日記はScrapboxに移動しました。

2022年4月29日

,

朝、寝過ごしてしまって、起きたら10時。急いで帰り支度をして、空港へ向かう。すると遅延ということで、出発時間が15分ほど伸び、頼まれていたお土産も買える余裕もあるぐらいになってよかった。機内では、ジェフ・ホーキンス『脳は世界をどう見ているのか 知能の謎を解く「1000の脳」理論』を読み始める。しかし、疲れもあって寝入ってしまう。だいぶぐっすり寝て、羽田に着陸する衝撃で目が覚めたほど。

Kが鍵を持って実家へ帰っていて、帰宅するまで間があったので、しばらくお茶しながら『脳は〜』の続き。非常に面白い。脳が世界モデルを学習するみたいな話は今でこそ珍しい話ではないが、ニューロン内で常にたくさんの予測が並行して走っているだとか、ニューロンが物理的な座標系の情報を持っているだとかいう話は非常に面白く、確かにそういうことはあるのかもしれないと思う。読み進めるのが楽しみ。

帰宅して超歌舞伎「永遠花誉功」を観る。2016年から「ニコニコ超会議」でやるようになった超歌舞伎を観るのはこれが初めてなのだが、思いのほか素晴らしくて、感激してしまった。オンライン配信で観たのだが、いつもはオフにしてしまうニコニコ動画のコメントも、大向こうの掛け声のようなものだと思うと楽しい。それに、初音ミクの踊りのシーンの映像の素晴らしさ!驚いた。中村獅童がロックコンサートのような盛り上がり方で、客を煽りまくっているのも面白い。

2時間ほど睡眠をとった後、お土産に買ってきたShinShinのラーメンを食べる。かなり再現度が高くて、美味しい。食べながら、NHKプラスで「NHKスペシャル 戦後ゼロ年 東京ブラックホール 」を観る。敗戦後の東京の混乱を、当時の映像に山田孝之が入り込む演出も含むドラマ仕立てで描くという番組。闇市でのしあがった怪しげな面々の話が面白いのだが、中でも王長徳という人物に興味を抱いた。後で調べてみよう。

研究も進めていかねばということで、コードにバグが残っているのを修正しようと調査。全然原因がわからなくて難儀したのだが、2時間ほどあれこれやって、解決できた。これでまともに動くようになったはずなので、次は評価のためのベンチマークをするためのコード書きに入れるはず。ゴールデンウィークは、ジャーナル執筆に捧げる。

終わった後、超歌舞伎の本日13時の回を観る。最初の入鹿のぶっかえりのところが引きの映像になっていて、16時の回ではちゃんとあらためられていたのだということがわかった。横目で見つつ、市川染五郎のグラビアに加えて歌舞伎関連の記事が多く掲載されている「週刊文春 2022年5月5・12日合併号」をKindleで購入したのを読む。この調子で、歌舞伎のネタをもっと取り上げてほしい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *