日記はScrapboxに移動しました。

2022年7月14日

昨晩は全然眠れなくて、明け方までひたすらYouTubeを眺めていた。格闘技系の話題に少しキャッチアップしたり、最近のヒューマンビートボクサーの動画を観たりなどしていた。中でもRayさんはすごい。技が多彩だし、SHOW-GOやBigmanの影響を感じさせる哀愁漂う歌もうまい。ルックスやファッションもいい感じだし、すごい人がどんどん出てくるよなあと驚く。

今日は半分ぐらいのペースでゆるゆると仕事。途中休憩を挟みつつ、夜まで。

夕食を取った後は、さらに格闘技系のYouTubeをひたすら眺めて過ごす。ジークンドーの師匠の方とか、9月に朝倉未来さんと試合をするメイウェザーさんとか。その後、ここ数ヶ月のLEXさんの動画を観る。ここしばらくは、以前のような超絶ラップはなりをひそめ、歌ものが増えているのだが、ガッツリ歌っている「大金持ちのあなたと貧乏な私 」のボーカルスタイルはかなり面白いものだと思われた。

最近会社で導入した採用目的SNSで、社長が僕の紹介を「知識欲と柔軟性がすごい」と書いてくださっていたのだが、すごいかどうかはともかく、柔軟性という点についてはマネジメントにたずさわる前は、まったくない属性だっただろうなと思ったりした。前職の上司だった人にも、あんちぽさんがそういうことができるような柔軟な考えを持っている人だとは思ってなかったと、数年前にいわれたこともあったし。

ロジカルな思考能力を柔軟に適用できること、つまりリフレーミング能力が高い(柔軟性を言い換えるとそういうことになるだろう)というのは、自分の相対的な強みなんだろうとは思う。一方で、そういうのは最大限の力を出すためのことではなくて、もっと自分を打ち出していくようなあり方(それがどんなものであっても、というか、そういう反省自体がない、あるいは乗り越えるあり方)みたいなのがないとならないのではないかとよく思う。

だから格闘技の動画を延々眺めているのだというと馬鹿みたいだし、そういうわけでもないのだが(単に動きがすごくて面白いという感じ)、まったくそうでないということもないという形でそれらに向き合う方がいいのではないかとも思っている。それはここ最近気にしている「稽古」のテーマに繋がる。といいつつ、何かやろうとするといろいろと障害があり、取り組めていないのだが……。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *