日記はScrapboxに移動しました。

2022年5月5日

昨晩は、日記を書いた後にベッドで「やさしいDeFi: Uniswap v3 launch直前スペシャル!LPどうする?を語り合う会 」という動画を観てUniswap v3について学ぶ。とてもわかりやすい動画。2時間あるので、倍速で観た。DeFiはほんと面白いなあ。AMM(Automated Market Maker)については以前から興味があり、2017年10月3日の日記に「Bancorプロトコルが面白いと思い、ホワイトペーパーの翻訳をはじめる」と記録してあるが、その頃からからずっと発展しているのだなあと知る。

朝9時頃に起きる。しばらくベッドでごろごろしながらDeFi関連の調べ物をしたり、Web3関連のツイートやニュースなどをチェックしたりなど。今は連休中だからこんな感じでだらだら情報収集できるけど、ふだんは難しい。もっと効率化していかないとなあ。そうしているうちに眠くなってきて、二度寝。

散歩に出かける。なにか美味しいものを食べたいと思って、初めてのトンカツ屋さんに入ってみた。悪くはないのだが、やや油がもったりする。これがその辺の定食屋さんの価格なら文句はまったくないが、そこそこ値が張るので、次はないかなあと思う。

お茶しながら、「Rollup!!! 2022年のDeFi主戦場、Ethereum L2を学んで準備しておく会」を観る。DeFi Japanというチャンネルは、ためになる動画が多くて素晴らしいなあ。ホワイトペーパーを読み込んだり、実践してみたりするばかりか、シミュレータを作ったり用いたりして具体的な数字に基づいて、しかもわかりやすく説明してくれる。自分もそれぐらいリサーチ力を高めないとなあという気持ちにさせられる。さらに、Web3まわりについての情報収集をして、どんどんメモっていく。

帰宅するとバーバラ・M・スタフォード(高山宏・訳)『ヴィジュアル・アナロジー―つなぐ技術としての人間意識』が届いていた。そういえば、昨日は『グッド・ルッキング―イメージング新世紀へ』が届いていたのであった。さっそく前者を読み始める。差異を精緻化し続ける思潮に対して、違った物事を類似に基づいて統合するアナロジーをこそ今こそ取り戻そうという話。Web3関連のことをあれこれ調べているのだが、そういう時こそもっと広い視野と歴史的な視座で物事を捉えるべきだよなあと思って、スタフォードに習おうと思っているのであった。

夕食後、実験の続き。昨日書きかけだったコードを整備して、実験の自動化をもう少し進めた。その後、実験ノートにメモをとりながら、条件を変えて試していく。期待していた結果が出つつあり、データもきちんと取れているようなので、安心。ようやくまともに進んできた。これでデータを取り終えられたら、あとは論文を書いていくだけだ。とはいっても、既存のものに修正を入れている作業なので、いちから書くというほどの手間はかからないはず。

Centeredは集中状態に入るためのアプリでもあるのだが、自分の場合はやり始めると過集中してしまって何時間もやり続け、気づくと体がぼろぼろになっているということがよくあるので、集中力を適切に調整するためのアプリであるという認識も得た。要するに、適度に休息をとりながらやるべしということ。昨日は過集中でやたら疲れたのだが、今日は同じぐらいの長さで集中していても、Centeredのいうとおりに休憩をとったら(25分ポモドーロ)、疲れ方が全然違う。普通は、ポモドーロを続けるのはけっこう大変なのだけど、過集中しちゃう状況だとむしろポモドーロする方が適宜休憩できて、疲労が少ないということのようである。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *