2021年8月28日

昨晩は、日記を書いた後に、コードを書くかブログを書くかしたいみたいな気持ちになって、1時ごろから活動再開。結局、今後書くかもと思っている話の余談みたいなあたりをあらかじめ書いておくといいかと思って、「Elixir 1.12で追加されたMix.install/2の使い道」という記事を書いた。そんなわけで、気づくと3時過ぎ。

9時前に一度目が覚めたが、寝足りないので二度寝。最近、無駄に早く起きてしまうし、まだ眠いのに再び眠りにつくこともできない、あるいは眠りが浅くて、ちゃんと眠れた感じがしないことが多い。多分これ、老化的なアレなのかな。朝が明る過ぎるからというのもあるのだが、アイマスクするとそれはそれで調子悪い気もしてやめたのだった。それらひっくるめて、要するに老化ってことなのか。それならそうだという前提で動くのだが。

Kが最近ラーメンを食べたがっていて、昼食にラーメン屋に行こうという。博多ラーメン屋さん。福岡でいただくラーメンのクオリティが再現されていると感じる。すりごまと紅生姜とともに食べる。そこから、六本木ヒルズへ寄り、お茶。展覧会や映画なども行きたい気持ちもあるが、暑くて疲れてしまう。さらに蔦屋によって本を眺める。『【新装版】森の探偵——無人カメラがとらえた日本の自然』を購入。宮崎学さんについては以前YouTubeで話したこともあるが、とても好きな写真家である。

帰宅して、車椅子ラグビーの日本とイギリスのゲームを観ていたのだが、睡眠不足と暑さによる疲れからか猛烈に眠くなってきたので、昼寝。結局18時ぐらいまで、3時間以上寝てしまった。そこから少しお茶しながら『真実の原敬 維新を超えた宰相』を読み始める。原敬について興味を持っていつつも、通りいっぺんのことしか知らないので。その後、Kが寿司折を買ってきたのと、茶碗蒸しを作ってくれたので夕食。茶碗蒸し、上手にできていて、よかった。食べながら、走り幅跳びを観る。

Nujabesのコンピレーションを聴きながら、宮崎学本を読む。この本は、2013年にIZU PHOTO MUSEUMで行われた「宮崎学 自然の鉛筆」展の担当をされていた小原真史さんによるインタビューということもあり、宮崎学さんの活動の歴史的総体を振り返る、貴重な話が満載の本である。

Leave a Reply

Your email address will not be published.