという流れは、プログラミング学習本としてもよさそう。と思って読んでいたのだが、けっこう急に難しい感じになってきて、しんどいかもと思い直す。

    帰宅して、スライドの続きをやらねばと思いつつ、昨日やったNxでFizzBuzzの話を「Elixir/Nxを使ってFizzBuzzをディープラーニングで解く」という記事に書いた。初めてZennを使ってみたが、けっこういい感じかも。技術的な記事はそっちに書いてもいいかもなあ。技術的な内容は、このブログに書くよりコミュニティベースのところに書くほうがいいんじゃないかと、最近は思っている。

    Kが刺し身などを買って帰ってきて、作ってくれたおかずとともに夕食。食べながら、「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」を観る。長野県南佐久郡小海町あたりに、なぜか「海」のつく地名が多いという謎について取り上げられていたのだが、その理由がすごい。平安時代の頃、八ヶ岳が崩れて千曲川をせき止める形になり、100年以上、水深数十メートルもある広大なダム状の場所ができたそうな。それで「海」の字がついている地名が多いのだとか。すごすぎる話だ。

    その後、やっぱりスライド作りのやる気が起こらず、機械学習のことを調べたり。ONNXを経由してElixirで既存の学習済みモデルを使えば推論については手早くできるんじゃないかと思って調べ物。できないことはなさそう。スライドは明日がんばる。