Day: July 10, 2021

2021年7月10日

朝、9時に目覚ましがなったのでいったん起きたのだが、体がだるくてまだ睡眠を必要としている感じだったので、二度寝した。11時頃、そろそろ起きようと思ってベッドから出たが、やっぱりだるい感じは残っている。 散歩にでかける。久々に(1週間以上ぶり?)に晴れているのはいいものの、とても暑い。そろそろ梅雨明けだろうか。お茶しながら、『パンデミック日記』を読む。2020年の1年間を、1週間ごとに入れ代わり立ち代わり、小説家を中心とする物書きが書いていく企画。冒頭の筒井康隆さんの日記からして面白い。むしろ、筒井康隆日記を延々読んでいたいぐらいだ。外に出るとやっぱりまた暑くて、もう少し散歩するつもりだったのだが、たまらず帰宅。エアコンのきいた部屋で涼みながら、本の続きを読み、読了。蓮實重彦さんで締め。これもまたいい。 Raspberry Pi Zero Wが2つ届いたので、動作確認がてらNerves Livebookを入れて、MH-Z19のデータを読み込ませるということをやってみる。さらに、昨日届いたBME280にピンをハンダ付けして、動作確認をしてみる。データを読み取れない。I2C経由での接続はできているようなのだが、データがあるはずのレジスタを読み込んでみても、0が返ってくる。手違いで6個買っていたので3個ほど試すが、どれも同じ。よくわからないので、他のメーカーのものをひとつ買ってみて試してみることにした。センサがひとつは動いていれば先には進めるので、新しいのを試してからにしよう。疲れた。 Twitterで、ある批評家とジャーナリストが争っている。総じてみると、どっちかというと後者に分があるのだろうなあとは見える。特に前者は、お互いの持ち出している論点をそろえてすり合わせるというよりも、自分の論点のみについて主張するばかりで、議論というよりも、ただ相手を打ち負かそうとしているだけに見える。そういうと僕がただただ批判的に見ているようだが、単純にそうともいいきれない。ビジネスのような切った張ったの世界で生きていると、正しさのために議論をすることは必ずしも適切なことではなかったりする。正しかろうがなんだろうが、自分たちを守り、相手に打ち勝つという結果を、なにがなんでも現出せしめることこそが必要だからだ。そういう意味では前者氏の態度には、自分であってもそうするだろうなという共感もある。しかし、あまりそういうふうに客観視している様子はない。「経営の身体」が強固に身についているようだ。