2021年5月31日

最近、会社のNotionで日報を書いている(「みんなの日報」という、全社共通の日報データベースがある)。日報といっても、その日にやったことを書くというよりは、考えみたいなのをひとテーマで書く感じの、ごく短いエッセイみたいなもの。この日記では仕事上で思ったことみたいなのは書けないから、ごく簡単にでも日報を書いておくのはいいことであるように思われる。

夕食を食べながら、NHKプラスで「ファミリーヒストリー」を観る。今日は森進一さんの回。ルーツのことも、「おふくろさん」で有名なお母さんのその後のことも知らなかったので、胸を打たれた。しかし不思議なのは、番組では森進一さんが歌を好んでいた様子がなかったのに、親戚のすすめでオーディションを受けたことから突然歌手になったかのように語られていること。にもかかわらず、デビュー曲からかなり特徴的なスタイルを披露している。どこで身につけたのだろうか。不思議だ。

BTSを読む なぜ世界を夢中にさせるのか』の続きを読み、読了。2018年の「LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’」までの全曲解説が分量としてはメインで、それを補完する著者のコラムや、音楽業界関係者のインタビューから構成されている。どれも学びが多い。BTS、どんどん好きになっていくなあ。こうやって人々もハマっていったのであろう。僕は歴史的な文脈込みでの受容というアプローチを採るので、やっぱりヒップホップつながりだとか、K-POPの歴史だとかからの語りに惹かれるなあ。

田中克彦『ことばは国家を超える 日本語、ウラル・アルタイ語、ツラン主義』を読み始める。韓国語を学んでいるところでもあるので、アルタイ語族という意味では、韓国語学習の一環であるともいえるだろう。音韻法則のアプローチにとらわれている現在の言語学に対して、言語類型論からアプローチする著者による説がどれほどよいものなのかはまったくなんともいえないのだが、『世界言語のなかの日本語―日本語系統論の新たな地平』に心惹かれる者として、日本語の古層を明らかにするアプローチに近いのはそういう方向なのではないかという気もする。

Leave a Reply

Your email address will not be published.