日記は栗林健太郎のScrapboxに移動しました。

2022年1月25日

日付が変わって『スノウ・クラッシュ』のKindle版が降ってきたので、寝床で読み始める。刊行以来だから、20数年ぶり。懐かしいなあ。

朝、起きると肩と首が張っている感じ。最近、そうなることが多い気がする。再現条件がわからない。そのせいで首こりからの頭痛。昼過ぎ、ロキソニンを服用。朝30分の研究タイムは、昨日に引き続いてめぼしい論文の取得と整理。あれこれ読んでいたら、IoTにおけるMLOpsみたいな切り口で行くとよいのかもしれないと思い始めた。機械学習の性能そのものというよりは、どうやって全体のアーキテクチャを構成するかの方に興味があるので。ちょっとその方面でも論文を当たっていこうという気持ち。機械学習的な内容ももちろんやるけど。

その後、ミーティングをしたり、同僚から依存ライブラリの更新pull requestをいただいたのだが、そもそも現状まともに動かなくなってしまっていたGo製のアプリケーションを修正して新しいバージョンをリリースしたり。ほんのちょっとではあるがGoを久々にVS Codeで書いてみて、書き口が気持ちがいいと感じる。Elixirももっとこれぐらいいい感じになるといいなあと思う。さらにミーティングや、CTO協会仕事など。

筒井紘一『南方録(覚書・滅後) (現代語でさらりと読む茶の古典)』、竹内順一『山上宗二記 (現代語でさらりと読む 茶の古典)』、「日経サイエンス2022年3月号(特集:自己免疫疾患/激化する気象災害)」が届いた。『南方録』の解説を読み始める。偽書だとわかっているのに、「利休の茶の湯を考える上で必読」みたいな宣伝がされていて、よくない。なんでそういうこというんだろうなあ。「茶の湯を考える上で」ならいいと思うけど(利休伝説が茶の湯に影響していること自体は確かなのだから)。そんなことを思ったりしていたのだが、そこまでひどい頭痛ではないものの、しんどくなってきたので1時間ちょっと寝る。

ご飯を食べた後、「リングフィットアドベンチャー」。少しやった後、Kがやると言うので交代。その間、WEB+DB PRESSのゲラチェック。さらに、後半戦。なんかうまくセーブされていなかったようで、さっきやったところをまたやり直し。というか、今日は最初に、運動強度を上げてしまったので(いま24)回数が多くてなかなかしんどい。ステージ2のボス戦は、かなり長くかかってしんどかった。それでもまあ、初日よりはずっと楽だし、実際心拍数もそんなに高くはならない。明日からは、もうちょっとひとつひとつの動きに気を配っていこう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.