Day: September 23, 2021

2021年9月23日

ここ数日眠りが浅くて困っていたのだが、今朝、例によって早い時間に目が覚めてしまったときにすごく暑くて、これが原因かと思い当たった。気温が高くなってきていたにも関わらず、ちょっと前の状況に応じてエアコンをつけてなかったのを継続していたせいなのであった。気づけば当たり前のことではあるのだが、他の原因についてあれこれと考えていて、盲点であった。こういう時に、思考の柔軟性が弱くなっていると感じる。そんなわけで、エアコンをつけて二度寝した。 YouTubeでNeosVRのチュートリアル動画を観ていたら、Cloud Variablesという機能の話が出てきて、求めていたことのひとつはこれではないかと興奮を覚える。Neosボットに対してコマンドを発行することでグローバルなKVSのようなものを使えるという機能なのだが、値の読み書きに対してパーミッションを設定できて、システムがパーミッションに基づくアクセスを保証してくれる。これで、自分だけに読み書きできる変数を作れるので、認証に使えそうだ。あとはJSONを読むのが楽になると良いんだけどなあ。そうしたら、外部Webサービスとの連携ができるようになる。可能性を感じる。 根腐れしたガジュマルの復活プロジェクトを遂行中なのだが、メネデール水溶液につけはじめて2週間を超えたあたりから(2日に1回は水を変えている)、成長が著しくなってきた。根っこはまだ白いものがぼつぼつ出てき始めたというぐらいだが、葉っぱがたくさん生えてきた。1日の間にも、明らかに大きくなってきているのがわかるぐらいの成長速度。うれしい。 『科学を育む 査読の技法〜+リアルな例文765』の続きを読んだ。査読コメントに使える例文集は、とりあえず当面は必要ないので読み流し。論文を書くにあたって参考になるかと思って読んだが、そういう意味では論文の書き方的な本を読めば良さそうではあると思われた。一方で、本書の目的である査読については、国際ジャーナルで行われている実際のところと、問題点の解決を図る新しい取り組みについての紹介が勉強になった。こちらは、科学社会学的な興味でもある。自分の論文も今まさに査読していただいているところだが、科学は研究者コミュニティによって成り立っているのだから。 続けて、岡部大介『ファンカルチャーのデザイン』を読む。「越境する認知科学」シリーズの最新刊。このシリーズは、今まで読んだものはどれも面白くて、素晴らしい。この本は、NeosVRにハマっていることもあって、あれもまたひとつのファンカルチャーだよなあと思って読み始めたのだが、状況的学習理論や「ハマること」とコンヴィヴィアリティについての話など、これまでに学んだり考えたりしたトピックについての話でもあるし、来週プログラミング学習者の方々に話をする機会があることもあり、その意味でも役に立った。 来週のトークのためのスライドをテンプレートから起こして、思いつい時にメモできるようにしておいた。また、明日社内公開するための文書を書く必要のあることを思い出したので、考えをまとめて書いたりもした。本を読んだりなどで時間が過ぎてしまったので、今日はNeosVRでの活動はなし。明日はオンラインミートアップのLTで、NeosVRでの簡単なライブコーディングをやる予定。ついでに動画も撮っておきたいので、カメラワークを少し練習しておかないと。