日記はScrapboxに移動しました。

2022年1月18日

朝、起きたら起きたら起きたら10時を過ぎていた。昨日もなかなか起きられなかったので目覚ましが無効になっているのかと思ったのだが、設定はちゃんとしている。気付かないうちに止めているのだろうか。危険である。そんなわけで、30分の研究タイムはなし。その後、評価関連の作業。いつも、どうするかかなり考え込んだのちに、これが本人にとっても会社にとってもベストという結果を出すことを心がけてはいる。人々が自らの成長の糧にしてくれるとよいが。

遅ればせながらWEB+DB PRESSの最新号を読んでいたら、次号予告に我々の特集が出ていた。半年がかりのプロジェクトだったが、いよいよである。ゲラ前の著者校正の段階にあり、製品に向けて最後のブラッシュアップをしているところ。タスクが少しあったので、Centeredでフローに入って40分ほどで完了。

Kが注文したホタテが届いたのを調理してくれた。特に焼いたホタテの、なんか入れてるのかと思えるほどの旨味がすごい。驚く。「常きげん」を軽く飲みながらの夕食。そんなに飲んでないのに体にくるなあと思っていたのだが、これは原酒なのであった。そんなわけで、少し寝る。

美学のプラクティス』の続きを読む。極めて面白い本。整理が明快で、主張もシャープ。ソーシャリー・エンゲージド・アートが、むしろ美的なものとしてのアートを危険視してそこから脱するというのであれば、それはそれで放っておいたらよいのではないかという気もするし、個人的にはそれでもいい気もしたりするのだが、アートの形式的な分析をそれでも必要とするというのはどういうところから来るのだろうかという気もした。

Wordle – A daily word gameという単語ゲームがしばらく前から周囲で取り組まれている。僕も4日ほど前からやるようになったのが、けっこう面白い。頭の体操という感じ。

ひょんなことからRIP SLYMEの動画を観ることになったのだが、その過程でちょっと前に怪文書的な揉め事があったのを行き当たった。RIP SLYMEについて、シングル曲をいくつか知っているだけという感じで全然ちゃんと聞いていないのだが、聞いたことのある曲はどれもPV込みで素晴らしいものばかりだという記憶があるので、寂しい思いを少し感じた。

まだ修論も終わったわけではないが、次のステップや次の研究テーマなどにもそろそろ取りかかっていく必要がある。次の研究テーマの方はアウトプットのターゲットを決めてないのでちょっとぼーっとしてしまっているから、ちゃんと決めていかねば。

Leave a Reply

Your email address will not be published.