• 2021年4月20日

    引き続き研究について、もっとシンプルに課題をとらえようとあれこれ考える日。いまやろうとしている、先日計画書を出した内容について、そもそもはなにが面白いと思って始めたことなんだっけ?と考え直すと、初発のモチベーションを思い出すことになって、じゃあそれをもっと突き詰めてフォーカスして実現できるようなことを考えるべきではないかと思い直した。それで、技術的な実現可能性を検討するために、研究所のみなさんや同僚のエンジニアからもあれこれ教えてもらいつつ、情報をあつめて検証してみようというところ。助けていただいてありがたい。

    仕事の合間にそんなことをやっていて、夜になってからも引き続きやっていたり、夕食を食べながらまだみていなかった先週の「おちょやん」を観たりしていたら、そういえば今日が締め切りの仕事があったのだということを思い出して、とりかかる。やってはみたものの、なんかもっとこう抜本的に有効なことをやっていかねばならないのではないかという気持ちに苛まれるなあ。ちょっと今年はいい意味でもよくない意味でも分水嶺になるような予感がいろんな意味でしているので、よい方向に流れられるようにやっていかないとなあという気持ちがすごくする。そんなわけで1時過ぎまで。

    なにかひとつのブランドの服を常に全身着ているみたいな状況を作りたいのだが、自分のデザインに対するかなり限定された好みと、にもかかわらずフィットする服が少ないという体型のふたつの制約があり、難しい。秋冬の間は、衣服に関してはCarhartt WIPでそろっていることが多い。ただまあ、ベストな選択というわけではないからなあ(もちろん個別にはすごく気に入っているのもある)。ハイブランド的な感じでそろえるのに憧れるのだが……。

    と思っていたら、熱燗DJつけたろうさんから、彼がKAPITALYANTORを好んでそろえているという話をもらった。どれもかわいい!こういうテイスト方面は全然考えていなかったので、視野を広げてもらったという感じがする。ありがたい。国内ブランドもあれこれ見ていこう。

  • 2021年4月19日

    昨夜は、日記を書いた後にYouTubeで海部陽介先生と松岡正剛さんの対談「ツッカム正剛 0025夜 「海部陽介①”3万年前の人類はどうやって海を渡ったのか?”」【松岡正剛の千夜千雑】」(この動画はシリーズの1本目)や2B Channelの「なぜプリントを買うのは楽しいのか?」を観ていた。海部先生は、ほんとすごいなあ。

    夕食前に『深層学習の原理に迫る: 数学の挑戦』が届いたのでさっと読む。深層学習において、なぜ(1)多層であることがうまくいくのか、(2)パラメタ数が膨大なのに過学習しにくいのか、(3)損失関数が非凸関数であるのにうまくパラメタ学習できるのかという3点について伝統的な数学的とは相反する結果が得られていることについて、わかりやく説明を試みる本。わかりやすさのためにあまり詳細に説明しているわけではないが、イメージはつかめる。

    研究計画をうまく進めるためにはなんとか報告を出しておきたい研究会が今年も7月に開催されるということでアナウンスされたので、いよいよやっていかないとなあと思って、しばらく放っておいていたコードを取り出して、先日考えたアイディアの実装を試みる。まだできてはいないけど、やれそうな感じはする。しかし、これやって何が解決するんだろうかみたいな気持ちにはやっぱりなるなあ。そこんところをちゃんと考えないと。