日記は栗林健太郎のScrapboxに移動しました。

2022年7月23日

昨日は、夕方ごろから坐骨神経痛的な、腰から太ももへの痺れが出てきて、寝た後に痺れと痛みで起きてしまったので、ロキソニンを飲んだ。ストレッチでどこか痛めたのだろうか。薬がすぐに効いて、眠りにつけた。

自転車の後輪の、空気を入れるところのピン(なんというのかわからない)が折れてしまったので、近所の自転車屋さんに持って行って、チューブを交換してもらった。Googleでの評判がとても悪かったのでこれまで行ったことがなかったのだが、愛想良くはないぐらいだったので、別にそんな悪口を書くようなことではなかろうと思ったりした。

自転車に乗って出かける。NADiff a/p/a/r/tに寄ってみたら、MEMで「写真史家・金子隆一の軌跡 」という展示をやっているのを知って、3Fへあがる。氏の業績の偉大さをあらためて知ることができた。1Fに戻って、追悼文や資料等をまとめた本と、中島晴矢『オイル・オン・タウンスケープ』を購入。中島さんという方のことは知らなかったのだが、なんとなく面白そうと思って。

お茶しながら、中島さんの本を読む。滅法面白いし、文章が抜群に上手い。文学部で学ばれていた方だけあって、日本の近代文学に対する愛情と、それらとの対話から得たのだろう、読みやすくも確立された文体と、パンチライン的に決まるフレーズの良さなどがあって、久々にいい文章を読んだという感じがする。また、1989年生まれの方とは思えないほど、街の変化を細かく捉えているのにも驚く。

3週間ぶりぐらいでジム。少し回復してきたはずの筋力がすっかりなくなってしまって、また運動前の状態に戻ってしまった。英語YouTubeを聴きながら、肩と背中周りの筋トレ、30分のウォーキング(ジョギングしてたら辛かった)、開脚ストレッチ。

20時からは小山虎『知られざるコンピューターの思想史 アメリカン・アイデアリズムから分析哲学へ』 刊行記念のオンラインイベントを観る。聞き手は酒井泰斗氏。まだ最初の方しか読めてない状態での参加だったのだが、著者による要約的な解説によってオーバービューが掴めたので、続きを楽しく読んでいけそうだと思う。

「写真」Sha Shin Magazine: モザイク Mosaic (vol.2)』の続きを読み、読了。

Leave a Reply

Your email address will not be published.