日記はScrapboxに移動しました。

2022年4月8日

朝方、またくしゃみが出てきて起きてしまう。昨日、夕方ごろに抗アレルギー剤を2錠服用したんだけどなあ。もう1錠追加で飲んで、また寝る。困ったものだ。それで、今日もまたちょっと寝過ごしてしまう。しかし、起きた後は頭が回る感じで、Re1. エンジニアの生産性 作成者:EM . FM #EMFMを聴いて感心した「生産性」概念を自社の文脈で使いやすいよう整理したりした。その前提が以下のチャート。ここから、社内の経営管理の各種仕組みに文脈付けして整理した。

その後、ミーティングや面接など。さらに、エンジニアミーティングで、上記した生産性概念と、社内での取り組みについて話す。まだチャートしか書いてないので、話したことを文書に起こしておくのが次のタスク。さらに、少し時間をとって研究のことをする。iPadにApple Pencilでメモをあれこれ書き出してみると、書こうと思っていることが整理されて進んでいく。やり始めさえすればすんなりいくんだよなあ。週末はTeXを書き始めるところまで持っていくのと、実装をやろう。

その後、ジンギスカンのお店で夕食。ラム肉をガッツリ食べたい気持ちがずっとあったので。しかし、その前に少しおやつを食べていたせいもあってか、ちょっとお腹いっぱいになり過ぎた感じがする。研究やWeb3関連、仕事のことなどあれこれと話す。

関山和夫『説教の歴史―仏教と話芸』を注文した。昨日観て衝撃を受けた節談説教のような、仏教における説教の語りが、落語や講談などの話芸の基礎となったという説を唱えている学者の本。落語の祖と言われ、『醒睡笑』をものした安楽庵策伝も、お坊さんで、かつ「安居院流の流れを汲む説教師であった」(Wikipedia: 節談説教)ということで、説教からの落語の流れというのは、どれほどのことかはともかく、確かにあるようだ。

また、喜熨斗勝『歌舞伎 芸と血筋の熱い裏側』をKindleで買って読み始めた。この著者の方は初代・市川猿翁さんの甥っ子の方。そういうこともあって、古くからの梨園事情に詳しいということなのだが、文章がややカマし気味なのもあって、話半分で読むぐらいがいいように思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *