Categoryハロプロ

℃-ute の新譜「桜チラリ」の PV が奇跡過ぎてる

2/21 リリース予定(シングル V は 2/28)の ℃-ute の新譜「桜チラリ」の PV が奇跡過ぎてる。2/18 まで、GyaO で観られます。

ハロー!プロジェクトが放つ、1991〜96年生まれのキッズ7人組、℃-ute(キュート)。彼女たちの“みなぎる情熱の体温をなんとなく表現したくて”このユニット名を考えたという、つんく作詞・作曲のメジャー1stシングル「桜チラリ」をお送りします。まるでサクラのように可憐な彼女たちが、ピンクの服を着て歌い踊るさまはとにかくキュート。意外に大胆な恋を歌ったこのラブソングで、疲れ気味なひともパワーを注入してください!(2/18(日)正午まで)

また、2/21 には「web KADOKAWA ℃-ute ファースト写真集 So Cute!」なんてのもリリースされる予定になっていて、世界が「桜チラリ」の奇跡っぷりを目にしてしまったいま、買わないことがあり得ない状況になっています。

梅田えりか矢島舞美中島早貴鈴木愛理岡井千聖萩原舞有原栞菜の7人によるハロー!プロジェクトのローティーングループ・℃-uteの1st.写真集!7人の元気さ、はつらつとした魅力と個性をギュッと凝縮

第 5 回ハロプロ楽曲大賞 2006 投票

今年もやってきました「第 5 回ハロプロ楽曲大賞 2006」。っつっても、第 1 回ハロプロ楽曲大賞 2002以来の参加ということになるのだけど。今年は、その 2002 年以来にハロプロ(の一部)に対する激しい熱狂が再来した年でもありました。

推しメン部門 (1 人)

村上愛さん
℃-uteBerryz工房のメンバは全員等しく好き過ぎるので、迷いに迷った結果、村上愛さんを挙げることに。

楽曲部門 (5 曲)

  1. まっさらブルージーンズ / ℃-ute
  2. SEXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜 / モーニング娘。
  3. 笑っちゃおうよ BOYFRIEND / Berryz工房
  4. わっきゃない(Z) / ℃-ute
  5. 大きな愛でもてなして / ℃-ute
まっさらブルージーンズ
今年、久しぶりにハロプロに熱狂した原因となった ℃-uteの、最強にかっこいいこの曲を「第 5 回ハロプロ楽曲大賞」の一位に推します!

SEXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜
PV から入ったこの曲だけど、そもそもの曲自体もすげーかっこいいんだよなぁ。

笑っちゃおうよ BOYFRIEND
特に、DVD「夏夏!〜あなたを好きになる三原則〜」におけるパフォーマンスが素晴し過ぎてた。

わっきゃない(Z)
曲もいいけど、ダンスが特にステキ(とりわけ村上さんの)。

大きな愛でもてなして
メンバ全員が、最高の可愛さを表現し切っているなぁ。

PV部門 (3 曲)

  1. 大きな愛でもてなして / ℃-ute
  2. SEXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜 (Dance Shot Ver.) / モーニング娘。
  3. 即 抱きしめて
大きな愛でもてなして
異常事態発生。まさに世界史的事件。

SEXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜 (Dance Shot Ver.)
たまたまテレビで観て、なにか得も言われぬ異様な事態が目の前で繰り広げられているのを、ただ呆然と眺める他なかった。

即 抱きしめて
バスケットボールのユニフォームがステキ過ぎる、というか、激烈に萌える。

他の事件としては、卒業・脱退関連以外では、やっぱ菅谷梨沙子さんの写真集だなぁ。少なくともいちまんかいは眺めた!!!付録 DVD はいちおくまんかい観た!!!また、リリースが 12 月ということで、今回の対象楽曲に入らなかった「胸騒ぎスカーレット」の、とりわけ PV が素晴し過ぎてる。Berryz工房℃-uteも、なんであんなに最強過ぎてるの?奇跡としかいいようがないぉ><。

村上愛さん、℃-uteを脱退

本日は『℃-ute 村上 愛』について皆様へ大事なお知らせがあります。
村上 愛は昨日2006年10月31日をもって、学業に専念する為『℃-ute』を脱退した事をご報告致します。

あああああ……。まぁ理由については既にみなさんご案内のアレなんだろうけど。これからは鈴木愛理さんと岡井千聖さんを若干強めに推しつつ、℃DD & BDD (℃-ute誰でも大好き & Berryz工房誰でも大好き)の方向で生きて逝きます……。
あああああ……。

あああああああああああああああああああああああああああああああああ

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

「代々木の皆さんご一緒に〜」と叫んだのは誰か問題

夜も眠れないほど気になることがあったので、質問してみました

DVD「Hello! Project 2006 Summer 〜ワンダフルハーツランド〜」のチャプター31「Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜」(Berryz工房℃-ute)の途中(01:54:12頃)に「代々木の皆さんご一緒に〜」という声が聞こえますが、これは誰が発したのでしょうか。
村上愛さんだとばかり思っていたら、友人は徳永千奈美さんであると主張し、また、Web で検索してみたら「ノk|‘‐‘)<代々木のみなさんご一緒に〜!」という記述もあり(http://d.hatena.ne.jp/nendora/20061005#gogirl)、是非真相を知りたく存じます。よろしくお願いします。

このエントリ投稿時現在、誰も回答してくれません><。情報をお持ちの方、よろしくお願いします><ノ

「Berryz工房・菅谷梨沙子 1stソロ写真集「Risako」」他

菅谷梨沙子写真集の神っぷりについては、もういまさら言及する必要ないよね。メイキング DVD も含めて、つまり、ユニバースなんだよね。

Rails 本は、これと舞波本とが面白かった。

最近の村上愛さんについて

自らを負けず嫌いであると評価し、そのことを誇るひとはわりと多くいるけど、そのうちの多くは、単に負けたそのときだけ多少気分を悪くするだけで、その後、勝つために特段の努力するわけではないだろう。つまり、彼/彼女にとっての負けず嫌いとは、単に負けてむくれるだけの己を正当化する方便に過ぎない。
自分の性格をひとことで表すと?との問いに、必ず「リ|*‘ヮ‘)|<負けず嫌い!」と答える村上愛さんについてはどうか。彼女の負けず嫌いは上述したような自己慰撫的なものでは断じてない。それどころか、むしろ自己破壊的なまでになんにでも闘志を燃やし、全てのジャンルで全ての存在に打ち勝とうとすら試みる。
いま僕に足りないのは、村上さんにとってそうである意味における「負けず嫌い」な態度ではないかと思う。いまここで負けたまま、そして負けていることにちょっと残念な思いを抱くだけ、特に努力もしないまま、ただ愚痴を述べるだけの人生とはおさらばだ。℃-ute とは、なかんずく村上愛さんとは、僕の人生の師の謂いである。
しかし、最近の村上愛さんは少し目に余るのではないか。あみ口(アヒルみたいな唇の形を作った表情。鈴木あみ(現・鈴木亜美)さんにより、媚態の一種として 20 世紀末に一般化)があまりにも多過ぎる。誰か注意するひといないのだろうか。
あみ口は簡単にカワユスさを向上することができる技術であるが、ここぞという場面で効果的に使わないと、多用することによって頼り切りになり、いま鈴木亜美さんはあのようなていたらくなわけだ。
「即 抱きしめて」の PV で 2 回あみ口ってたのでややヤバイ感じを抱いていたが、最近の公式写真は亜美口が目立って多いし、先日発売された『みんな大好き、チュッ!9 笑顔!変顔!決めポーズ!- Hello!Project 2006 Summer』においては、9 割以上、あみ口の写真が収められている。村上愛さんのいい点のひとつがあの表情の多様さなのであってみれば、これは大変にゆゆしき事態である。
この大事な成長期に間違った、安易なカワユスさに走ることは、彼女の今後の芸能活動にとって命取りになりかねない。早急に僕の手で善導する必要がある。

"SOMEDAY OVER THE WINDOW" / 抵抗すること / かわいい女の子

イルコモンズさんによる、キース・ジャレットの「虹の彼方に」と、今年 7 月から 8 月にかけてのレバノン侵攻におけるベイルート空爆の映像とのマッシュアップに、なんというか、揺れた。

A REQUIEM for the late Lebanese citizenz. Tele-Sympathetic Mash-Up of Two Vidz on YouTube (i.e.”War on Lebanon, July 16, 2006″ & “Keith Jarrett – Over the Rainbow”). It’s an experiment of the Ghost Tele-Vision (inspired by Jacques Derrida‘s “Echographies dela television) on the real alternative tv; YouTube, against the LEBANON WAR.

思わず「美しい」といってしまいそうになるのをこらえながら。あらゆる感情が湧き起こり、そしてそれら全ての感情について「いや、そういうことじゃないのだ」とつぶやきながら、ただただ揺れた。

そう、そういうことじゃないんです、これは。これが何なのかはイルコモンズにだって、わかりません。うつくしいのかおぞましいのか、リアリズムなのかファンタジーなのか、人道的なのか残酷なのか、レクイエムなのかプロパガンダなのか、よくわかりません。わからないけど、ほとんど偶然にできてしまったこの映像と音楽には、人の心を揺さぶる「何か」があるのを感じ、それは、文化や言語や世代や国家を越えて共有可能なものだと思ったし、そうあってほしいと思ったからこそ、批判や反論や違和感はあるとしても、いつか必ずそれを飛び越えて、その彼方にいる誰かに届くはずだと思って YouTube にアップしました。

そして、この映像に揺れた次の瞬間には、9/30 に BS で放送された「Hello! Project 2006 Summer – ワンダフルハーツランド -」の録画を観て感動を覚えているのだし、また、いまもそれを観ながらこのエントリを書いているのだ。

モーニング娘。”をはじめとする“つんく♂”がプロデュースしたアイドルが一堂に会する音楽イベント『ハロープロジェクト2006』。子どもたちから親の世代まで幅広い支持を集めているこのコンサートは今年で8年目になる。恒例のシャッフルユニットを含め、元気あふれる彼女達のステージショーの模様をたっぷりと紹介する。
今回、“モーニング娘。”のメンバー“紺野あさ美”と“小川麻琴”がこのコンサートをもって卒業。番組では、二人を贈る他のメンバーたちのスペシャルインタビューを交え、感動的なライブの模様をたっぷりと贈る。
(収録 7 月 23 日・国立代々木競技場第一体育館)

だって、それこそがリアルなのだし。

iTunes Store で GAM と松浦亜弥の楽曲配信スタート

これまでどういう理由があったのかわからないけれど、iTunes Store (旧・iTMS)が始まって 1 年以上経つも、ハロプロの音源は iTunes Store に出ていなかったのですが、どうやら重い腰を上げたようです。

9月27日よりアップフロントワークスの商品が『i-Tunes Store』にてご購入いただけるようになりました!
10月4日には松浦亜弥+藤本美貴の話題のユニットGAMの2ndシングル「メロディーズ」をどこよりも早く超先行配信!!
あわせて、ニッポン放送松浦亜弥のオールナイトニッポン」のpodcastもスタート予定です。 お手持ちのi-podでぜひお楽しみください。

あと、藤本美貴さんのソロ時代の名盤 “MIKI(1)” も配信するようです。
まぁ正直、個人的には GAM とかすでにまったく興味ないけど、iTunes Store に打って出るってのは単純によい流れなのではないでしょうか。とかいいつつ、iTunes Store で買い物をまったくしない保守的な CD 派なのですが、僕は。
つーか、℃-ute 出せよ、℃-ute

Thanks!

Miki 1

© 2020 栗林健太郎

Theme by Anders NorénUp ↑