2021年11月16日

朝、30分の研究タイムでは、明後日のLTで話すスライドを書き始めた。その後、金曜日のマネージャー合宿で実施するレクチャーとワークショップについての打ち合わせや、数年がかりで実施することになるだろうプロジェクトのミーティングなど。その後、またミーティングや面接等。さらに、CTO協会のミーティング。

夕食は、久々に近所の蕎麦屋さん。半年以上ぶりとかか?相変わらず人気で、満席。とはいえ、席数を減らしているからというのもあるのだが。昨晩けっこう飲んだのが、なんだかんだで今日にも響いているので、今日はお酒はなし。牡蠣の天ぷらなどをいただいたのち、牡蠣そば。Kがたのんだざるそばも少しわけてもらう。旨い。

お茶しながら、『ゲンロン 12』に掲載されている東浩紀氏の「訂正可能性の哲学」を読む。東氏は確かに保守化しているのだろうけれども、それは望ましい姿勢だろうと思える。ウィトゲンシュタインの言語ゲームとクリプキによる「パラドクス」から、これまで閉鎖性として認識されていた「家族」を、他者との関わりの中でその都度正しさが訂正されながら続いていく「家族的類似性」の倫理の場として捉え返す論考。ローティに対する参照も、頷くところが多い。

シャワーを浴びていたら、LTで話す内容を変更する方がいいのではと着想したので、さっそく技術検証。fly.ioでLivebookを起動できるサービスができたので、それを使ってLivebook上でLivebookについて紹介するという内容に変更することにした。Livebookについてデモしながら内容も説明できるし、面白さを伝えやすくなるだろう。また、単純にLivebookの説明のしかたとしても面白くて、ちょっとした話題にもなるかもしれないという気持ちもある。

Leave a Reply

Your email address will not be published.