2022年3月23日

朝8時過ぎに起きる。今日、明日と経営合宿で渋谷へ。朝から晩まで事業や今後のことなどについてディスカッションする日。先のことも足元のこともしっかりやっていかないとなあ。夜は、権八で懇親会。セルリアンタワーから道玄坂への道筋を、この時間に久々に歩きながら、まだやってる店もあればなくなった店もあり、そうと思えば見知らぬ店もある。様変わりというほどではないにしても、けっこう変わったものだ。

お茶しながら、春風亭一之輔『まくらが来りて笛を吹く』の続きを読み、読了。さらに、YouTubeで先日真打に昇進して蝶花楼桃花に改名した春風亭ぴっかりさんの「湯屋番」、立川談春さんの「天災」を観る。ぴっかりさんの噺は初めて聞いたのだが、高座でも聞いてみたい。談春さんは、どんどんテンションが上がってきて、勢いがすごい。この方も、高座で聞いたことがないので聞いてみたいなあと思ってググったら、ゴールデンウィーク周辺に東京でやってる会でチケットが取れそうなものがあった。しかし、予定も微妙に合いそうにないし、論文の締め切りもあるからなあとおもて止しておく。

電力逼迫については、今朝11時頃に落ち着いたということでアナウンスがあった。震災から10年以上も経ってまだこんなことがあるなんて、難しい事態である。エネルギー問題といえば戦争もあり、欧州の拡張が進んでいくだろう一方で、中国を中心とするブロックもまたいま以上の速度で伸長していくのだろう。そうやって世界がいくつかのブロックに多元化していけば、それはそれでグローバル経済というよりは、それぞれで自足するような方向にことが進んでいくのではないかという気もする。それはそれでいいのかもしれないが、インターネットにもそれは及んで、初期の夢とはまた違った世界になっていくのだろう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.