• 2021年5月10日

    今日は朝から晩まで喋り通しだったなあ。しかし、いくつか進められたこともあったし、どんどんおしゃべりしていこう。

    講談社のKindle本セールでばかすか本を買った余波で、本を買うのに歯止めが効かない感じであれこれ買ってる。日記にももう書くのがだるいぐらいで、たくさんある感じ。しかし、それでも気になった本の1/100も買えないのだから、気兼ねなく本を買えるという夢からはほど遠い。気兼ねなく本を買えるなんて、どんだけお金があればできるのかわからないが……(そもそも図書館的なスペースが必要だ)。ありがたいことに、以前に比べれば気兼ねのなさは向上してはいるが、満足することは当分(一生?)なさそうだ。そして、もちろん読める分量を遥かに超えているので、今度は読めないストレスが増大するわけだ。

    先日購入した『自動運転技術入門』をぱらぱらめくって、とりあえず最後まで目を通した。IoTは情報科学の総合格闘技というひとがいたが、自動運転車はさらに総合度(?)が高いと思う。機械学習を中心とする認知・判断・操作系の入門だけでも、本書のような本になるわけだし。そしてやっぱり機械系のことは全然書かれてなくて、実際どうなってるんだろうという感じ。それはそれでいろいろ他にリソースが山ほどあるだろうからいいとして、本書でも少し問題として触れられていたが、車内・車外のネットワーク通信のこととか、データをどうモジュール間でやり取りするのかとか、そのあたりは全然具体的なことはなくて、気になるところ。まあ、自動運転をやりたいわけではなくて、どういうことが問題にされてるのか知りたかったので、自動運転のコアの部分については話題がわかってよかった。

    研究についてあれこれとずっと考えていて気がかりになっているのだが、考えてばかりでもしかたないし、なにかやってみないとアイディアも浮かばないし、突破口が見いだせないだろうから、とりあえずいま考えている内容を実装してみようと思って、これまで少し調べていたことをもとに、パーツとなるべきものを書き始めた。やっていくうちに問題も出てくるだろうし、それを解決する中から切り開けるところも見つかってくるのではないか。しかし、当初の予定だと出すはずだった研究会の申込み締め切りが5月14日にあるのだが、間に合いそうにもない。まあ、デッドラインはまだまだ先なのではあるが、ちゃんと計画的に進めていきたい。それに、修論を書くというのはごく直近の通過点で、その後をどうしていくかのほうがもっと大きい問題なのだし。