日記はScrapboxに移動しました。

2021年12月22日

昨夜書いた記事「「物たちの社会」をいかにして作り得るか」の発展的な話題があれこれ浮かんできて、なかなか寝付けない。4時過ぎに寝付けたかと思ったら、今度は化け物みたいなのから大急ぎで逃げる夢を見て、飛び起きた。めちゃ怖くて、身体的な反応が出ているほどであった。それでまた寝付きが悪くなり、ちゃんと眠れないまま8時に起床。

Kの出張に付き合って、京都へ。Kは少し仕事があるということで、僕だけ先に出かける。行きの新幹線で、樋口恭介『未来は予測するものではなく創造するものである―考える自由を取り戻すための〈SF思考〉』を読み、読了。再生産ではなく、未来を想像するのだというメッセージに、その通りだなあと心打たれた。SF小説でも書くか。というのはともかく、noteにエッセイを書き始めたのは、SFプロトタイピング的なことでもあるなあと思ったりした。

今回のホテルは、最近できた「HIYORIチャプター京都 トリビュートポートフォリオホテル」。マリオット・ボンヴォイのポイントで、実質無料。いつものリッツやホテル・ザ・ミツイなどに比べるとだいぶ格落ちではあるが、ほとんど設備を利用するわけでもないし、仕事をできさえすればいいので、まあ別に不満もない(もっと観光的な気分なら別だけど)。というわけで、着いて早々仕事を始め、夕方まで。

夜は、「うしのほね」の近くにわりと新しくできたらしい「草風土うしのほね」へ。祖母の一回忌を終えたタイミングで、母が唐突に沖永良部から京都に引っ越したところだったので、母とKと食事。コロナ前にKを連れて行った時以来だから、2年ちょっとぶりぐらいか。こちらの店は、本店の方よりも気軽かつモダンな美味しさがあって、良いのではないか。あれこれと近況などを話す。家もほぼ決まって、年越し前には引越し完了とのこと。まあ、自由気ままな身なのだし、好きにやればよろしい。

お茶しながら、八谷大岳『機械学習スタートアップシリーズ ゼロからつくるPython機械学習プログラミング入門』をパラパラめくる。Python入門と線形代数のおさらい。それにしても、この手の本で数学的な導入をするときは、これはこういうことに使うんだよという説明をつける方がいいんじゃないかと思うんだよなあ。それをやるだけで、ずいぶん違うと思うのだけど。

Cave de Kに電話してみたが満席ということだったので、大人しくホテルに戻る。予約しないと無理か。ごろごろしながら『自由エネルギー原理入門: 知覚・行動・コミュニケーションの計算理論』の続きを読む。最初の方はニューラルネットワークの導入。モデルそのものは簡単だが、生化学的な仕組みの説明が、馴染みがなさすぎてよくわからない。なんかうまいことできているようだ。

Kがテレビをつけていて「新・映像の世紀」が始まった。1960年代の若者たちによる東西における運動から、1989年の東側の崩壊に至るまでの紹介。こういうのを見ていると、今の人々もTwitterとかでごちゃごちゃいうだけでなく、もっと運動したらいいんじゃないかと思ったりもする。

Leave a Reply

Your email address will not be published.