日記はScrapboxに移動しました。

2022年3月22日

,

昨晩は、春風亭一之輔『まくらが来りて笛を吹く』の続きを読んでいるうちに入眠。朝はわりとさっと起きられた。

先日の地震による発電所の障害に加えて、ぐっと冷え込む気温の予想により、電力供給が逼迫するおそれがあるとのことで、早い時間から節電を呼びかける案内が東電や経産省から出ている。町内放送でも、東京電力からという節電の呼びかけが行われた。社内でも、サービスに対する影響の有無や、万が一のリスクに対する検討・対応など。20時頃からより状況不透明という観測だったが、結果的には供給安定に至って問題なく、安心した。戦争といい、電力不足といい、これまでの常識では計れないようなことが起きる世の中である。

そんなわけで夕食の準備ができないかもしれないので、帰りにスクランブルスクエアの地下でお弁当などを買う。「ポムの樹 どんぶりたまご屋」で親子丼、「とげぬき福寿庵」で「こぼれるおはぎ」。帰宅して、食べながらNHKプラスで「笑いの正体」という番組を身始めたのだが、漫才のドキュメンタリーかと思いきやダウンタウンの話しか出てこないので、求めていたものとは違うと思って、YouTubeで落語を観る。昨日聞いた春風亭朝枝さんの話を、Kに聞かせる。

その後、先月の二月大歌舞伎の演目から、「義経千本桜」の二段目「渡海屋・大物浦」を歌舞伎オンデマンドのアーカイブ配信で観る。片岡仁左衛門さん一世一代の新中納言知盛。いよいよ義経を討つとなってからの知盛一派の姿は、幽霊とマッドマックスが一緒くたになったようなかっこよさがある。安徳天皇(中村梅枝さんの息子・小川大晴くん)の喋り方は、なんだったんだろうか。いつもあんな感じの演出なのかな。面白くて、Kと真似して遊んでいた。それにしても、大掛かりな衣装とメイクで、最後は背中から落ちていくし、大変な芝居である。面白かった。

明日から2日間は経営合宿。早めに寝よう。と思いつつ、調べ物をしていたら遅くなってしまった。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *