• 2021年7月15日

    早いもので、もう7月も半分が過ぎようとしている。いろいろと時間に追われているのもあるのか、ますます日々がどんどん過ぎ去っていくという感じがする。今日だって、もう木曜日か……という感じ。その分、やるべきことも進んでいたらいいのだが、そういうわけでもないからなあ。せわしさにかまけることなく、毎日しっかりやっていかねばと思う。

    今日もいろいろとおしゃべりをする日。研究会では、先日少し考えていた、自分の研究のこれからの話しと、研究室のビジョンとの関係について話したりした。あれこれやっていたら、ちゃんともともとあったビジョンに沿う形のものになっている。ただ、もっとはっきりわかるような形で明文化していく必要もあるなあと感じる。そのためにも、研究ももっと進めていかないと。また、その結果を事業の方にも反映できるようにしないとなあ。

    夜、Kがギャーと叫ぶので何事かと思ったら、ゴキブリが現れた。あまりの驚きぶりにこちらが驚きつつ、追い詰めて退治した。これまで出なかったのに、なんなんだろうなあ。完全に成虫という感じだから、外から入ったんだろうと思われる。などと思いつつご飯を食べた後、またもう一匹現れた。今度は取り逃してしまい、洗濯機の下に潜り込まれてしまった。そこでドン・キホーテにいっておびきだし系のものとゴキジェット、あとホイホイ的なものを買う。それらの薬剤を用いて、無事もう一匹も退治した。

    2匹目が出たあとKはびびりまくっていて、薬剤を買いに行くというのに、ひとりでいるときに出たらどうするのかなどというが、僕が出かけないと退治もできないのだからしかたない。そんなにびびることでもなかろうと思いもするが、ある種の人々には理屈を超えた恐怖・嫌悪を与えるのがゴキブリという生物である。先日、同僚が、ゴキブリが出たら掃除機で吸い取って掃除機ごと捨てるというシミュレーションをしたという話をしていて、すごいなと感心したのを思い出した。

    Interface誌をここ半年ぐらい読んでなかったので、出版社のサイトからまとめて購入。そこからだとPDF版が買えるのがいい。また、ここ数日、寝る前に読み進めていた山口尚『日本哲学の最前線』の続きを読み、読了。あまりよくわからない、というか、ピンとこない内容もあったが、2010年代が不自由論が語られた時代という筋はその通りだと思えるし、自分自身の関心もずっとその周辺にあったと、振り返って思う。