日記はScrapboxに移動しました。

2021年12月11日

朝、10時過ぎに起床。昨晩、かなりお酒を飲んだことで、悪酔いしないよう水分をたくさん摂ったこともあって、寝てる間にトイレに2回立ち、明るくなった後、二度寝、三度寝しつつまた行って、そんな感じだったので睡眠の質はあまり良くない。もうちょっと寝ていたかったが、明るくて眠れないので起き出す。原稿リポジトリのイシューの処理をしたり、原稿に手直しを入れたり、福田純也『外国語学習に潜む意識と無意識』の続きを読み進めたり。

セブンイレブンの弁当で昼食を済ませた後、本の続きを読んでいたらKが散歩しようというので、近所の公園をぐるっと巡る。天気がよく、日差しが柔らかくて気分がいい。その後、公園近くのカフェに寄って、コーヒー。グァテマラのなんか特殊な製法のものだという、変わったコーヒーをいただく。土っぽい、複雑な香りと味がする。そのカフェの壁に、”Ce café, j’en ai l’eau à la bouche.”というフレーズが手書きされていて、Kと構文解釈談義をしたり。”en”が何を指すのか考えていて、”café”を指すのだろうけどどういう構文なんだろうかという話。

その後、さらにお茶しながら『これからはじめる フランス語入門』を読む。続きを読み始めてすぐに、さっき検討していた話が中性代名詞として現れたので、タイムリー。しかし、種類が3つもあって憶えられないなあ。

夜は、明日の誕生日のお祝いということで、Kが人形町の㐂寿司を予約してくれた。ありがたい。江戸前鮨好きとしては、以前から行きたかったお店。お刺身、カワハギの肝和え、香箱蟹などのおつまみの後、握りを10貫ほど。お酒は瓶ビール一本のみで、あとはお茶。お腹いっぱいいただいて、満足。食べながら、フランス語をもっとちゃんと勉強しようと思ってるのでいっしょに学校に行ったらどうかというような話をしたり。アンスティチュフランセのコースを検討する。

帰宅して、『外国語学習に潜む意識と無意識』の続きを読んで、読了。後半は問題意識があまりわからない話が多くて、ちょっと読み飛ばし。関連して、古典的計算主義とコネクショニズム周りについて、『心を知るための人工知能: 認知科学としての記号創発ロボティクス』と『ワードマップ 心の哲学: 新時代の心の科学をめぐる哲学の問い』の該当箇所を読み返したりした。後者では、コネクショニズム一辺倒だけじゃいけないだろうという感じだったのだが、前者では「認知的閉じ」から記号がいかに創発するかという話を扱っていて、構造的な思考や推論についてもその方針でそのうちいけるんじゃないかなあと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *