日記はScrapboxに移動しました。

2022年1月8日

昨夜、全然寝られなかったので、酷く眠い。予定があるので起き出して、準備。今日のホテル(the square hotel)に荷物をあずけて、金沢駅まで歩く。「サンダーバード」で加賀温泉駅まで。11年ぐらい前にこの辺りに来た時は、魯山人の「聖地巡礼」ということで山代温泉に行ったのであったが、今回は海側の方へ。馬鹿でかい大仏は相変わらずであったが、近く新幹線を延伸するということで、駅舎は工事の真っ最中。随分と風景が変わっている。

タクシーで橋立へ。「マルヤ水産」で買い物したのち、「山本屋」へ。Kが予約してくれて、蟹尽くしのコース。のっけから香箱蟹。さらに鰤の焼き物など続いたのち、蟹のお造り、巨大な丸ごと蟹を茹でたもの、さらに丸ごと焼いたものと、ひたすら蟹。とても美味しい。出されるものをじゃんじゃん食べていたのだが、突然ぱたりと箸が進まなくなってしまった。一度に摂取可能な蟹の許容量を超えてしまったようだ。最後の雑炊は美味しくいただいた。

そこから歩いて、北前船の船主たちが住んでいた集落へ。「北前船の里資料館」を訪ねる。Kが北前船の話が好きで、来たがっていたところ。巨大な家と立派な道具たちが、往時の船主らの豊かさを忍ばせる。明治時代になってもしばらくは続いていたようで、金持ち番付のようなものも展示してあって、渋沢栄一らがトップを占めているところに、3人ほどランクイン。すごい。さらに集落内もぐるっと歩いてみる。立派な家々が立ち並び、今も住われている。どういう生活をしているのだろうかと気になる。面白い場所だったなあ。

そこからさらにタクシーで片山津温泉へ移動。総湯で風呂をいただく。柴山潟の向こうに、白山へと連なる雪をたたえた連峰が連なる様子を眺められる素晴らしい景色に、寝不足と食べ過ぎによる疲労がいっぺんで吹き飛んだ。温泉というものがそんなに好きではないのだが、ここは素晴らしい。外にでてさらに眺めを楽しむ。

金沢へ戻り、ミスドでヴィタメールとコラボしたドーナツを食べたのち、ホテルにチェックイン。今回は、片町の方ではなく竪町の方へ行き、お店開拓。お茶しながら『新訳 茶の本 ビギナーズ 日本の思想』の続きを読み、読了。最初の東洋と西洋がどうのみたいな話は面白いとは思えなかったが、茶の湯の元を道教に求めるあたりは面目躍如。面白いと思う。ホテルに戻って、お茶を点てて飲んだ後、日記を書く。さっさと寝よう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.