Month: May 2021

2021年5月21日

昼過ぎから首の後ろの左側に疼痛が現れるようになり、天候の悪化とともmに範囲が広がってくるような感じだった。あれこれおしゃべりする用事を終えたあと、寝る。去年ぐらいから(?)、低気圧に体調が影響されるようになってきた。以前は、低気圧で体調がどうのみたいなのを感じたことがなかったのだが、急にそういうのを感じるようになってきた。実際は影響されていたけど、他の部分でまかなっていて気づいてなかっただけなのかもしれない。末端の冷えも年々ひどくなっていくので、老化現象みたいなのもあるのだろう。 あらためて炭酸水を飲むようにしようと思って、先日は「グリーンシャワー ホップ香るスパークリング」を一箱買って飲んだのだが、今度はサンペレグリノを一箱買ってみた。これはこれでよいのだが、ラベルが紙なので、捨てる時にはがしにくくて分別しにくいのがいやだなあ。ラベルレスなのが最近流行ってるので、みんなそうしてほしい。そこに気を遣うのなら炭酸水を作れる機材みたいなのを買えばいいんだろうけど、電化製品をできるだけ書いたくないというのがあり、二の足を踏んでいる。結局それも換えを注文しないとならないし。ホップ炭酸水、けっこうよかったからそれでいくようにしようかなあ。 YouTubeでTWICE: Seize the Light、Netflixで「BLACKPINK ~ライトアップ・ザ・スカイ~」と「世界の”今”をダイジェスト」のK-POPの回を観た。TWICEのはあんまりおもしろくなかったなあ。BLACKPINKのドキュメンタリは、メンバーの背景なども知ることができて、より興味を抱くことができた。ジェニーさんやロゼさんは英語が堪能で、プロデューサーのテディさん含め英語で普通に話している。リサさんも語学に堪能らしい。ジスさんは、他のメンバーが英語で話してるのに対して普通に韓国語で受け答えしている。いい感じ。 『一週間で驚くほど上達する!日本一楽しい韓国語学習50のコツ』を読んでいたのだが、ひと通り文法をやった後でないと、そもそもそれが「コツ」であるということがわからない内容だったので、文法から始めようと思って『1日たったの4ページ! やさしい基礎韓国語』をまずざっと読んでみることにした。それにしても、韓国語の単語は全然憶えられる気がしない……。しかし、英単語の記憶ならあんまり苦手意識はないから、単に慣れの問題だとは思うけど。また、Duolingoもちょいちょいすすめてるところ。

2021年5月20日

今日は政府の仕事とかCTO協会の仕事など、社外の活動が多かった日。 最近、話してる時に吃音気味になる感じがする。うまく言葉が出てこなくてどもる感じ。発声に関する問題というよりは、言葉を選びながら話していて、脳の処理が追いついてないからうまくいえないみたいな感じ。といっても、特に困るというほどじゃないのだけど、そういう感じがするなあというぐらいの話。単に睡眠不足とか、疲れててそうなってるだけかもしれない。ろれつが回らないということだと別の懸念(脳溢血のおそれとか)があるが、そういうわけではない。 YouTubeのオリジナル番組K-Pop Evolutionを観る。特に最初の3話目までの歴史の話と、4話目のファンの話が面白かった。さらに後半は練習生制度やメンタル面の問題にも踏み込んでいて、単に賛美するだけでない取り上げ方になっていたと思う。また、Wonder GirlsやKaraのメンバーが当時をふりかえったりもしつつ、K-POP界の問題についての認識や、声を上げることについて述べているのもよいことだと思われた。ここ数年、日本でも韓国のフェミニズムについて取り上げられることが増えた。そのあたりも見てみていきたい。

2021年5月19日

昨日は4時前まで起きて活動していたので、起きるのがかなりしんどかった。しかし、起きさえすれば普通に活動できるのであった。いろいろ考えるところがあってまとめないとなあと思ったりしてたのを、この一週間やってきたことから得た知見も踏まえて、書き物したりなど。こういうのは一気にぱっとやるテンションにしないと、なかなかできない。 夕食を食べながら、「おかえりモネ」の昨日の分と今日の分とを観ていたが、全然乗れなくて、途中でやめて皿洗いしながらTWICEを聴き始めたりしていた。今回の朝ドラはもういいかな。また面白くなってきたみたいなことがあれば観るかもしれないけど。 Kが、昨日は数独みたいなものを熱心にやっていたかと思えば、今日はハングルを勉強し始めた。K-POPもドラマも、観てはいるけどそこまで興味はなさそうだったのだが、高まってきたようだ。いいことである。僕が韓国語を勉強し始めたのはTWICEの歌を一緒に歌いたいからで、英語の歌ならともかく、韓国語だとまったくわからないので歌えないというのはつまらないものだ。 『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』を読んだ。先日読んだ本とは異なり、こちらはエンタメの現場により近い立場の著者による、取材にも多くを基づいたビジネス書に近い体裁の本。今年の4月に出たのもあって情報も新しく、大量の新知識を得られてよかった。SNSやYouTubeによって、新しいものがどんどん塗り替えられていってものすごいスピードで進化する様子は、自分の興味あるところだとヒップホップやビートボックスなどでも観られる。K-POPはそれを産業レベルでやってるのがすごい。 その後、aespaというグループのことを教えてもらって新曲のMVを観たのだが、かなり極端なパッチワークのような作りなのもかっこいいし、演出や世界観も好きな感じ。他の動画でも、ちょっと懐かしい感じレトロ感と、最新な感じの表現の入り混じったMR的感覚が描かれていて、ちょっとlainを思い出させるところもあり、惹きつけられた。その他にも、ITZYやf(x)、BLACKPINK、Wonder GirlsのMVをちょいちょい観ていく。ほんといくらでもいいのがあるなあ……。K-POPすごすぎる。

2021年5月18日

今日もいろいろやってたらあっという間に夜になった感じ。しばらくやれてなかったCTO協会仕事も、時間をとって少し進めたりした。どの仕事もそれぞれ少しずつでも前進させていかないとなあ。 昨晩の日記を書いたあとと今晩とで、TWICEのメンバーを決定した2015年のオーディション(?)番組のSIXTEENを観た。1エピソード1時間で10エピソードあるので、2倍速で5時間ほど(実際には、パフォーマンス部分は等速で観たのでもう少し時間がかかってる)。あちこちに動画が上がっていたりはするものの、Mnet SmartというK-POPの動画を配信しているサービスで観た。1ヶ月だけ有料プランをLINE PAYで購入。2,530円(税込み)。部分的に観ていたのもあるし、結果は当然わかっているのだけど、必見であるのには間違いなかろうと思って観ることにしたのだった。 一見して思うのは、「アイドル」という存在に対して求めているレベルが日本とは全然違うのだなあということ。歌、ダンスに関するディシプリンの叩き込み具合もすごいし(そもそも数年から10年も練習生をやっていたりする。しかし、そのあたりは昨今整備されてきているようにも思われる)、最終的に選ばれたメンバーに明らかな通り、ルックスの傾向もぜんぜん違う。どっちがいいかというのは特にないが、差異として面白いと思う(元ハロヲタとしては、日本のアイドル文化もそれはそれで評価されるべきだろうと思うし)。 全体としては、結果がわかってるので2倍速で流してみてるのもあり、そんなに心を動かされるというよりは、とりあえず押さえておこうという感じで観ていたのだが、ラストでモモさんが復活したのはいいものの、流れ的にいえばマイナーでひとり残ったチェリョンさんが選ばれる雰囲気が醸し出されていたのにモモさんが選ばれたのは、とても気の毒な展開だと思われて、そこが一番かなしい。チェリョンさんは、柏木由紀さんに似てて好感が持てる(AKBはよく知らないが、柏木さんはデビュー前からのハロヲタだし、先日のMステでもヲタトークをまくしたててたTWICEガチ勢でもある)。 TWICEのことばかり書く日記みたいになるとアレなので、このへんにしておこう……。 今日の韓国語学習は、上記の通り動画をずっと観ていたせいで本は進められなかった。発音やリスニングで少しだけ気づいたこと。ジヒョさんの名前はハングルだと지효で、日本語のカタカナ表記だと2文字目から「ヒョ」と書かれる。しかし、実際には「ジヨ」という感じで発音されている。ダヒョンさんも同じで、다현とH音があるのだけど「ヨン」という感じだし語頭も濁らずに「タヨン」という感じで発音されているようだ。あと、動画内で何をいってるかはまったくわからないのだが、サナさんが미안해(ごめんね)といったのだけ聞き取れて、というのも昨日学んだ内容だったからなのだが、うれしかった。この語もH音が消える発音になる言葉だ。

2021年5月17日

今日は朝から晩までしゃべり詰めだったなあ。何か考え事をするとか物書きをするとかの能動的な行動は、そういう時にはできないなあ。でも、どんどん物事がpushされてくるのをパシパシさばいていく感じにできるほうがふだんの仕事としては能率はいいので、そういう感じに時間を使えるようにしていきたい。となると、能動的な仕事は夜にやることになるわけだが。まあしかたなし。 昨晩、寝床で読み始めた『K-POP 新感覚のメディア』の続きを読み、読了。2007年にアイドルファンをやめてから、もともとテレビを観ないのもあって、K-POPについて少女時代の歌を何かで観たことがある(人物は一人も知らない)以上の知識がなかったので、新しい情報でいっぱいの本だった。いまどきのK-POPについてよく知ってる人にとっても、80年代の韓国歌謡からの歴史を語るこの本は、韓国におけるポップカルチャーの文脈を知れる情報源になるのではないか。 読みながら、出てきたグループをYouTubeで検索して少し観たりしていた。90年代のラップグループ、ソテジワアイドゥルが何百万枚も売り上げていたというのは驚き。K-POPがラップを入れ込むことをフォーマットとしていることの淵源。黎明期的なスカスカな感じもあるが、けっこうロックっぽい感じの曲もあって、普通にかっこいい。また、BIGBANGのG-DRAGONさんがめちゃくちゃかっこよくて、ヤバい。彼もSMやYGで11年ぐらい練習生をやっていたそうで、そういう規律的なところからああいうグローバルに通用する感性が生まれ、許容されているというのは、日本のアイドル文化を思うと考えられないという気がする。 夕食を食べながら、今日から始まった新作の朝ドラ「おかえりモネ」を観る。「おちょやん」が面白かったので朝ドラもチェックするかという気持ちで、とりあえずしばらく観てみる。面白いかどうかはわからないなあ。映像がある種の若い女性カメラマンが撮るような明るくてモワレや虹的な色彩を用いた感じで、NHKのドラマっぽくないなと思う。彩雲の話などが出てきて、どうも天気に関係する話のようだ。キャストが豪華だなあ。 注文してあったのが届いた『ためぐち韓国語』(著者のひとりは四方田犬彦さん)を読み始める。ためぐちのフレーズを見開き2ページで著者ふたりが解説するというもの。友達どうしや若者たちが使うような軽口が集まっている。自分で使う言葉としては、最初に学ぶのはあまりよろしくないだろうけど、TWICEの動画をYouTubeで観る時に役立つかもしれない?と思って。いまのところ、単語はほぼ何もわからない(韓国ドラマを観てるKの方がよく知ってる)ので、その辺もやってかないとなあ。Duolingoをついでに少しやる。音声による発音が、これであってるのか不安な気がするのだけど、どうなんだろう。

2021年5月16日

午前は、TWICEの動画を観たり、韓国語の学習書を読んだり、午後からのゼミの準備をしたり。また、20日ぶりぐらいにバリカンで髪を刈った。毎週やるようにしたいと思いつつ、とばしてしまう。午後からはゼミ。あまり話せるような進捗があるわけではないのだが、いまやってるところについて話す。まずは、細かいところにフォーカスし過ぎずに、やろうとしていることの全体を作るほうがいいのではというアドバイス。そこで大きくなり過ぎたら研究を分割すればいいし、とのこと。確かに、と思う。そうしよう。時間もあまりないし、どんどんやっていかねば。 お茶しながら『1時間でハングルが読めるようになる本 ヒチョル式超速ハングル覚え方講義』を読む。この本にある内容は既に読めるようになったのだが、最初に買ったけどまだ読んでいなかったので、一応ひと通り目を通してみた。続いて『ネイティブっぽい韓国語の発音』を、音声を聴きながら読む。こちらは自分でも発音しながら進めていくタイプの本。ハングルが読めるようになる入門的なものより細かい話までフォローしている。これをひと通りやれば、発音についてはいったんよいか(発音そのものができるようになるにはもっと練習がいるが、そればかりやっててもしかたないので)。 ハングルを読むのに、いまは字母に分解しないと読めないわけだが、日本語を読む時は漢字混じりの文だってさらさら読んでるわけで、論理的構成物というよりは絵として見ているのだろう。慣れればハングルについてもそこまでいけるはず。人間の文字認識は、論理的というよりは画像処理に近いとやっぱり思われる。とはいっても、文字が書かれている全体(たとえば紙全体)を画像として見ているのではない。部分的な画像(視野に入る一行の切れ端)がシーケンシャルに連なっているのを都度解釈しているのだろう。そういう発想をそのまま実装しているのが、先日話題になったRobust Open-Vocabulary Translation from Visual Text Representationsという論文である。 そろそろ文法にも進もうと思って、何から始めるか考えたのだが、せっかくなのでTWICEの歌の歌詞をまるまる一曲やってみようと思って、「TT」の歌詞を韓国語対訳でスプレッドシートにコピペして、一行ずつ文法要素を調べながら見ていくということをする準備をし始めた。すると、Googleで出てくる歌詞がコピペできなくされていたので、JavaScriptで取得してクリップボードにコピーできるようにしようとていたら、Promiseの理解があやふやだなあということになってきて、JavaScriptもちゃんと勉強し直さないとなあと思う。ヲタ活をしていると、どんどん関係ない方向にやるべきことが広がっていく。 『韓国語学習ジャーナルhana Vol. 39』という韓国語学習者向けの雑誌を買って眺める。まだ全然歯が立つレベルではない。おすすめYouTubeだけメモって、あとはこういうのもあるんだなーと読み流した感じ。またあとで戻ってこよう。発音本の続きをやったり、文法リファレンスとして『NHK出版 これならわかる 韓国語文法 入門から上級まで』を購入して、導入のあたりを読んだりした。この本は、上記したTWICEの歌で学ぶ時に参考書として引くためのもの。そんなことをしつつ、ディスプレイの半分ではひたすらTWICEの動画を流していた。

2021年5月15日

レゴの花束が届いたのを組み立てた(YouTubeでTWICEのミナさんがこれを作る動画を観て知ったのであった。ヲタ活してたらレゴを作ることになったわけだ)。慣れないこともあり、2時間ぐらいかかった。でも集中できて、しかし難しいわけでもない単純作業なので、マインドフルネスな感じ。できあがりもけっこういい感じで、気に入った。花瓶にいけて飾っておく。 「日経サイエンス2021年6月号(特集:時空と情報/COVID-19 危うい後遺症)」の続きをさっと読んで、読了。定期購読の学生割引がきくようだったので、ネットで申し込んでおいた。40%引きでだいぶお得。とりあえず1年読み続けてみよう。科学に関する新しい情報もわかりやすく説明してくれているし、よかろうと思う。 昨晩、Duolingoの韓国語コースを始めたのだが、もうちょっと全体像がわからないと完全にボトムアップだけでやるともやもやするので、本を少し読もうと思って検索して見つけた『高校生からの韓国語入門』を読み始めた。単語を憶えるのはDuolingoでいいので、ハングルを憶えるのと、この本からは言語の背景知識を得られたらいい(自分はそういう知識にむしろモチベーションを駆動されるタイプなので)。 本を読んだり反切表が掲載されているWebサイトを眺めたりしていたら、少しずつ読めるようになってきた。記憶力が弱まってきてしんどいなあと思いつつ、使ってみる方が憶えられるだろうと思って、Twitterをハングルで書いてみたらいいのではないかと思って、少しやってみたりする。ハングルで書くといっても、書いてる内容は日本語なので、ローマ字のようにして使っているだけだが(パッチムがあるので少しは違うところがあるけど)。石川啄木がローマ字で日記を書いていたが、ハングルでもできるんだなあ。 何かを書くのに、読める人には読める形で書いてるのだけど、読めない人には読めない形で書ける形を取る方法がほしいと思っていた。それなら普通に外国語で書けばいいのだけど、書けるのは英語ぐらいしかないし、英語だと普通に読まれ得るからあまり意味がない。また、簡単に翻訳できるし。その意味で、ハングルをローマ字のように使って日本語を書くのは、要件にあってるかも。自動翻訳も簡単にはできないし。ローマ字的にハングルを使ってること自体がわかれば、少しやったら簡単に読めちゃうけど、読もうと思う人は少なさそう。 夜は久々にお店にうかがって美味しいお鮨をいただき、とても満足。その後、Kの実家へ。Kの姪っ子と童謡をききながら歌ったり踊ったりして遊んだ。 帰宅して、『高校生からの韓国語入門』を読み終え、『ネイティブっぽい韓国語の発音』へ移る。発音もひと通りやってみてから、Duolingoをやるようにしよう。その他、YouTubeでTWICEや韓国語関連の動画を観る。

2021年5月14日

空き時間に、昨日メモしておいた論文を読む。自分がいまやろうとしていることに枠組みを与えてくれるようなもので、ありがたい。いくつか近辺のものが出てきて、輪郭が見えてきたところ。というわけで、実装も進めなければならないが、やりたいことの図を描いてみる必要がありそうだと思う。 夕食を食べながら「おちょやん」。今日で終わり。展開自体はもうここから何かが起こるという感じでもなかったので、そのまま観終えた感じ。なんだかんだで、あ朝ドラを「あまちゃん」以来で最後まで観た(正確には最初の頃は観てなかった)。後半はあまり感じるところも少なかったが、一番印象的だったのは、やはり「よしお」のエピソードだなあ。他のエピソードよりも、真に迫った人間を描くことができていると思われた。Kはさっそく「おちょロス」になりそうな感じ。 夕食後は、仕事の続きをちょいちょいしたあと、TWICEの動画を観る。MVに関してはだいたい観終えたところ。公式動画を観ていく。MV以外も、おしゃべりしてるのとか、ソロフィーチャーの動画などもいいものがあったりする。観るべきものがたくさんあって大変だ。そうやって観ていると、韓国語をまったく知らないのがもったいないという気がしてきて、とりあえず『1時間でハングルが読めるようになる本 ヒチョル式超速ハングル覚え方講義』を買って読み始めたり、Duolingoの韓国語レッスンを始めたりする(有料アカウントが切れてしまったのだが、それへの導線がやたらウザくなってる……)。

2021年5月13日

昨日に引き続き、一日中いろいろとやっていきを高めていくおしゃべりなど。 Kが最近よく韓国の女性アイドルの曲を聴いていたのだが、自分は全然知らないので、あれこれと教えてくれた。いろいろ聴かされた中でもBLACKPINKとTWICEに興味を惹かれた。家庭のコミュニケーションのためにも、知識を持たなければならない。そのため、まずはTWICEのMVを端から観て学習を進めることにした。ひたすら観ていくと、だんだんメンバーの区別や個性の把握ができるようになってきた。また、個々のプロフィールもある程度把握できた。個々のキャラ立ちがすごいし、パフォーマンスのレベルも高い。驚く。 アイドルといえば、10数年前に℃-uteにおける事件があったのを最後に足を洗ったのだが、その当時に感じていたすごいという感じに近いものを覚えたという気がする。JYPさんというひとのことはまったくわからないが、韓国のつんく♂さんみたいなひとなのだろう。起用する女性のタイプはハロプロ的ではまったくないが、一貫したテイストがある。曲も、耳に残るようなものも多い。アイドルソング的なものもあれば、ポップでキャッチーなものなど、バラエティもある。最近、若い女性の話を見聞きした中で、いろんな枠をとびこえてどんどん活躍している人が多くて新しさを感じたのだが、TWICEにはそういう感じを覚える。

2021年5月12日

今日は朝から晩まで一日中、これからのやっていきについて議論したりしてた日。前向きに今後をよくするためにあれこれ頭を使えるのは楽しいことである。一昨日も、昨晩も、アイディアや考え事がぐるぐるしてあまりちゃんと眠れていないので、今日はゆっくり休まないとなあ。