• 2021年9月15日

    今朝は、眠くてしかたがなかったのだが、意を決して起床。そのまま、朝30分の研究タイムで少しコードを書いたら、頭が活性化してきた。この後にやることもあれこれ出てきたので、毎朝のリズムがいい感じにできてきそう。その後は、おしゃべりしたりミーティングしたりなどの日。

    エンベデッドシステムスペシャリスト試験が10月10日にある。ElixirConf USが4、5日後に迫っているという日程で丸一日は厳しいが、せっかくなので受かりたい。まだ何もやっていなかったので、まずは参考書を通して読むことで全体観を掴む必要がある。とりあえずざっくり、1時間で100ページほどを流し読むということから開始。5日間ぐらいで読み終えるので、そのあとは過去問。しかし、回路とか信号処理のあたりは、苦手意識が強い。

    仕事を終えてからの、引き続きでCTO協会のミーティングとイベントへの参加。先日、理事会で正式にワーキンググループの主担当変更について決まったので、そのお知らせと挨拶など。いよいよ本腰入れて、しっかりやっていかねば。そうしつつも、雑誌持ち込み企画の件も少し進める。

    夕食後、Neosに没入。世の中にはすごい人がいるもので、Neosの世界にもそういう人がたくさんいる。そのうちの一人がTurtleCoding!というものを作っている。これは、Neos内にLogiXでVMを作って、Neos外でC言語をコードをバイトコードにコンパイルしたものをNeos内で動かせるようにするというもの。さらに、それらを用いて、Scratch風のプログラミングができる環境を用意している。LogiXでそんなものを作ってしまうのがすごい。

    そんなわけで、そのVMのLogiXコードを眺めたり、その他にも公開されているあれこれを、興味を引いたものを片っぱしから取り出して眺めるというのをずっとやっていた。しかし、全然読めないなあ。特に、プリミティブな文字列処理をしているようなところ。マジで全然わからないのだが……というレベルでわからない。JSON Pathを実装している人がいて、動いてるのかどうなのかわからないのだが、そもそも何をやってるのかがわからないのでデバッグのしようもなくて、困ったりした。まあ、眺めてればそのうちわかる時が来るだろう。

  • 2021年9月13日

    水分を多めに取るようにしている関係で、どうしても明け方ごろにトイレに立つことになり、睡眠の質が低下してしまう。どうしたものか。少し調べてみたらいろいろ書かれていたのだが、そもそも水を大量に飲んでいたらあまり関係なかろうという感じもした。

    先日のビットバレーの続き的な感じで、その時の登壇メンバーでまた座談会。リモートワークとこれからの働き方、エンジニアのあり方みたいな話。オフィスワークであれリモートワークであれ、自発的であれ強制的であれ、状況に応じて働き方を変えられないのだとしたら、自由な働き方とはいえない。せっかくの機会なので、自分が最大限パフォーマンスを発揮できるよう、より柔軟な働き方をスキルとして身につけていくのがよかろうみたいな話をした。

    仕事を終えた後、Elixirに関する雑誌持ち込み企画の企画書を進める。編集者の方にも連絡して、現状でまずは見てもらう予定。そこからさらにブラッシュアップしていく感じ。

    夕食を食べながら、「ゆる言語学ラジオ」を観る。今回は「サピア=ウォーフ仮説」で有名なエドワード・サピアについての話。しかし、その仮説の話をするというのではなく、サピア自身の学説について紹介していこうという会。サピアもまた「パターン」という語によって、ソシュールのいう「ラング」同様のことを考えていた。また、フロイトやユングの影響を受けていることから、パターンは言語における集合的無意識のようなものであることが示唆される。時代精神という感じだ。

    その後、NeosVRに没入。昨日作ったアバターを、もうちょっと微調整したり、VR内にYouTube動画を表示する方法を探したりなど。便利なものがたくさんあるのだが、何がどこにあるのかがさっぱりわからない。ググっても全然見つからないしなあ。VR内の口伝みたいな感じ。しばらくそんなことをした後、JSONパーサ的なものがほしいなあと思って、作り方を検討する。LogiXの型にはハッシュやコレクション的なものがないようなので、普通にはパーサは作れなさそう。ただまあ、雑でよければ、目的にそうものはできるかも。次の課題にしよう。

  • 2021年9月12日

    昨晩、Neosもやらずに早く寝たのもあって、6時前に目が覚めてしまった。寝付けそうになかったので、本を読む。

    ドミニク・チェン『コモンズとしての日本近代文学』。寺田寅彦の「どんぐり」に心打たれる。ドミニクさんの批評もいい。この本では、消息を伝えるために初版本の書影と、原文のページを掲載している。青空文庫は非常に素晴らしいが、しかし、著者が実際に本そのものの写真を載せないとならなかったように、青空文庫だけでは当時の世の中にいかなる形で出たのかがわからず、純粋なテキストとしてのみ受容することとなる。もちろん、そのことにいい面もあるのだが。その後、眠くなってきたので二度寝。

    昼食を食べたのち、お茶しながらドミニク本の続きを読んだり、YouTubeでNeosVRのTips動画を観たりなど。最初の頃は全然わからなかったが、今見ると「そういうことだったのか」ということが増えてきた。

    NeosVRに没入。今日は、まずはBlutPrintという、LogiXをライブラリ的にまとめることのできる機能を使う練習をした。やることがだんだん増えてきてコードがぐしゃぐしゃになってきたので、早いとこ構造化しておきたいので。とりあえず、Hello, World!的なチュートリアルコードで試してみた。わかってみれば簡単。どんどん使おう。

    さらに、アバターをなんとかしたいと思って、Boothで物色。いい感じのアバターを購入。VRoid Studioで調整したり、服を着せたりなど。使い方が全然わからなくてハマりまくる。あれこれいじっているうちに意味がわかってきて、すんなりできるようになった。さらに、できたVRMファイルをBlenderで読み込んでFBXに変換してNeosに読み込むのだが、また色々ハマって試行錯誤する。そもそもVRoid Studioでの調整のしかたが間違っていて、やり直したらうまくいった。しかし、なぜか腰がかかんだ状態になってしまった。また明日。

    Duolingoが、黒曜石リーグから陥落の危機だったので、しばらくスコア稼ぎをする。本質的じゃないが、しかたがない。とりあえず落ちることはないだろうというところまで伸ばしたので、終わり。

  • 2021年9月11日

    9.11から20年。もうそんなに、とも思うし、すごく昔のことのようにも思える。

    3日ほど前から、腐ってしまった部分をカットしまくったらほとんど何も残らなくなってしまい、生きてるのかどうかも定かでないガジュマルを、メネデールを希釈した水に浸しているのだが、まだ根っこは出てこない。何やら樹液っぽいものが出ている感じはするので、生きてはいるのかもしれない。

    お茶しながら「アイデア No.395 2021年 10月号」を読む。「世界設計の方法」と題して、ゲームにおける情報提示UIデザインの歴史的な展開について概観する特集。三宅陽一郎氏による巻頭言といくつかのコラムが全体の構成に締まりをもたらしている。ゲームは30年ほどほとんどやってなくてわからないが、VRを始めたこともあって読んでみたのだった。

    昨日、NeosVRを使ってやってみたかったことのひとつについて、スタート地点的な取り組みをしたのだったが、その後の展望についてTwitterに書いたので、こちらにも転載しておく。

    いまはまだ商品画像を貼ってるだけだが、アバターの服を着せ替えできるようになるといいよなあ。多分できる?NeosVRだとHTTPヘッダを送れなくて認証ができないので、SUZURIで購入したものとVR状の紐付けが難しそう。そういうのSUZURIと一緒に取り組んでくださる方々いないかなー。VRでのECやりたい。

    アバターのプラットフォームでSUZURIの素材を組み込んで、それをユーザがVRプラットフォームに読み込むみたいなのはできるんだろうけど、VRの世界から直接、動的に着せ替えしたいんだよなあ。VRプラットフォームがIdP提供してID紐付けできると可能性が広がる。そしたら、技術的にはいけそう。そしたら、売り切りのアバターだけでなくて、サブスクで月額課金してたらVR内で着せ替え放題で、クリエイターにも利用された分のレベシェアみたいな道もある。そうなったら面白くない?と思ってるところ。肝になるのはやっぱ認証で、そこが技術的な壁になっている。なんとかクリアできないかなー。

    VRの、自社における実用的な展開ということで考えてるのはそんな感じです。いずれにせよ自分たちだけだとできないので、メタバースプラットフォームとの取り組みが必要そう。

    頭が痛くなってきて、ロキソニンを服用。2錠では効き目が弱く、もう2錠追加してしまう。耐性できてきたかな……。

    VRをやるためのPCとかヘッドセットとかなにやらをたくさん買った箱をリビングに積み上げてあったのだが(下記参照)、そろそろなんとかしないとと思って、重い腰を上げて片付けを始めた。ダンボールは解体して、プラスチックは別途まとめてゴミ置き場へ。1時間ぐらいかかっただろうか。疲れた。

    そんなわけで酷く疲れてしまって、NeosVRで遊ぶ気にもならず、22時過ぎにはベッドに入って『コモンズとしての日本近代文学』を読み始める。ドミニク・チェンさんには、自分としては珍しく、憧憬を覚える。

  • 2021年9月10日

    朝、CTO協会の社員総会(会社法人における株主総会に相当)と、それに続く理事会。引き続き、2年間の任期で理事をやることになった。というのと、協会のコミュニティに関するもろもろの担当を拝命することになった。こっちはこっちでもっとやっていかねばなあ。

    昼食は、久々に外食。近所の、気になっていた洋食屋さん。オムハヤシライスを注文。また、牡蠣があったので、生とフライを注文した。しかし、この牡蠣がだいぶ酷いもので、見た目もヤバいし、食べてみるとなんか武にぶにする感じでフレッシュさもまったくない。それでだいぶ意気消沈してしまって、オムハヤシもあまり美味しく感じられなかった。そのせいで、昼食後の1時間ぐらいは、気分が落ち込んだ。

    眼科へ行くために、仕事を早めに切り上げる。眼鏡をかけたままVRのためのHMDを装着するのがかなりしんどいので、「最近買ってよかったもの:VR体験がめちゃ楽になるOculus用レンズ 」という記事にあるようなOculus用のレンズを注文するために、眼科の処方箋が必要なのであった。しかし、デバイスに特化したレンズを買うよりも、そもそもコンタクトレンズの方がいいのでは?という気分になり、コンタクトレンズ屋さんで相談することにした。

    10年ほど前に、試しにコンタクトレンズを買ってみたのだが、ハードレンズのせいなのかごろごろする違和感に全然慣れることができず、ほとんど使わずじまいだった。視力が悪いのと乱視とでソフトは無理なんだと思っていたのだが、きいてみると矯正能力的にはハードの方がいいけど、ソフトでもいけないことはないようだ。そんなわけで検査やらなんやら終えたのちに、シリコン製でいいらしいというレンズをつけてみると、全然違和感がないのによく見えることに驚く。これなら普通につけられるなあ。

    書店で、ドミニク・チェン『コモンズとしての日本近代文学』、「アイデア No.395 2021年 10月号」、「AXIS(アクシス) Vol.213 (2021-09-01)」を購入。「アイデア」誌は、ゲームの話なんだろうとは思うけど、最近自分自身もVRを少し始めたりもしているので、いいタイミングで刊行された感じ。

    この2日ぐらい取り組んでいた、WebSocket経由でVR外のデータを取得してVR内に画像を貼り込む形で反映させる件が、ようやく進んだ。3Dモデリングについて何もわかっていなくて、画像を貼ることすらできなかったのだが、ちょっと理屈がわかってきたので「その理屈でいえばこうやったらできるのでは?」と考えた通りにやってみたらうまくいった。うれしい。そもそも、もうちょっと基本を勉強しないとだめそうだなあ。

    夕食を食べながら、NHKプラスで「逆転人生」を観る。Senbei Brothersというせんべいブランドの話。引き継いだせんべい工場を、兄弟で建て直した話。とりあえず、食べてみたいものだ。

    Windowsでも開発できるようにするべく、WSL2を入れてみようとしているところ。なんか、昔と違ってアカウントまわりも複雑だし、いろいろと大変だなあ。

  • 2021年9月9日

    毎晩、もう無理というまでやりたいことをやって眠さの限界でばたりと寝る感じなのだが、朝は10時からの研究タイムに必ず出るようにしているから、毎朝眠い。おまけに、昨日からの首こりからの頭痛が、今朝も続いている。最近、ロキソニンの効果が薄くなってきてしまっている気がする。今は肩こりがひどい。

    昼食を食べながら、KとインスタコードについてのYouTube動画を観る。その後、Kにインスタコードを渡したら、熱心に練習し始めた。

    仕事の合間をぬって、ゆったりしてる時などにスマホでWorkflowyを使ってElixirConf US 2021の発表ストーリーをメモしていく。話の流れ自体は論文とそう変わらないのでよいとして、技術イベントなので自分のモチベーションや伝えたいメッセージをちゃんと盛り込んでいく必要がある。その辺は、学会発表のようなものとは違うテンションだ。

    研究会前の30分ぐらいで、「Phoenix1.6ではWebSocketの準備にmix phx.gen.socketを使う」という記事を一本書いておいた。昨日、WebSocketまわりを触ってて得た知見。WEB+DB PRESS企画の関連でもある。いちおう、それらの一環としての活動。それにしても、Zennのエディタは書きやすいなあ。

    夕方からは、久々のK-Rubyのミートアップ。今日は雑談+もくもく会。おしゃべりを聞きながら、NeosVRの世界をOBS経由で外に映し出す方法について調べて試してみた。OBSの仮想カメラ機能を使って、ミートアップをしているGoogle Meet上にもNeosVRを映し出すことができた。また、その後はYouTubeでライブ配信をしたり録画をしてみたりした。どちらも簡単にできる。すごい。

    NeosVRでのLogiXプログラミングの続き。昨日の続きを試みたのだが、どうしても解決できない。しかたないので、コミュニティのDiscordの質問チャンネルできいてみることにした。

    机が狭いのでキーボードとマウス(トラックパッド)はWindowsと共用していて、そのためにShare Mouseというものを使っている。使い勝手がよいのと、有料ライセンスを購入したらファイルのドラッグ&ドロップによるコピーとクリップボードの共有ができるとあって、買い切りで7,000円ほどするが購入してみた。色々調整していたらWindowsの方も使える感じになってきたので、そっちでもコードを書いたりしてみよう。WSL2も使ってみたいし。

  • 2021年9月8日

    起きたら、ElixirConf USのアカウントにツイートで紹介してもらっているのに気づいた。スピーカーの全員について、こんなふうにいい感じの案内をしている。

    作っているライブラリについて、動くには動くというレベルではできてはいるのだが、ドキュメントもテストもろくになくて見られるようなものではないので、ElixirConf USの登壇の日までにはある程度何とかしておく必要がある。習慣を取り戻して、継続的にやっていかねば。

    GRIIIxという製品が発表された。GRシリーズといえば28mmというところを、あえて外して40mmの画角を打ち出してきた。ちょっとどんな感じか想像してみたのだが、きっといいだろうことが容易に想像できたので、欲しい感じ。同じようなカメラを2台買ってどうするのかという気もしたが、レンズを追加するようなものだと思えばそんなにおかしなことでもないし、GRIIIとしては2台に増えて冗長構成になるし、これは買うしかないな、という気持ちになる。それにしても、機械にお金を使い過ぎだ……。

    InstaChordが届いた。クラウドファンディングで支援したのは1年以上前だろうか?半導体不足のあおりを食って出荷がずいぶん遅れてしまった。大変だったろうなあ。さっそく、説明書やYouTubeを見ながら使い方を学習。なんとなくわかってはきた。コード進行の表記さえあれば、ジャカジャカ鳴らすぐらいなら、確かにちょっと練習すればできるようになりそう。面白いなー。

    夜はNeosVRの時間。SUZURIと組み合わせてなんかやるみたいなねたができたので、試しにやってみようというところ。NeosからはHTTPリクエストにヘッダをつけられないので、ElixirでSUZURIのAPIから適当に商品をとってきて商品画像のURLをWebSocket経由で渡せるサーバを書いて、NeosVRから接続する感じ。どっちも初めてだったが、先人のおかげもあってわりとすんなりできた。しかし、その後、WebSocketからのレスポンスからURLを抜き出すところでハマり、そのURLを使って実際に画像を表示するところでもハマり、疲れる。結局、今日は表示はできなかった。

    若い頃から大便の排泄タイミングが3日に1回とかで、しかしそれで特に困ってもなかったので何もしていなかったのだが、先日、これが便秘か!という感じの、出そうででない辛い感じが唐突にきたので、いよいよちゃんと対策する方がいいなと思って、あれこれ取り組んでいる。その時は、水分を増やすものや、コーラックのような刺激の強いものも試したのだが、ほとんど効果なし。ビオフェルミンなどは全然意味ない感じ。何やっても効かなかったのだが、防風通聖散を飲み始めてからは、毎日排泄が行われるようになり、大きな変化があった。これはすごい。

  • 2021年9月7日

    タスクがどんどん膨れ上がっていき、そろそろ破綻しそうな感じなので、ちゃんとタスクリストを作って、毎朝確認して今日やることを決めてから仕事を開始するという、当たり前のことをあらためてやることにした。そんなわけで、今日は直近でやるべきことをおおまかに書き出していって、そのうち今日やるべきことをざっくりカレンダーにスケジュールしていった。Effortlessでリストアップしといてポモドーロ的にやるというのもいいけど、それだといつやるかが明確でないので、カレンダー上で時間枠を確保する方がやれる気がする。

    昼に、先日受験したTOEICの結果が出た。815点。3年ぶりに受けたのだが、その時の860点から45点も下がっていて、ショックを受ける。それで、どうしたものかなどと思っていたのだが、しかしまあ、英語力自体は上がっても下がってもないだろうし、集中力に欠けていたということもあろうから、それはそれとして受け止めて、もう少しいい点を取ろうと思うなら、それ用の勉強もするべきだよなあと思い直したりした。あと、3年も時間をあけたのがそもそもよくない。定期的に受験しないと。

    夕食を食べながら、NHKの歌番組のなかにし礼と昭和歌謡特集を観る。美空ひばりの「終わりなき旅」の歌詞に「今また新しく 私は旅立つ」とあるが、すでに病の進行していた死の1年前にこういう歌詞を提供するなかにし礼の胆力と、それを歌いこなす歌手の凄み。美空ひばりは1937年生まれだから、今年84歳で生きていたっておかしくない年齢だ。しかし、そのような凄みは、2021年の状況においてはまったくスポイルされてしまう対象でしかなかっただろうと思うと、複雑な思いがする。

    NeosVRに没入。今日は空オブジェクトにメッシュ、マテリアル、レンダラをくっつけて表示できるようにし、さらにLogiXで簡単な動きをつけるというチュートリアルをやった。3Dモデリングについてそもそも何も知らないので、そのあたりを知ることができてよかった。もう少しあれこれやってみたい気持ちもあるのだが、HMDでこめかみが圧迫されて痛くなるので、あまりやり過ぎないようにする。ちょっとずつできることを増やしていかねば。しかし、何かものを作るのをやりたいわけではあまりなくて、通信させて遊びたいので、早いとこそのあたりをやりたい。

    NeosVRがめちゃくちゃ面白いこと自体はわかっているのだが、しかし、全体像がまったくわからないままに膨大な情報を目の前にどこから進めたものかという感じで呆然としていて、まさに初学者という感じがある。何がわからないのかがわからないというところからのスタート。こういうのは久しぶりだよなあ(そして、久しぶりということは、本質的な学習をしていないのだろうとも思えた)。このストレスフルな感覚から、どこまでいけるだろうか。幸い、色々教えてくださる方々がたくさんいて、ありがたい。

  • 2021年9月6日

    今日は朝から夕方まで経営会議系のミーティングがいろいろ。その後、社内インタビュー企画の収録。今回も楽しい話ができた。ここ1年ぐらいは自分でも技術的なこともあれこれやっているので、より一層、みんなにいろいろ教えてもらう機会が増えてうれしい。この力をもっともっと上手く事業に活かせるとすごいよなあ。

    Duolingoで、昨日まで黒曜石リーグで2位だったのでこれでだいじょうぶかと思っていたら、寝てる間にひっくり返されて6位に陥落してしまい、ギリギリ昇格できていなかった……。油断していた。また、次かその次は上がれるように頑張ろう。

    音無むおんさんという方がNeosVRでライブをするとのことで、夕食を作りながらYouTubeの配信で観る。やっぱNeosVR内で観ればよかったかなあ。機材トラブルで色々大変そうだったが、VR内では盛り上がってたようだ。配信で聞いている感じだと、楽器の音があまり聞こえなくて、ボーカルが薄いように感じられてしまったので、その辺は課題っぽいなあ(詳しいことはわからないけど)。ともあれ、こういう取り組みが増えると面白い。

    夕食を食べながら「ゆる言語学ラジオ」を観る。雑談回も面白い。よくもまあこんだけ話せるよなあと思う。このチャンネルは「世界に対する解像度を上げるためのもの」という発言があって、その通りだなあと思う。

    その後、NeosVRに没入(ジャック・イン)。「没入」と書いて「ジャック・イン」とルビを振るのは、もちろん『ニューロマンサー』から。ヘッドマウントディスプレイを装着する時に、ついついその単語を思い浮かべてしまう。なんなら、脳内で発語している。今日の課題は、アバターの頭の上に出ている名前を変更すること。デフォルトではユーザ名が出るのだが、それを「あんちぽ」に変えるというのをやっていた。ただそれだけでも難しい。逆にいうと、普通はさわれないようなところまでなんでもさわれてしまうということでもある。

    しかし、HMDをつけていると、多分眼鏡のせいだろうと思うけど、しばらくやっているとこめかみが押さえつけられて、そこから顔全体が緊張して痛くなってくる感じになる。まあ、そうなってきたらもうやめておこうという合図にはなっている感じもするけど。

    9月は公私ともにやたらあれこれあって忙しく、やるべきことをちゃんと書き出して、毎日トラッキングしていかないとマジで無理という感じがしている。今日もさらに話をする機会を増やしてしまったし。明日からちゃんとするようにしよう。マジやばい。

  • 2021年9月5日

    昨夜は日記を書いた後もあれこれやっていて、結局5時前まで起きていた。その後、体力の限界で倒れ込むように就寝。しかし、9時前には目が覚めてしまい、そうなると脳だけは活性化しているので眠れなくなって、しかたがないので活動開始。

    先日のセールで安くなっていたのを買ってあった『未来ビジネス図解 仮想空間とVR』を読む。歴史的おさらいもありつつの、簡便な入門書。あらためて振り返るに、XRはコンピュータの創世記から研究されていて、しかしいまなお花開いているとはいえない状況は、ニューラルネット以上に息の長い話だと思える。そして、人々がイマーシブな体験を日常的にするようになるには、まだ10年近くはかかるだろう。むしろそういう世界はこないことだって、普通にあるとも思う。

    昼からは、大学院のゼミ。論文を出したこと等の報告をするとともに、VRも研究テーマとして検討していければと思って、という流れでNeosVRにハマっているという話を軽くした。先生からは、技術的興味から入るのもありだけど、最終的には社会的に有用なアプリケーションがないと研究にはならないよねという、しごくもっともなことをいわれてしまった。その通りである。その他、先日のトヨタの自動運転車の事故に関連して、自動制御ロボット等の安全基準についての話を聞く。普段触れられない話を聞けて、ありがたいなあ。

    ゼミの後、普通に活動するつもりだったのだがやっぱり疲れてきて、ベッドに入るや、すぐに寝入る。2時間ほど寝て、起き出す。夕食を食べながら、パラリンピックの閉会式を少し観る。しかし、パラリンピックは面白かったなあ。単純にパラスポーツについて全く知らなかったというのもあるけど。また、超人スポーツ的な観点からも気になるところだ。

    その後、NeosVRに没入(ジャック・イン@『ニューロマンサー』)して、LogiXの練習。今日は、押したら光るボックスを作ってみた。たったそれだけやるのにも、参考にした動画を何度も見返しながら1時間近くかけて何とか出来上がった。いったんHMDを外して、また別の調べ物。

    そういえばガジュマルが根腐れているので対策しようということで、土を買ったりしたのを思い出して、鉢植えから引っこ抜いて、腐っている部分をハサミでカットした。ほとんど残らなくなってしまった。しかし、まだ生きているんだろうか。いったん、残った幹の根本を水に浸しておく。メネデールを注文したので、届いたら使ってみる。生き返ってくれるといいけど。しかし、もうちょっと早く対処するべきだった……。

    Discordで質問していた内容に回答していただいたので、その内容を試してみようと、再度NeosVRに没入(ジャック・イン)。自分のワールドでしばし試したりしたのち、アクティブなワールドに少しお邪魔してみた。まだ始めて数ヶ月というぐらいで、めちゃ活動している人がいて、色々教えていただいた。1時半頃にログアウト。さっさと寝る。

    やることばかりがどんどん増えていくので、より一層、毎日の生活を効率化させていかないと。