2021年8月30日

朝30分の研究タイムで、最近放置してあったコード書きを再開。その後、計画作りの続きやミーティングなどなど。

夜は研究の続き。自分の論文をまた頭から見直して、ブラッシュアップしていく。ひととおり終わって、再投稿。これでまあもういいかなという感じ。その後、共著論文のレビュー。こちらもよりよいものにしていくべく、仕上げに向かう。

途中、夕食を食べながら「ゆる言語学ラジオ」の『数の発明』に関する回。この本は、『ピダハン』を書いたダニエル・エヴェレットの息子によるもの。彼もまた、父親と同様にチョムスキー流の言語を普遍的な本能に還元する考え方に反旗を翻している。そういう話はともかくとして、今回もまた面白い切り口で楽しんで観られた。すごいなあ。

さらに論文レビューの続き。終わった後、「Human-in-the-Loop 機械学習」という資料を読んで、ヒューマンコンピュテーションの機械学習における応用について学ぶ。面白い話。このあたりも、自分たちのやろうとしていることの関連分野だと思っているので、追っていきたいなあ。

「ゆる言語学ラジオ」で紹介されていた「チ。―地球の運動について―」を読む。今のところ、4巻まで刊行されている。異端審問がそこかしこで行われている中世のイタリアで、地動説に目覚めた人々の営為を描くという漫画。真理へのそれこそ宗教的な渇望を、既存宗教へのカウンターに持ってくるのは面白い。

そんなことをしていたら、NeosVR用に注文したマシンが発送されたというメールが届いた。もうすぐだ。楽しみ。しかし、やるべきことは公私共にどんどん増えていくばっかりで、NeosVRで遊んでいる時間は全然取れなさそうだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.