2021年11月14日

途中、何度か目覚めつつも、12時頃に起床。今日は相対的に睡眠がマシだったような感じがする。起きてすぐに、今週末に社内で行うレクチャーのスライドを書き始める。まずはざっと書いていったらだいたいストーリーが見えてきたので、キーとなるスライドの見出しだけ書いた後に、頭からスライドを作っていく。ある程度目星がついていけそうだという感じになってきたので、いったん休憩。

お茶しながら、ヘミングウェイのA Movable Feastの続き。面白い話と退屈なのとが結構玉石混交という感じがする。まあ、単に読めてないだけかもしれないけど。

帰宅して、スライドの続き。3時間ほどやって、あとは大体埋めるだけという感じになってきた。途中、プログラミングにおける入出力の抽象的な捉え方みたいな話をしようと思って、それまでのコード例をRubyで書いていたので、せっかくだからRBSでやってみようと思い、Rubyの新しいバージョンを入れる。Xcodeの開発者ツールを入れてなかったり、久々のBundlerでハマったりして、時間がかかってしまった。

Kは、今日は色彩検定の受検のために、朝早く出ていった。その後、夕方頃に終わった旨の連絡があり、明日は実家で早くから用事があるので、そちらに泊まるという。夕食はセブンイレブンで弁当を買って済ませた。

その後、さらにスライドの続き。2時間ほど集中して、ようやくひとまずのところまで終わらせた。明日また打ち合わせをして微調整したら、大体出来上がりか。やり始めたらすんなりいったけど、けっこうしんどかったなあ。とはいえ、いうまでもなく本番が重要なので、もうちょっと練り上げていかねば。

倉林秀男『英文解釈のテオリア~英文法で迫る英文読解入門』を読み始める。Twitter界隈で話題になっていた本。類書に比べてどのあたりがいいのかが、もはやこの手の本について読んだものの内容を忘れてしまっているのでわからないのだが、読みやすくてためになるのは間違いなかろうと思われる。さくさく読んでいって、復習に役立てたいところ。あと、TOEICの勉強的には、このレベルでの解釈よりも速読の方が重要なのだが、そちらはまた別途。

Leave a Reply

Your email address will not be published.