2021年11月24日

朝30分の研究タイムは、IOTS2021での発表スライド作成から。表紙を作ったり、見出しを並べたりなど。その後は、社内インタビュー企画の収録をしたり、ミーティングをしたりなど。どこかで時間が空いたらスライドの続きをやりたいと思いつつ、そんな時間はなかった。もろもろ終わって夜になり、そうなるとスライドに取り掛かる時間もできるはずなのだが、しかし今度はテンションが乗らず。疲れてきたので、2時間ほど寝る。

昨日読んだ松岡和美『わくわく! 納得! 手話トーク』がわかりやすかったのと、もっと進んだ内容を知りたかったのとで、同じ著者の『日本手話で学ぶ 手話言語学の基礎』を注文してあったのがもう届いたので、触りだけ読む。他の本やこの本も、NM表現を音韻パラメータに入れてないのが不思議だったのだが、NM表現によって弁別性が現れる単語の例があまりないから入れないのが一般的ときちんと説明されてあり、納得。言語学者としてのバックグラウンドが、安心して読ませる。

夕食をとった後、さすがにヤバくなってきたので切羽詰まってきて、ようやくスライドに取り掛かる。昨日から導入したCenteredというMacアプリを使って、フロー状態に入る。このアプリはすごい。実際、やり始めるとすぐにフロー状態に入ることができる。25分のポモドーロをひたすら回して行きながら、スライド作成を進めていく。3時間ほどやったところで脳が疲れ果ててきたので、明日に託すことにして、おしまい。

アプリの力を借りてフロー状態に入れることはわかった。しかし、それはそれでけっこう疲れることがわかってるから、それが嫌で、とりかかるまでに時間がかかるのだよなあ。ぐだぐだするのをやめて、さっさとやるべきことにすぐ取り掛かれる仕組みがほしい。TODO管理とかリマインダとかあるけど、締め切りの切迫感以上に取り掛かりをモチベートしてはくれない。そんなわけで、ギリギリまで自分を追い込むことになるわけだ。

研究関連の発表について、いま取り組んでいる話はなんかもう論文出したら終わった感もあって、ぶっちゃけあんまりテンション上がらないという感じがある。飽きてきているともいえよう。しかし、やるべきことはやっていかねばならないので、着実にこなしていく。まあ、そういうテンションであることについても、それはそれで記録しておくべきだろうと思って書いておく。

Leave a Reply

Your email address will not be published.