日記は栗林健太郎のScrapboxに移動しました。

2021年8月25日

朝30分の研究タイムで論文の気になっていた箇所を見直して、投稿まで済ませた。まだもうちょっと見直すつもりだが、自分では初めて使う投稿システムなので直前になってばたばたしないよう、早めにやっておいた。その後はひたすらミーティング。あれこれ質問したりなど。

Elixirの特集記事企画について、GitHubにOrganizationを作り、リポジトリを立て、プロジェクトとイシューを作っていく作業。仕事感。まあ自分が読みたい記事を作りたくてやっていることなのだし、人の役にもつだろうことなので、良いのだが。これもまた、着々と進めていこう。とはいえ、9月はElixirConfの準備もしないとだからなあ。あと、10月のエンベデッドスペシャリスト試験の勉強もしないとならないのだった。

などなどと、気の向くままにあれこれ手を出していたら、色々とやることが増えて回らなくなっていきそうだ。仕事でもやることをどんどん増やしていってるし、CTO協会の方ももうちょっと踏み込んでやっていくことになるし。まあでも、とにかくやれるところまで詰め込んでやっていくのがいい。

夕食を食べながら、パラリンピックの車椅子ラグビーの日本とフランスの試合を観る。紹介映像での激しさに驚いて、楽しみにしていたのだった。実際、ガンガンぶつかり合ってて興奮する。また、スポーツとしてはかなり緊密な設計になっていて、一つのミスが大勢に影響するという緊張感あふれるもので、そこはラグビーとはだいぶ違う感じ。かなり面白い。他にはこんなスポーツないよなあ。

Elixirネタが色々溜まっているので、少しずつ記事化していこうと思っていて、今日は気が向いたので「LivebookでElixirアプリケーションにWeb UIを追加する」という記事を書いた。こういう小ネタみたいなのもどんどん書いていきたい。それにしても、Elixirに関することをもう9ヶ月ぐらいやっているのだが、いつもと違って興味が移り変わる様子がない(研究でやってるからというのもあるが)。楽しいなあ。

もろもろ終わって日記を書く頃にはヒップホップの動画を観たりしてることが多いのだが、最近あるラッパーを知っていくつか観ている。サグいけどいい人なのかな?みたいな感じだと思っていたら、「ニートTokyo」のインタビューを観たらかなりヤバい感じが出ていて、すごかった。ここ数年、ラッパーがどんどん増えてるんだろうけど、アツい状況だなあ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.