日記は栗林健太郎のScrapboxに移動しました。

2022年7月16日

昨夜は『喧嘩商売』全24巻をまとめ買いしたのをひたすら読んで、また朝まで。しばらく眠りに入ったが、数時間ほどで起きてしまう。またごろごろしながら続きを読む。二度寝して、昼過ぎまで寝ていた。

起きた後も、ベッドの中で漫画の続き。格闘部分はとても面白いのだが、他のパートが気持ち悪過ぎる。なんなんだろうこれは。かなりしんどかったものの、せっかく買ったしなあというのと、そっちのパートは読み飛ばせばいいやということで、読み進める。すると、後半はだんだん減ってきて、残り数巻では全く出てこなくなった。

大泉洋さんという方のことをほとんど知らなかったのだが、ごく最近、映画「浅草キッド」での演技が素晴らしかったのを観て、とても立派な俳優なのだということを知った。また、「鎌倉殿の13人」での頼朝役もよかったし。それで、NHKプラスで大泉洋さん特集のような番組があったのをKと観る。トークも面白いし、すごいなあと感心した。

ようやくいろいろ回復してきて元気になってきたので、ガッツリストレッチをしながら漫画の続きを読む。読み終えて、続編の『喧嘩稼業』へと読み進む。こちらは気持ち悪いパートなしで、良い感じ。心理戦や、試合外での手段を選ばないやり方などが駆使されることに、類書にない面白さがある。

Leave a Reply

Your email address will not be published.