日記は栗林健太郎のScrapboxに移動しました。

2022年6月28日

朝30分の研究タイムは、別件がありそちらをやっていたのでパス。研究について、IOTSに出すのはもう無理そうなので、最初から国際会議に出して、その後ジャーナルに持っていく流れで行こうと思う。ターゲットを早いところ決めてしまおう。それに向かって全力でやっていく。もう一回流れを一周すれば後は博論を書くだけになるので(査読中のものが通ればだが)、最短で行けるようにする。

ミーティングや1 on 1などをしつつ、ずっと置いてあった書籍企画のアウトラインを書く。書き始めれば30分ぐらいである程度かたちは見えてくるわけで、やりさえすればいいのであるそれをすぐに取り掛かれるようにしないとなあというところ。そっちも面白い話だし、しっかりやっていかないとなあ。

一度帰宅してCTO協会関連の仕事をやっていたのだが、すっかり忘れていたが今日はNFT ART TOKYOの日だということにTwitterを見ていて気づき、また渋谷へ戻る。TRUNK Hotelという、最近流行りっぽい感じのおしゃれホテルでのWeb3/NFT関連のイベント。行ってみると、めちゃくちゃに人がたくさんいて、なんというか、コロナ禍以前のような懐かしい感じ。8割ぐらいは20代前半の若い方々だろう構成で、そういう人らは別になんも気にしないんだろうし、そのことに対する評価は様々あれど、事実としてそういう世界で我々もやっていく他なくて、色々考えるところが多かった。

イベントに参加する最大の目的である、Kawaii SKULLさんと実際に会うという目的を達成した後は、うろうろしながらNFTアートを展示しているのを眺めたり、通りすがる人々とあれこれ話したりなどして過ごす。なんかビールもたくさん飲んで、結構酔っ払ってしまった。その後、渋谷へ戻って、夕食を取ってなかったのでラーメンを食べた後、お茶しながらあれこれと話す。

Leave a Reply

Your email address will not be published.