日記はScrapboxに移動しました。

2021年12月4日

朝、先日のJAISTオフ会であった方からの、機械学習プロジェクトについての研究に関するインタビューを受ける。半構造化インタビュー。あれこれと話をする。1時間ぐらいかなと思っていたら、けっこうボリュームがあって、1時間半ほど話した。

江戸東京博物館へ「特別展「縄文2021―東京に生きた縄文人―」」を観に行く。いかにも博物館らしい説明満載の展示で、とても勉強になる。あまり意識していたなかったのだが、集落の再現ジオラマでお墓が真ん中にあるので、死者をそのように扱うあり方は、ヤマト的な日本とはずいぶん違うと思われた。また、PDFとしても配布されている東京の縄文遺跡の多さにもあらためて驚く。

ミュージアムショップでカタログを買ったのだが、そこで『古代戦士ハニワット』という漫画が紹介されていて、その荒唐無稽な設定に驚いたので、後でKindleで全巻まとめ買いした。せっかくこの辺りに来たのだからということで、恵比寿のお店で働いていた人が門前仲町に新たにオープンしたお店に寄ってお茶しつつ、読む。めちゃくちゃ面白い。さらに人形町へ足を伸ばして、お茶の続きをしたり、すき焼きを食べたりなど。

『ハニワット』は、面白いは面白いのだが、縄文的な古層をヤマト的な神道勢力が収めるという基本的な構図に対しては、しかし当然作者はその辺りわかっていてやっているのだろうけど、最終的にヤマトの末裔としての現代社会が反省した結果として、縄文的古層についても融和的に取り込んでいこうというラストになるのだとしたらそれはそれで予定調和だとも思えて、土偶が徹底的にヤマト的なものを破壊しまくってほしいという気もする。ともあれ、めちゃくちゃに面白くて興奮。

その漫画のそれぞれの巻には後書きがあって、6巻のそれで今こそ白土三平を読むべきという主張がされており、マルチスピーシーズ人類学的という紹介がされていたのが気になって『バッコス』を購入して読み始めた。一体全体、白土三平という人はなぜこんな話を描いたのだろうかという、ガルガンチュア的なスカトロジーと絶望的なまでにただ自然に左右されるだけの人々と、そこからのアシッドなサイケ革命とその挫折という、世界文学的な作品。大きな衝撃を受けた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *