2021年6月6日

この日記にも書いている通り、最近は韓国語を勉強している。もともとはK-POPの歌を一緒に歌いたいという動機から始まったのだが、いまではより一般的な興味に基づいてやっている感じになっている。ちょっと前から、YouTubeの韓国語講座のような動画を観ているのだが、集中して本数を観ていくと、動画による学習効果は高いようで、身に付きやすい感じがする。

もともとポリグロットと呼ばれるひとたちに興味があるのだが、思い出してそのあたりの動画を観てみたら、韓国に住んでいるポリグロットやK-POPがつなぐポリグロットコミュニティみたいな動画などもあったりして、興味をひかれた。そこから、韓国語に関わらずポリグロットの人々の動画をひたすら観る流れになり、延々観ることになった。ポリグロットのひとのみで集まるカンファレンスとか、VR Chatにおける多言語実践の様子とか、面白い話が盛りだくさん。

多言語を次々に話す動画はすぐに見飽きたので、どうやってそれらを身につけたのかというtipsを英語で話すものを観ていく。2倍速で何時間も動画を観続けていたら、英語のリスニング能力が急に開花した感じになって、ほとんど完全に聞こえてるんじゃないかというぐらい聞こえるようになってきた。まあ、言語に関する動画なので、話し方がきちんとしているというのはあるだろうけど。それでも明らかに聞こえがよくなっているのは確かで、ブレークスルーという感じがする。

丸善ジュンク堂書店で松本克己『ことばをめぐる諸問題: 言語学・日本語論への招待』、「IMA Vol.35」を買った。前者は、上記した通りのポリグロットへの興味の背景にある、言語の系統や歴史・地理的な分布への関心について、先日来その面白さをまた思い出した碩学の本。系統を調べるのに、言語そのもののみではなく、遺伝子的な特徴も利用する手法は面白い。人類学とも近接していくのだろう。「IMA」の今号は、箱入りで付録も2つついていて、豪華な感じ。内容もいい。

ひたすら動画を観まくっていたら、過集中状態になっていたのかテンションがおかしな感じになってきて、ヤバい。用事を終えたKと待ち合わせの場所に向かうと、Kの知り合いの方々もいたので少しおしゃべりしたりなど。あまり変にならないぐらいのテンションに制御したりする。しかし、あまり知らないひとと話すというのに苦手意識がある(特にたくさんの人々がいるようなところだと)のだが、いい歳してそういうのも恥ずかしいので克服したいと思っているところ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

June 2021
M T W T F S S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930