日記はScrapboxに移動しました。

2022年のエンジニア・研究者としてのアウトプットをふりかえる

こんにちは、あんちぽです。GMOペパボ株式会社で取締役CTOをしています。また、ペパボ研究所の所長や北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)の社会人学生としても活動しています。本記事では、昨年の「2021年のエンジニア・研究者としてのアウトプットをふりかえる | 栗林健太郎」に続いて、今年のエンジニア・研究者としての対外的なアウトプットについてふりかえりたいと思います。

今年のアウトプット

対外的なアウトプットについて、自己紹介ページに記録するようにしています。今年のアウトプットの内訳は、以下の通りです。

  • 研究
    • 査読付論文:1本
    • 学位論文:1本
    • 表彰:1件
  • 執筆:2件
  • 登壇:16件
  • ポッドキャスト:3件
  • 取材:2件
  • 技術ブログ:13本

以下、それぞれについてふりかえっていきます。

研究

今年は年初に修士論文を完成させ、修士(情報科学)の学位を取ることができました。目標は博士号ですが、もしだめでも修士号は取っておきたいというのが最低限のラインでしたので、ひとまずクリア。まずは一安心ではありました。おまけに、優秀修了表彰もいただきました。

4月から博士後期課程に進学しました。そして、修論を元にブラッシュアップしたものを情報処理学会論文誌に投稿しました。条件付採録を経て、先日無事に採録通知をいただきました(出版は来年3月です)。ジャーナルに通すことは、まずは研究者の卵としての第一歩としての大きなマイルストーンなので、こちらも大変喜ばしいことでした。

しかし、研究テーマの流れの中で、2本目となるべき研究に着手できず、今後の頑張りが必要な状況です。

受賞・表彰

  • 優秀修了, 北陸先端科学技術大学院大学博士前期課程(先端科学技術専攻), 2022年3月.

学位論文

ジャーナル論文

  • 栗林健太郎, 三宅悠介, 力武健次, 篠田陽一, Pratipad: IoTシステムを単一のプログラミング言語で統合的に構築できるデータフロー基盤の提案, 情報処理学会論文誌. (to appear)

執筆

今年は、WEB+DB PRESSの特集記事を2本書きました。1つ目は、Elixirコミュニティの皆さんとのElixirに関するもの。2つ目は、会社の同僚らとのWeb3に関するものでした。どちらもオーバービュー的な1章を書いたのですが、それぞれにけっこう苦労があったりもしました。

執筆に関しては、今もまさに進めている企画があります。なかなか筆が進んでいない状況なのですが、早く出せるよう取り組んでいきたいと思います。また、技術雑誌はもとより、技術書展に出したり、はたまた全然違うジャンル(文化的な内容など)の執筆活動もしてみたいと思っています。

  • 栗林健太郎・高瀬英希・大聖寺谷一樹・山内修・隆藤唯章・齋藤和也, 「Elixirによる高速なWeb開発!作って学ぶPhoenix」, WEB+DB PRESS, Vol.127, 技術評論社, 2022年2月24日, ISBN 978-4-297-12705-3
  • 栗林健太郎・吉本康貴・高岡佑輔・池田昭仁・黒瀧悠太・大和田純, 「作って学ぶWeb3 ブロックチェーン,スマートコントラクト,NFT」, WEB+DB PRESS, Vol.130, 技術評論社, 2022年8月24日, ISBN 978-4-297-13000-8

登壇

技術トーク、講演、パネルディスカッションでお話しする機会がありました。

技術トーク

今年は、6本でした。ミートアップでのLTで話したのがほとんどで、大きな舞台での技術的に込み入った内容の話はできませんでした。昨年のように、海外の技術カンファレンスで話すみたいなことに、またチャレンジしないとなあ。でも、技術トークは国際会議での研究発表の方でもっと頑張りたいというのもありますね。

講演

今年は、講演を2本しました。ここでいう講演とは、主に依頼されて技術的な内容でないことについて話すというぐらいの意味です。聴いてくださる方がいるのはもちろんありがたいですし、自分の考えをまとめるいい機会になったという意味でも、ありがたいことです。ただもうキャリアの話はいいやという感じですが……。

パネルディスカッション

今年はパネルディスカッションへのお声がけが多い年でした。8本ありました。自分一人で話すのと違って、話題が多岐にわたって楽しいことが多いです。一方で、モデレータをつとめることもありますが、もっと楽しい話を引き出せたはずだと、反省することしきりです。

ポッドキャスト

10月頃に「ポッドキャストに出たい!」とTwitterに書いたら、ありがたいことにお声がけいただき、出させていただきました(研究者・エンジニアとしてのものにカウントしていいのかどうかはともかく)。

うまく話せるかどうか心配でしたが、話してみると楽しくて、あっという間に時間が過ぎていきました。また、自分の話し方の癖にも気付かされたので、そのあたりは今後改善していきたいです。

取材

今年は2本でした。少ない!「話を聞きたい」と思われるような活動をしていかないとなあ。

この2つは、六本木のawabarで飲んでいたら取材を受けることになったことがきっかけでできた内容です。特に後者は、文面にはあまり表れてはいないのですが、自分自身にとって人生のふりかえりとして機能するような体験で、とてもありがたい取材でした。

技術ブログ

技術ブログはZennで書くようにしています。今年は13本。もっとコンスタントに書いていくようにしたい。書くべきネタはたくさんあったはずなのですが。

おわりに

こうしてふりかえってみると、それなりのボリュームがあるように思えました。しかし、それぞれのカテゴリについて、もっとやれたよなあという思いもあったりします。おしゃべり的な内容も続けてはいきたいのですが、今後はもっと研究・技術の面でのアウトプットを増やしていきたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *