しまおまほ『まほちゃんの家』他

まほちゃんの家 しまお まほ WAVE出版 2007-02-16 ¥ 1,470 Book しまおまほさんの、回想エッセイ集。しまおまほさんの文章って、雑誌的な媒体でしか読んだことがなかったのだけど、この本は主に家族や身近なひとたちとの思い出を、激烈に上手な文章で綴っていて、回想や物事を見る視線の鋭さ・細やかさは、島尾敏雄や島尾伸三さんの文章の大ファンとしては、やはりその家系を思い出さざるを得ないのだけど、さらに甘やかなセンチメントが加わったとあっては、感激しないわけにはいかない傑作。文章が本来的に発揮し得るそれそのものの素晴しさを、久々に味わうことができました。 ところでこの本とは関係ないけど、「ナンシーの代わりをやれると思ったわけじゃない」(【小田嶋隆氏インタビュー】テレビ断末魔の悲鳴を聞いているみたいですよね)し「オレが付け加えるものはない」のだから「ナンシーが存命していたらやらなかった」(同上)のだが、「どうしようもないページばかりになったな」と各週刊誌を読みながら考え」(同上)、「ナンシー関よ あとは引き受けた」(『テレビ標本箱』帯文)と張り切る小田嶋隆氏による『テレビ標本箱』のなんともいえない退屈さを見るにつけ、むしろ、しまおまほさんによるSHIMAOMAHO似顔絵4コマ劇場のほうがずっとその言葉にふさわしい面白さを体現していると思う。 まるごとJavaScript & Ajax ! Vol.1 天野 仁史、 舘野 祐一、 川崎 有亮、 小飼 弾、 arton、 田中 孝太郎、 国分 裕、 山本 有悟、 海野 裕也、 nanto_vi インプレスジャパン 2007-02-15 ¥ 1,995 Book そーそーたる面々による、「まるごと」シリーズの JavaScript & Ajax 編。JavaScript の基本から、各種ライブラリの使い方、応用編、JavaScript の今後の話まで、幅広く取り上げていて、大変に面白かった。 リバタリアン宣言 蔵 研也 朝日新聞社出版局 2007-02 ¥ 756 Book リバタリアニズムって、いろいろ興味深い発想や考え方の宝庫なので、わりと興味を持っているのだけど、本書は、うーん、同じ新書でも『自由はどこまで可能か – […]

「Berryz工房・菅谷梨沙子 1stソロ写真集「Risako」」他

Berryz工房・菅谷梨沙子 1stソロ写真集「Risako」 [DVD付] 西田 幸樹 ワニブックス 2006-10-11 ¥ 2,940 Book 菅谷梨沙子写真集の神っぷりについては、もういまさら言及する必要ないよね。メイキング DVD も含めて、つまり、ユニバースなんだよね。 かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発 arton 翔泳社 2006-07-27 ¥ 2,940 Book Rails 本は、これと舞波本とが面白かった。

『みんな大好き、チュッ!9 笑顔!変顔!決めポーズ!- Hello!Project'2006 Summer』他

みんな大好き、チュッ!9 笑顔!変顔!決めポーズ!〜Hello!Project’2006 Summer〜 竹書房 2006-09 ¥ 1,680 Book ℃-ute も Berryz工房も、全員が本当に素晴しい。あと、なかさきちゃんは天才。 新TOEICテスト一発で正解がわかる キム デギュン 旺文社 2006-01 ¥ 2,100 Book 新TOEIC TEST英文法スピードマスター 安河内 哲也 Jリサーチ出版 2006-08 ¥ 1,470 Book

「Berryz工房 & ℃-ute in Hello!Project 2006 Summer」他

以下の他、黒沢清を特集している「文學界」10 月号を購入。 Berryz工房&℃-ute in Hello!Project 2006 Summer 竹書房 2006-09-21 ¥ 2,415 Book ぐだぐだな写真集だなー。まぁ、ワンダフルハーツの DVD 買え!ってことですかそうですか。 涼宮ハルヒの憂鬱 3 限定版 谷川流、 石原立也、 杉田智和、 平野綾、 茅原実里、 後藤邑子、 小野大輔、 桑谷夏子、 松岡由貴 角川エンタテインメント 2006-09-22 ¥ 6,930 DVD 正直もう興味ないんだけど。 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 城 繁幸 光文社 2006-09-15 ¥ 735 Book 近年になくアツいアジ本だなぁw とりあえず年若い人は、どういう立場を取るにせよ、前提として読んでおくのがいいのかなとか思ったり。 グーグル・アマゾン化する社会 森 健 光文社 2006-09-15 ¥ 735 Book なんか全然のれなくて停滞中。同著者の本は『人体改造の世紀』『インターネットは「僕ら」を幸せにしたか?』とか、微妙に読んでたりすることに気付いた。 嫌老社会 老いを拒絶する時代 […]