• 2021年4月10日

    8時過ぎに起床して、9時前には散歩へ。公園を歩いていると松任谷由実さんのANNIVERSARYの歌詞が思い出されて、iPhoneで流しつつ歩く。時代を伴走していると思える歌手といえば、みたいなことを考えてみて、やっぱり宇多田ヒカルさんがそういうひとなのか?と思ったりしたのだが、自分よりも15〜20歳ぐらい上の世代にとっては松任谷由実さんがそういうひとなんだろうと思ったりした。まあ、宇多田ヒカルさんは1998年デビューで、その頃は僕は22歳になってたのだから、伴走というとちょっと違う気はするのだけど、もっと歳をとったらあんま関係ないかなという気もするので。

    情報の歴史21: 象形文字から仮想現実まで』を本格的に読み始める。今日はp.30〜35まで。「ホミニゼーション」という言葉を憶えた。というか、知らない言葉は山ほどあるのだが、情報量が多くてとても全部は憶えられない。しかし、昔はそのあたりのこととか気候や地質年代などに何の興味もなかったが、いまはとても面白く読める。25年前に比べれば多少は視野が広がったのだろう。

    Kとバスで渋谷へ。東京都渋谷公園通りギャラリーで開催中の「インナー・ランドスケープス、トーキョー」を観にでかける。好きな作家さん。機会があって、オンラインの対話型鑑賞のリハーサルなどにも参加させてもらっていたのだが、その時に見ていた印象からするとうつわがずいぶんと大きくて驚く。ふだんの食事に使えるぐらいの大きさだと思っていたのだが、大ぶりの鉢というぐらいの大きさ。さらに、奥の方の展示室で開催されている「レターズ ゆいほどける文字たち」も観る。文字に関わるオブセッションめいた気迫の感じられる作品が展示されている。喜舎場盛也さんのマルジナリア的「作品」に感銘を覚えた。

    パルコの地下にある「おにやんま」で昼食を取った後、もうひとつの目的であるGUへ。UNDERCOVERとのコラボ商品が昨日から売出しになった。それ目当ての客で、売り場はそこそこ混んでいる。ちょっと思ったよりはあまり食指をそそられず、部屋着用にジャージみたいなパンツをひとつ買っただけに終わる。そこからさらにVIRONへ寄ってクレープを食べたり、丸善ジュンク堂書店で「東京人 2021年4月号 特集「シティ・ポップが生まれたまち」1970-80年代TOKYO」、『英語の読み方-ニュース、SNSから小説まで』、『ヒトの目、驚異の進化 視覚革命が文明を生んだ』を購入。Kもいくつか面白そうな本を買っていた(『複眼人』など)。

    お茶しながら、読み止していた杉本博司『江之浦奇譚』を昨日から再開したのを読み終える。杉本博司さんはいつもすごいけど、この本もまた氏の能力をいかんなく発揮していて、ひたすら感嘆を覚えるばかり。帰宅した後、『英語の読み方』を読み始める。いかにも入門ぽい雰囲気を醸し出している本だが、それなりに英語を読めるひとでないとよみこなせなさそうな、けっこう硬派な本。

    夕食を食べながら、クイズ製作者を特集した「プロフェッショナル 仕事の流儀」と落合陽一さんの番組とを観る。