日記は栗林健太郎のScrapboxに移動しました。

2022年6月15日

昨日に比べるとだいぶ体調がマシになってはきた状況。明日ぐらいには回復できるかなあと思いつつ、今日までロキソニンを入れておく。

夕食後、Thinking Elixir Podcast 103で知ったネタを試してみた結果を「Mix.install/2を用いてElixirライブラリの使い方を多数掲載しているmix_install_examplesが面白い」にメモ。技術ネタについて、もっとどんどん軽く書いていこうと思う。

さらに、Livebookの0.6で導入されたSmart Cellという機能を使って、カスタムセルを作ることを試みる。仕組みがかなり複雑で難しく、やろうとしていたことが実現できるのかどうかもよくわからなくて難儀した。結果、当初予定していたアプローチで実現するよりも他の方法の方が良さそうだということがわかった。

Googleの技術者が、AIに感情が芽生えたと主張し、さらにはAIに対するある種の人間的な位置付けを会社に求めた(「AIに魂が宿ったと上司に報告したGoogle社員、有給謹慎処分に | ギズモード・ジャパン」)という話が話題になっている。AIに意識が宿っていると感じること自体は異常でもなくて、当たり前のことだと思える。一方で、それが別の社会的文脈でどのように認識されることになるかは別の問題ではあろう。ともあれ、「「意識があると言われたAI」と「Googleの技術者」の公開された会話内容 – ナゾロジー」で紹介されている会話内容は面白い。

Leave a Reply

Your email address will not be published.