日記は栗林健太郎のScrapboxに移動しました。

2021年8月7日

今日からしばらく夏休み。特になんの予定もない。というか、ひたすら研究を進めるための期間。朝、11時過ぎに起きた。しばらくごろごろした後、起き出して論文の続き。まずは必要な表を作る。そうしているうちに、Kがサントリー美術館に行こうというので、出かけることにした。

まずは、途中の富士フィルムスクエアで「大竹省二「カラー写真が夢見た時代 COLOR DREAMS」」を観る。50〜60年以上前の写真もあるのにずいぶん発色がいいなあと思っていたら、元のフィルムはだいぶ褪色してしまっていたのを、デジタル処理して復元、というか現代ならではの表現としてリプリントしたものである由。当時の感じよりは彩度とコントラストが高い表現になっているのではないかと推測されるが、それはそれで現代風で良いだろうと思う。

サントリー美術館で「開館60周年記念展 ざわつく日本美術」を観る。収蔵している作品を、裏から眺めたり、切り貼りしたものをフィーチャーしたり、細部が面白い作品を集めたり、あえてバラしたり、来歴を物語る函とその中の作品とを対にしたり、展示方法が練られていて楽しめた。刺子を眺めていると、ひと刺しひと刺しの手つきが思い浮かばれて、作り手の生きていた時代が思われて、なんともありがたい気持ちになった。なんにせよ、こうして歴史を感じられるのもまた、観ることの楽しみだ。

さらに、Time & Styleで「絵と生活 – 小瀬村 真美展」を観る。写真に対するデジタル加工を施すことで絵画との中間的な表現を感じさせる作品が多いのだが、そういってしまうとあんまり面白みがなさそうに思わせてしまいそうだが、実際はすごくいい。タイミングが合えば、作品を欲しい。それにしても、Time & Styleの家具はやっぱりすごく好みなのだが、こういうものが似合うようなところに住むことがあるんだろうか、という気持ちになる。その後、お店を少し見て回る。New Balanceで、以前から気になっていたセットアップを買う。パンツの感じが思いのほかいい。

帰宅して、論文書きの続き。途中、夕食を取りながらオリンピックを眺める。さらに論文の続き。だんだん文章がグダグダになってきたのだが、気にせずどんどん進めていって、とりあえず最後まで文字を書いたという状態に持っていった。ここまで来れれば書けなくて投稿できなかったという結果にはならないはずなので、まずは一安心(もちろん今のまま出すわけではないが)。その後は、Moment JoonさんのPassport & Garconを聴きながらネットを眺めたり、ele-king誌に掲載されていたプレイリストを「「必聴ジャパニーズ・ラップ/ヒップホップ・ソング 50」(「ele-king 27」より) 」としてYouTube上のプレイリストにしたりなど。最初から流して観ていっている。

Leave a Reply

Your email address will not be published.