日記はScrapboxに移動しました。

2022年1月1日

朝、10時頃に起きたのち、「一年の計は元旦にあり」ということで、マンダラートでも書いてみようかと思ってGoogle Spreadsheetにテンプレートを作ってみたりしたのだが、どうもうまく書けないなあという気がしたので、iPad MiniでGood Notes5に今年達成したいことをざっと書き出してみた。そこから、Habitifyの習慣リストをアップデート。どう考えても、今と同じ睡眠時間だとできないのではないかというリストになってしまったが、とりあえずこれでやってみる。また、もうちょっと長期の目標について、タスクと期限を決められていないので、その辺りをどうまわしていくかは課題。

数学と英語に対する、コンプレックスというわけではないのだけど、必要だと自分で思っている水準でできるわけではないことに対してちゃんとやらないとなあと思いつつずっと過ごしていて、たまに切迫した場面に向き合うことになっては「今度こそ」と思って特にやらずにきたのだったが、年末にはある程度は自分でも成長が見られたと感じられるように継続的に取り組んでいきたいとお正月効果で思ったりしたので、この機会にちゃんとやりたい。これもまた、具体的な目標と習慣によってなすべきことなので、ちゃんとやっていく。

今年はKが張り切っておせちを作ってくれたので、家でも正月から美味しいご飯をいただけてありがたい。

お茶しながら、岡野原大輔『ディープラーニングを支える技術 —「正解」を導くメカニズム』を読む。紙の本は1月8日に出る予定だったので発売を待っていたのだが、電子書籍はもう買えるようになっていたので、出版社のサイトから購入。PDFをiPadで読む。背景や基礎から丁寧に説明していて、極めてわかりやすい。それでいて、最新情報も盛り込んでいて、ひたすら感嘆。素晴らしい本だなあ。

夜は、Kの実家へ年始の挨拶へ伺う。こちらでもおせちをいただき、大変ありがたい。美味しいものをひたすら食べる正月である。Kの姪っ子は元気で、会うたびに成長している。子供の言語獲得について学んだりしていることもあって、そういう観点でも話しかけたりしてみたのだが、数や地と図の違い、それにともなう注意などに関する会話がしっかりできていて、面白いなあと思ったりした。

個人的な新しい取り組みというところだと、今年は大学院の博士後期課程に進学する予定だし、お茶も習ってみようかなあなどと思っているところ。仕事の面では、なんかずっと内向きのことばかりやってるなあという感じで反省することしきりだったので、今年はもっと外を見て、飛躍できるようなことをやっていかないとと思っている。会社を成長させることが、公的な意味での自分を成長させることと結局は繋がっているのだから、その面でもっとやっていかないと。こちらに関しても、具体的な目標と期限を定めてやっていくようにしよう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *