• 2021年3月5日

    いわゆる「ネタバレ」を恐れる傾向が、昔より大きくなってるように思える。昔はネタバレが勝手に飛び込んでくることはあまりなかったのだけど、いまは不意に出てき得るから、かつてより恐れが大きいのかもしれない。それを抑止するためにはネタバレをする動機をくじくしかなくて、そうなるとネタバレを流すことがほとんど犯罪のように語られることになる。制御不可なことへの対処としての反応。もはや、ネタバレによって実際に何が損なわれるかということは省みられることはなく、ネタにふれることそのものへの生理的な嫌悪感のような感じだ。

    SNSでもチャットでも、受け手にとっては制御不可能な構造が、便利であるとともに人々の不安を増大させ、過剰な排除言動の表明に駆り立てる。自分自身でもその過剰さを認識できず、問題であると反省することにもならない、むしろ正しさをすら自認させる構造は、いかにも昨今的なヘイトスピーチや炎上と同じようなことなのではないかとも思われる。かといって、特定の言明を行う人々の方に問題があるのではない。そのようなことに人々を駆り立てる構造の方に問題がある。知らず識らずの内に不安を煽られ、普段ではあり得ない過剰な言動にまで駆り立てられてしまうことが誰にでもあり得るのだということを自覚して、距離を取って構造を眺める時間が必要だろうと思う。

    サーベイを進めているのだが、問題をどこにフォーカスして文脈付けようかというところでまだ迷っている感じ。

    明日は、Kがこの半年ぐらい取り組んできたプロジェクトのクライマックスで、それに先立っての練習に付き合う。ふたりでリハーサルをしながら、改善点についてできるだけ率直にフィードバックした。

    夕食は、Kがこういうのを食べたいというのを事細かに指示してきたのを、その通りに作る。ややうまくできなかったところはあったが、まあまあなものができた。久しぶりに自分で作った気がする。作りながら、トモコスガさんの動画を観る。そんなこともあって、写真いじりをしたくなって、先日撮ったものをあれこれいじってみたり。最近は、画面の中に不意に現れるプンクトゥム的なテクスチャとコンポジションを探すことが多い。撮れば撮れてしまうどころか、作れば作れてしまう現代の画像作成プロセスにおいても、光学装置が生成した細部にはまだまだ汲み取りつくせない可能性が残っているはずで、裏返していえば、そのようなところにしかもはやフロンティアは存在しないのかもしれないとも思える。

    今週は仕事も授業も学会発表も頭を使うことが多くて疲れた感じがする。早めに寝る。

  • 2021年3月4日

    朝はCTO協会の理事会。最近課題に思っていることについて、少し問題提起してみたり。ちゃんとやっていかねばなー。その他、ミーティングや面談など、あれこれ話す機会が多い日。

    夜は「機械学習工学」の講義。今日は、技術的なところというよりは、プロジェクトマネジメントみたいなところにフォーカスした話。それはそれで身近なことではあるのだが、かえってあまり興味が持てなかったりする。という感じで、この講義のあとに出さなければならないレポートをやりながら聴いていたら、突然当てられて発表を求められ、慌ててしまった。一応準備はしてあったので軽くプレゼンした。

    ご飯を食べながら「おちょやん」。さらに、「鶴瓶の家族に乾杯」。この番組は、いつも観るたびに過去の回を振り返ってばかりいるのだが、コロナのために取材に行けないからそうしているのだろうか。ともあれ、何年も前(時には20年近く前)の人々の今の姿などを観ると、それだけで強く心を動かされる。全然知らない人であっても、時間の流れというのはただそれだけで不思議だし、気持ちに大きなインパクトを与える。

    やっぱ夜に授業があると、そのあとあれこれやろうという感じにはなりにくい。けっこう疲れるなあ。ともあれ、「機械学習工学」については今日で終わり、今期の授業は来週末の土日を残すのみなので、楽なものだ。研究をやっていかねば。

  • 2021年3月3日

    朝から健康診断。この1年近く、ほとんどお酒を飲まなくなったのでその方面の数値は改善してそうだが、運動不足が続いているのであんまよくはなさそう。体重は高止まりしているし。と思いつつ病院へでかけたら、東横線が止まっていて行けなくなってしまっていたので、タクシーを使った。待っている間は『事実はなぜ人の意見を変えられないのか-説得力と影響力の科学』を読む。これもまた、最近読んでいるひとの認知のしくみの話の一環。のっけから、暗澹となる話ばかりだ。

    デジタル庁の採用に関わった件について公表しても良い状況になったので書いておいた。

    夜は「機械学習工学」の3日目。内容はめちゃくちゃ面白いし最先端なのだが、詰め込みまくりだし、グループワークも意味不明な感じで、もったいない。もうちょっと余裕のあるスケジュールだともっとよかったのになあ。機械学習そのものについて知識がない人にとっては意味不明だったんじゃないかと思うのだが、まあそれはそれでいいのかな。知らないことに触れるきっかけという意味で。いいスライドをもらった感じなので、折に触れて見返していこう。

    夕食を食べながら、月〜水の3日分の「おちょやん」。

    昨晩あたりをつけておいた論文を見てみたら、自分がやろうとしていることにかなり近いものだったので、テンションが上がる。足がかりを見つけられたかも?という。じっくり読んでみなければ。

  • 2021年3月2日

    昼に、情報処理学会の第207回SE研究発表会で発表。共著者の方々やご助言くださったコミュニティのみなさんのおかげで、Elixir/Nervesに触れて3ヶ月ほどで、曲がりなりにも研究っぽいアウトプットをひとつ出すことができた。感謝。発表は、やや緊張したものの落ち着いてできたのではないか。しかし、途中でちょっとつまったりしたので、やっぱ練習しておくべきだったなあ。

    夜は「機械学習工学」の講義。Explainable AIの話は、工学的にも社会的にも非常に重要なテーマだろうと思う。ちょうど、研究所の論文読み会でも推薦システムのダイバーシティについての論文を読んでいるところ。説明可能性をどう担保するのか、そして公平性を実現し透明性のある説明責任をどう果たせるのかというのは、自分でも取り組んでみたい気持ちもする。

    今回の発表は副テーマ研究の派生で行ったことだが、発表によってとりあえず一区切りしたので、主テーマをやっていかねば。いろいろ考えていたらちょっと違う目的に適用するほうが面白いのでは?と思い始めたり。ともかく、まずは実装していって実現可能性をみていかないと。

    それはそうと、仕事の方でも新しいプロダクトをやって行かねばという気持ちがあり、自分自身も事業面はもとよりエンジニアリングの具体的な側面、端的にはコード書くとかそういうところから関わっていきたいという気持ちがある。限られた時間でもそういうのをどんどんできるよう、技術力を高めていきたい。パッと作れたらかっこいいんだけどなあ。

  • 2021年3月1日

    CTO協会でもご一緒させてもらっているM氏がL社の代表取締役CTOになるということで、驚く。期待だなあ。M氏は猛烈に優秀なので、すごいことになりそうだなあ。自らを省みて、もっとやっていかないとなあと思ったりする。経営に対して、テクノロジーを担当するひとがいることで目に見えてわかるような成果を内外に対して示せるようなことをしていきたい。

    少し時間をとって、いろいろやれてなかったCTO協会仕事を進めたり。こちらももっとやるべきことがあるのだが、あまりやれてない。うーむ。

    夜は、今日から「機械学習工学」の講義が始まった。4日間の短いコースで1単位の講義だが、内容はとても面白い。「機械学習工学」を冠する講義は日本初ではないかということで、JAISTで聴く講義の中でも最先端の内容を扱っているという感じがする。個人的にも興味のあるところなので、しっかり勉強したいところ。

    講義が終わって、明日の発表に向けてスライドをアップデートしたり練習したりするほうが良いのではないかと思いつつ、やたら疲れていてそれもできず。ベッドで『高校数学でわかる線形代数 行列の基礎から固有値まで』を眺めているうちに寝入ってしまった。