• 2021年7月2日

    今日もずっとおしゃべりの日。下半期へ向けての準備はひと段落した感じ。また、同僚が情報処理学会のシンポジウム・DICOMOで「なめらかなシステムと運用維持の未来」として研究所のビジョンと取り組みについて招待講演で紹介してくださった。3年前の同じDICOMOで僕が発表した内容を、その後の動向も踏まえてアップデートしたもの。自分たちのことながら、面白い。ますますやっていかねば!という気持ちが高まる。ありがたい。余談だが、そのシンポジウムでは慶應のKMDで院生をしているロンブーの淳さんも発表して話題になっていた。研究してるんだなー。

    というわけで、仕事が終わったあとは研究について少し考える。作っている基盤のユースケースについて考えていて、こういうシステムを作って示せばいいんじゃないかというアイディアが出てきたので、実現可能性や必要なセンサーなどについて調査。研究のストーリーとしてのロジックも含めていけそうな感じがしてきた。忘れないうちにと思って、Googleスライドでオーバービューを図にしてみた。この図がまずあって、技術的な詳細はまた別途図に起こしていけば、わかりやすく説明できそう。

    夕食を食べながら、例によって「ゆる言語学ラジオ」を観る。あえてあまり掘らないようにしていたのだが、学術的な話題(や雑学的なもの含むものまで)についてのチャンネルがYouTubeにはたくさんあって、そういうのをひたすら観ていくだけでも時間がどんどん過ぎていきそう。すごいよなあ。なんでもある。雑学的な話にはそんなに興味がなくて、知識の内容というよりは自分にとって新しい問いを知りたいのだという気持ち。「そういうことを疑問に思うことがあるのか!」みたいな。そのことで、世界への感受性を高めたい。問いを持つということ。

  • 2021年7月1日

    昨晩は、寝床で『コ・デザイン』の続きを読み、読了。期待に違わぬ良書であった。

    今日から7月。朝から晩までずっとおしゃべりの日。終わったあとに、ちょっと散歩。夕食を買って帰宅。「地理の雑学ゆっくり解説」というチャンネルを知ったので、見始める。スペイン・フランス国境の雑学みたいな話を観たのだが、全然知らないしそういうことがあるとも思ってもなかったような話がたくさん出てきて、非常に面白い。

    疲れて実装を先にすすめる気分でもないので、ベッドでごろごろしながら本を読む。中沢新一『チベットのモーツァルト』を読み始める。中沢さんの本は、初期のものはあんまり読んでなくて、この本もそうなのだった。刊行から40年近く経ったいま読んでみると、ソーカル事件的な話になりそうな箇所は時代がかった無駄なケレンという感じだが、アツい感じはいまもあるなあと思う。むしろ、いまこういうひとっているのだろうか。

    読んでいる間に眠くなってきて、そのまま寝る。

  • 2021年6月30日

    昨夜はさっさと寝ようと思っていたのだが、なぜかTikTokを観始めて、延々観ていた。TikTokを熱心に観るのは2年以上ぶりぐらいだろうか?自分が観ているタイムラインだと、あんまりやってることは代わり映えしない気もする。

    今日で今年も半分終わり。時間が経つのが早過ぎる。仕事も研究も進捗まだまだ全然だ。この時期は半期末の評価期間なので、時間をとって集中して評価資料をじっくり読み込んだ上で、評価結果とコメントを資料に書き込む。みんなそれぞれに成長が見られてうれしい。

    先日公開したライブラリが、Thinking Elixirという、Elixir界隈の必聴ポッドキャストで紹介された。出演のオファーが云々いってたのはこの話。やりたいと思っていることをいろいろとくんでもらってポジティブなコメントをいただいていて、とてもありがたい。まだ途中なので、続きはもっと面白くなるはず。

    #054 AST Parsing using Sourceror with Lucas San Román – Thinking Elixir

    今日も夜はCTO協会仕事。体制変更をしたこともあって、僕が関わっているワーキンググループでもあらためてやっていくことを整理しようという機運。まずはみんなでディスカッションしつつ、材料出し。なかなか難しい状況だが、協力的な方々もいてありがたい。

    帰宅して、夕食を食べつつKとおしゃべり。最近、言語学の話をしている中で映画「メッセージ」の話をしたらNetflixで観て面白かったようで、言語学の本も読むといっていた。よきかな。ここ数日ほど、忙しいのもあって語学学習が全然進んでいない。かろうじてDuolingoは進められてるぐらい。よくないなあ。

    その後、研究の実装の続き。ある程度設計ができてきたので、とりあえずどんどん書いていこうということで最低限動きそうなところまでざっくり書いた。今日こそはさっさと寝たいところ。

  • 2021年6月29日

    昨晩は、日記を書いたあとに研究のコード書き。あれこれハマってうまくいかず困ったが、なんとかやろうと思っていた最低限のことは動くようになったのでよかった。細かいところはおいといて、まずはひと通りのことを最小限で一周まわせるように実装していく。

    朝、目覚ましがなったような記憶がかすかにある気もしたので時計を確認したら10時半過ぎ。寝過ごした。アイマスクをしていると、目覚ましを気づかずに止めてしまった場合の時間間隔が全然わからない。やっぱしないほうがいいのだろうか。あれこれ試行錯誤しているところ。午後からは出社。ミーティングなどをいくつかして、最後はCTO協会仕事で終わり。

    帰宅して、夕食をとったらすごく眠くなる。最近やっぱちゃんと睡眠とれてない感じだなあ。時間的にというよりは質的な意味で。『数理は世界を創造できるか: 宇宙・生命・情報の謎にせまる』が届いていたので読み始める。東大の1、2年生向けの特別講義の内容をまとめたものだという。こんな授業を受けられるなんて、いいなあ。

    研究のストーリーについて考える。あまり成果はなかったが、ひとつ切り口が見えてきたのでよかった。その勢いで実装の続きにとりかかろうかとも思うが、眠くて気力が出ない。やりだせば進められるだろうけど、それはそれで疲れそうだしなあと思って気乗りせず。

  • 2021年6月28日

    昨晩は、日記を書いたあとに「WEB+DB PRESS Vol.123」と「ソフトウェアデザイン 2021年7月号」を読んだ。前者は、HTTP/3特集とNext.jsの特集を楽しんで読んだ。どちらもキャッチアップしないとなーと思いつつできていなかったので、わかりやすく説明してもらえてありがたい。HTTP/3そのものもはもとより、その基盤となるQUICも面白いし、HTTP/3の上で動く策定中の仕組みであるWebTransport(双方向通信)やMASQUE(VPN over HTTP/3的なやつ)も面白い。SD誌は、ゼロトラスト特集。境界モデルがエンドポイントにまでひきさげられたのがゼロトラストであるというのがわかりやすい。同僚も記事を書いていたのだが、とてもリーダブルでよかった。

    今日は、10時の研究タイムの直前にガバっと目が覚めたのだが、わりとちゃんと眠れたような気もする。半期も終わりにさしかかってきて、評価面談の前哨戦みたいな感じの1 on 1をいくつかと、面接などでおしゃべり続き。また、空き時間に仕込んであった文章の続きを書いて、社内で公開した。考えていることをどんどん文章にしていって、出していく。

    それらが終わったらめちゃくちゃ眠くなってきて、15分だけ眠る。あんまりそういうことがないのだが、体全体が眠りに引き込まれていくような感じ。起きて、CTO協会の用事を済ませる。その後、同僚らが薦めていた『コ・デザイン』を読み始める。共創みたいなことはよくいわれるが、しっかりと歴史的に跡付けしながら説明していて、とてもいい感じ。ベルガンティ的な「意味のデザイン」とよくいわれるサイモン的な問題解決としてのデザインとをうまく整理しているのも見通しがよい。

    研究の実装、いきなり全部やろうとしていてやや詰まってきたので、まずは最小ケースを通しで実装することをしようと、シャワーを浴びながら考えた。そうしたらいい感じの実装も思いついてきたし、APIデザインもできてきたので、あとは書いていくだけだ。どんどん進めていかねば。提出までにゼミが2回あるので、来月は作るべきものは作り上げて図表まで書いて説明し、再来月は書いた論文を見せる感じで行こう。やれないことはなさそうな感じがしてくる。

  • 2021年6月27日

    昨日に引き続き、今日もどうにも目覚めが悪い。睡眠時間は足りてるはずなのだが、体の調子が寝不足のときみたいな感じ。それで、しばらくベッドでごろごろする。

    大栗博司『探究する精神 職業としての基礎科学』の続きを読む。研究者になる以前の話は、すごいひとは子供の頃からすごいんだなーと思いはするものの、本の紹介はあまり面白いとは思えず、乗れなかった。しかし、研究者になってからの話はめっぽう面白い。昼以降も、お茶しながら続きを読んで、読了。研究者の自伝はいくつか読んできたが、なによりも熱量が違うよなあと思い知らされる。もっと何事にも夢中になっていかなければ。とはいえ、常にそういうわけにもなかなかいかないので、いつもアドレナリンが出てるみたいな状況を作るべきなんじゃないか?みたいなことも思ったりする(そこそこきついトレーニング的な運動を習慣化するとか)。いやまあ、ほんとはもっと頭使って取り組むべき本質を考えることをまずすべきということなんだろうけど。

    神保町へ。韓国の書籍を扱っているCHEKCCORI(チェッコリ)という書店があるのを知ったので行ってみようと思ったのだが、日曜日だからかお休みであった。開いてる書店をいくつか見回った後、三省堂で買い物。吉岡乾『フィールド言語学者、巣ごもる。』、山口和紀・編『情報 第2版: 東京大学教養学部テキスト』、『改訂版 視覚でとらえるフォトサイエンス地学図録』、『論点・西洋史学』を購入。さっそくお茶しつつ『フィールド〜』を読み始める。昨今のネットスラングを含めた言語使用や多数の外国語の例などを扱った楽しく読めるエッセイ集でありながら、言語学の主要なトピックについて幅広く扱うという驚異的な本。Kが、わかりやすい言語学の本はないのかといっていたので、すすめてみよう。

    途中で頭が痛くなってきたのだが、帰る頃はずいぶん酷くなっていて、電車の中で油汗たらしてる状況。そんな中でも気を紛らわすために研究のための設計・実装について考えていたら、いいアイディアが出てきたのでよかった。しかし、帰宅してロキソニンを飲んでもまだ痛いので、実装にはとりかかれず。本の続きを読む。頭痛がしている原因はわかってきたので、改善しようと思う。

    大栗先生の本を読んで印象的だった中で、物理学というのは自然現象を原理から立ち返って探求する「方法」の学問なのだから、およそ自然現象といえるものにはなんでも適用できて、だから「◯◯物理学」というものを何にでも作れるという話があった。それでいうと、自分がたずさわっている情報(科)学にも似たようなところがあるんじゃないかと思う(情報の物理的な位置づけについてはよくわからないが)。そもそも自分はいま情報科学を専攻する学生なわけだし、関連分野で長く実践をしてきたが、およそ情報ということについてちゃんと体系的に理解してるんだろうか?という疑問がでてきたので、上記した通り、『情報』と冠された教科書を買ってみた。しかし、コンピュータサイエンス的な意味での情報だけでなく、もうちょっと広い意味での情報学というのもあるわけで、もっと広く勉強していかないとなあ。

  • 2021年6月26日

    朝、次の作り物の設計の続きをする。どうもうまくいい感じの設計を思いつけないでいるところ。朝やっておいたので、以降の時間でもちょいちょい思い出しながら進められるだろう。その後、『言語学入門―これから始める人のための入門書』の続きを読んでいる間に眠くなってきて、また寝てしまう。

    昼過ぎに起き出して、散歩。恵比寿でご飯を食べたり、YouTubeの英語動画を観ながらお茶したりした後、代官山へと歩く。久々に蔦屋。いろいろとほしい本はあるのだが、研究に加えて英会話もと思うと、あまり買う気になれない。途中に新店をみつけたので寄ってお茶する。その間、朝の続きでiPadでAPIの設計をスケッチする。

    帰宅して、研究関連で考え事をしていたのをメモ。歩いている間に考えた論文のストーリーを書き出していく。まだまだ構成が甘いが、少しずつ見えてきた感じもする。もっと詰めて考えていかないとならないが、これまで読んできた論文がそれぞれのパーツにハマるのもあり、行けそうな感じもしてきた。

    昨日の、ポッドキャストへの出演依頼メールについては、研究の一部としてやっててまだ全体像が作れてないから、一段落したらまた考えさせてという感じでお返事した。投稿論文をしあげたら少し余裕が出るだろうから、そこから集中して高めていきたい。

    夕食を食べながら「ゆる言語学ラジオ」を観る。この番組は、「言語学ガチ勢」の方もすごいけど、聞き役の方も頭の回転が早くて、的確に突っ込んだり質問したりするので、聴いている方も飽きない。いいコンビだよなあ。その後、『言語学入門』の続きを読んで、読了。次は語用論について読みたいなあ。

    英語コンサルみたいなのに診断してもらうのを試してみたいけど、教育コースと紐付いているのであまり気が進まない。もう普通に、最近流行りのいくつかのアプリから選んでただやっていくみたいなのがいいのかなあ。と思いつつ、気が乗らなくて試せていないのだが。明日は一度やってみよう。

    書棚にある英会話に関する本から『一億人の英会話』を取り出してぱらぱらめくりつつ、同僚のポッドキャストOn The Pavementの言語関連の回を聴く。

  • 2021年6月25日

    昨夜は、日記を書いたあとに「日経サイエンス2021年8月号(特集:ヤポネシア/17年ゼミの生存戦略)」を読み終えた。縄文人の由来について、面白い話があれこれと書かれている。しかしやっぱり、日本語やアイヌ語の言語的な謎(孤立性)にひっかかり覚えるんだよなあ。

    社外の方と打ち合わせがあり、個人的に新しい取り組みをさせていただくことになりそうな運びとなった。ひとの会社の技術顧問みたいなのはまったくする気がないのだけど(そこまで面倒まで見る気力がないから)、世の中に対してよい影響を少しでも与えられるチャンスをいただけるなら、それは積極的に取り組みたいと思うところ。

    Kが友人とランチする予定でL’ATELIER de Joël Robuchonで席を予約してあったのが、行けなくなった人がいてリスケになったということで、キャンセルするのも悪いしというわけで、僕が行くことにした。鯵のタルタル、ブイヨンスープ、ハタを焼いてハーブオイルで香り付けしたもの、雛鳥を焼いたもの、デザートという、ランチ的な軽めのコース。特にハタの皿が非常に美味しかった。傑作。また今度きたときは、ホタテのソテーを同様に仕立てたものを食べたい!という話をシェフにオーダーした(Kが)。

    夕方、Kを職域接種へ案内するために渋谷へ。今日はうちの会社の人々がメインで会場の対応にあたっていた。ありがたし。接種が終わるまでずっと付き添って、15分の様子見タイムも無事だったのでよかった。Kは、なにやら急に、注射した部分ではなく、首すじのあたりが痛くなってきたなどという。単に肩こりのようにも思われるが、気がかりでなんらかの痛みが感じられることもあろう。

    毎回楽しみに聴いているあるポッドキャストのホストの方から、僕がこないだ出したライブラリ(kentaro/off_broadway_otp_distribution)が面白いから出演して詳しく話を訊かせてくれというオファーがあった。現状ではポッドキャストで話すなんて考えられない英会話力なので、お断りすることになる。スライドを使って話すとか、個人的に質問したいとかなら全然アリなのだが。せっかくいただいたチャンスをみすみす断ってしまうのは悲しすぎる。英会話をマジでやらねばと、あらためて決意した。

    決意はしたのだが、じゃあ何をやればいいんだろうかというところなんだよなあ。最近はアプリで好きな時間に英会話ができるというものがたくさんあるのだが、そういうのをやれば今回のようなオファーを気兼ねなく受けられるようになるのかというとどうなんだろうか。もっと、僕の英語力の足りないところをしっかり診断してもらった上で取り組むほうがいいのではないだろうかという気もする。お金かければそういうのもあるようなので、一度やってみるかなあ。

  • 2021年6月24日

    昨夜は、早く寝ようと思いつつ、ついつい読書。『28言語で読む「星の王子さま」 世界の言語を学ぶための言語学入門』の第一部の言語学パートを読み切る。簡便な言語学入門で、よかった。続けて『言語学講義─その起源と未来』を読み終える。言語学についてもっと知りたいなあ。

    朝起きたら、昨日までとは打って変わって、すっかり元気な感じ(しかし、夜になってやや怠いなと思って熱を計ったら37度ちょっとになっていた。まだ少し残ってる感じなのか)。2日間、経営合宿でできていなかった朝イチ30分間の研究タイムで、気がかりになっていたサーベイについて、進めていくための基盤を作る。同僚を見習ってNotionで管理することにした。その後は、一日あれこれとおしゃべりをした日。

    今日は夕食を作った。鳥の胸肉の照り焼き、きのこと長ねぎの炒めもの、レタススープ。夕食を食べながらNHKプラスで「日本人のおなまえ」という番組を観ていたら、高島平は高島秋帆の名から来ているということで驚く。高島秋帆が後の高島平となった土地で砲兵訓練をしていたということからだという。しかも、その名前がついたのは1969年というから、だいぶ時間が経っている。もともと田園地帯だった広大な敷地は多数の地権者がいて、団地を建てることになった時に、もともとの土地の名前をつけるよう要求するものが多く、名付けに紛糾した。そこで、高島秋帆のことが思い出されて、事態を収めるべく名を借りたのだという。

    日経サイエンス2021年8月号(特集:ヤポネシア/17年ゼミの生存戦略)」が届いた。定期購読を開始してから初めての号である。というか、7月号から届くものだと思っていたのだが。さっそく特集が興味をそそられるもので、読むのが楽しみ。

    朝の続きで少し研究のことをやる。直近のマイルストンとなるアウトプットとしての論文の形を早く作っておこうということで、テンプレートから最小限の目次を作っておいた。前回、研究報告を書いた時にこのやり方でやっていったらわりと迷いなく進められたので、今回もそうしていこう。思いついたらどんどん書き込んでいく。なんだかんだで、論文のファイルそのものに書いていくのが一番よい(忘れないから)。それはそれとして、サーベイも進めていかねば。

  • 2021年6月23日

    昨晩ロキソニンを飲んで寝たのもあり、起きたら熱は下がっていた。経営合宿の2日目なので本来なら出社するべきところなのだが、まだ怠さは残っていたし副反応は2日ぐらいは続くようだったので、大事を取ってリモート参加。時間が経つにつれてやっぱりまた熱が出てきたので、そうしておいてよかった。今日はそれでも37度台までしか上がらず、ややぼーっとしはするものの、座って議論する分にはなんとかなる感じ。そんなわけで、夕方まであれこれと議論の時間。

    やはりそれなりに熱が出ている中での活動によって疲れが出てきたので、夜の懇親会まで一休み。恒例のノンピの食事をいただく。今回は、Gatherというツールを使ってのオンライン懇親会。昔のRPG的な見た目で、Spatial Chatのような感じでおしゃべりできるというもの。動作がかなり安定していてスムーズなので、似たようなサービスに比べてストレスがなく、使い勝手がいい。

    今日まではあれこれやることはよしておいて、早めに寝よう。明日は調子戻ってるといいなあ。早々にベッドに入り、YouTubeで英語動画を観ることにする。最近、ポリグロットの人々が勉強法やtipsなどを話す動画を1.5倍速で観ることが多い。日本語の動画は2倍速で。