• 2021年3月15日

    昨日、「シン・エヴァンゲリオン」を観て、評価としては良し悪し半々ではあるものの、庵野監督があれだけ長い年月をかけてああいう感じにしたことはそれはそれでそういうものなのかという気もしていて、それならそれで自分もいよいよちゃんとしていかねばならないのだろうなあみたいな気持ちになってきて、今日からちゃんとやっていこうという感じ。ちゃんとやるといっても、なにをどうしたらいいのかはわからないが。とりあえず、なんかだらだらしたりしないで、やるべきことをパシパシやっていくみたいなところから。

    4月で更新なので、更新料と保険料の請求がきていた。銀行振込で支払いした。バカ高い家賃を払って狭い住居に住んでいるのは、昨今的な事情からするとあほらしいということになるかもしれないが、この地域が心地いいからなあ。他であっても、それはそれでいいところを見つけられるのだろうけど、このあたりの感じには代えがたい面も多くあろうと思う。

    「スパースモデリング」というものを教えていただいたので、『スパースモデリング 基礎から動的システムへの応用』を購入。自分の興味範囲においても使えそうな内容で、面白そう。ちゃんと理解して使えるかどうかは別として……。

    しばらく置いてあった『人工知能 Vol.36 No.2 (2021年3月号)』を読み始める。企業研究所のありかたみたいな特集。総論部分は、規模の大小はあれども、どこも同じような課題を抱えているのだなあという感じ。ある意味では心強くもあるという話か。その後の各社の事例紹介みたいな解説記事数本は、うちとはずいぶん違うところもあればかなり近いところもある。いずれにせよ、すごくしっかりやっていて、もっと僕ががんばっていかないとならないなあという気持ちを新たにした。もっと好奇心を広く張って、効率よく知識を摂取して、自分の研究でも成果を出していかないとな。

    Uberではない配食アプリで注文したら、なかなか来ないから途中経過をアプリで見てみたら、なぜかうちとは全然違う、数百メートルほど離れたところに到着目標のピンが立っていて迷ってる様子だったので、メッセージで案内した。配送先はちゃんとうちの住所だったのだが。きっとひどく不安で焦っただろうと思うととても気の毒で、心を痛めた。配達してくださった方には丁寧に御礼を述べた。そうやって届いた夕食を食べながら、「おちょやん」を観る。

    修論計画提案書のスライドをブラッシュアップしないとと思いつつ気が乗らず、とりあえずスライドのページを開いてひと通り眺めて、このあたりを修正すればいいよなあなどど思ったりして、別のタブへ移ってしまう。まあ、今日のところはスライドを開くところまでやったところでよしとしよう。研究にやる気がないわけじゃないのだが、ずっとこればかりやっていて気が重くなっているのだろう。「遠隔教育システム工学」の最終課題の続きを少しやる。