• 2021年5月17日

    今日は朝から晩までしゃべり詰めだったなあ。何か考え事をするとか物書きをするとかの能動的な行動は、そういう時にはできないなあ。でも、どんどん物事がpushされてくるのをパシパシさばいていく感じにできるほうがふだんの仕事としては能率はいいので、そういう感じに時間を使えるようにしていきたい。となると、能動的な仕事は夜にやることになるわけだが。まあしかたなし。

    昨晩、寝床で読み始めた『K-POP 新感覚のメディア』の続きを読み、読了。2007年にアイドルファンをやめてから、もともとテレビを観ないのもあって、K-POPについて少女時代の歌を何かで観たことがある(人物は一人も知らない)以上の知識がなかったので、新しい情報でいっぱいの本だった。いまどきのK-POPについてよく知ってる人にとっても、80年代の韓国歌謡からの歴史を語るこの本は、韓国におけるポップカルチャーの文脈を知れる情報源になるのではないか。

    読みながら、出てきたグループをYouTubeで検索して少し観たりしていた。90年代のラップグループ、ソテジワアイドゥルが何百万枚も売り上げていたというのは驚き。K-POPがラップを入れ込むことをフォーマットとしていることの淵源。黎明期的なスカスカな感じもあるが、けっこうロックっぽい感じの曲もあって、普通にかっこいい。また、BIGBANGのG-DRAGONさんがめちゃくちゃかっこよくて、ヤバい。彼もSMやYGで11年ぐらい練習生をやっていたそうで、そういう規律的なところからああいうグローバルに通用する感性が生まれ、許容されているというのは、日本のアイドル文化を思うと考えられないという気がする。

    夕食を食べながら、今日から始まった新作の朝ドラ「おかえりモネ」を観る。「おちょやん」が面白かったので朝ドラもチェックするかという気持ちで、とりあえずしばらく観てみる。面白いかどうかはわからないなあ。映像がある種の若い女性カメラマンが撮るような明るくてモワレや虹的な色彩を用いた感じで、NHKのドラマっぽくないなと思う。彩雲の話などが出てきて、どうも天気に関係する話のようだ。キャストが豪華だなあ。

    注文してあったのが届いた『ためぐち韓国語』(著者のひとりは四方田犬彦さん)を読み始める。ためぐちのフレーズを見開き2ページで著者ふたりが解説するというもの。友達どうしや若者たちが使うような軽口が集まっている。自分で使う言葉としては、最初に学ぶのはあまりよろしくないだろうけど、TWICEの動画をYouTubeで観る時に役立つかもしれない?と思って。いまのところ、単語はほぼ何もわからない(韓国ドラマを観てるKの方がよく知ってる)ので、その辺もやってかないとなあ。Duolingoをついでに少しやる。音声による発音が、これであってるのか不安な気がするのだけど、どうなんだろう。

  • 2021年5月16日

    午前は、TWICEの動画を観たり、韓国語の学習書を読んだり、午後からのゼミの準備をしたり。また、20日ぶりぐらいにバリカンで髪を刈った。毎週やるようにしたいと思いつつ、とばしてしまう。午後からはゼミ。あまり話せるような進捗があるわけではないのだが、いまやってるところについて話す。まずは、細かいところにフォーカスし過ぎずに、やろうとしていることの全体を作るほうがいいのではというアドバイス。そこで大きくなり過ぎたら研究を分割すればいいし、とのこと。確かに、と思う。そうしよう。時間もあまりないし、どんどんやっていかねば。

    お茶しながら『1時間でハングルが読めるようになる本 ヒチョル式超速ハングル覚え方講義』を読む。この本にある内容は既に読めるようになったのだが、最初に買ったけどまだ読んでいなかったので、一応ひと通り目を通してみた。続いて『ネイティブっぽい韓国語の発音』を、音声を聴きながら読む。こちらは自分でも発音しながら進めていくタイプの本。ハングルが読めるようになる入門的なものより細かい話までフォローしている。これをひと通りやれば、発音についてはいったんよいか(発音そのものができるようになるにはもっと練習がいるが、そればかりやっててもしかたないので)。

    ハングルを読むのに、いまは字母に分解しないと読めないわけだが、日本語を読む時は漢字混じりの文だってさらさら読んでるわけで、論理的構成物というよりは絵として見ているのだろう。慣れればハングルについてもそこまでいけるはず。人間の文字認識は、論理的というよりは画像処理に近いとやっぱり思われる。とはいっても、文字が書かれている全体(たとえば紙全体)を画像として見ているのではない。部分的な画像(視野に入る一行の切れ端)がシーケンシャルに連なっているのを都度解釈しているのだろう。そういう発想をそのまま実装しているのが、先日話題になったRobust Open-Vocabulary Translation from Visual Text Representationsという論文である。

    そろそろ文法にも進もうと思って、何から始めるか考えたのだが、せっかくなのでTWICEの歌の歌詞をまるまる一曲やってみようと思って、「TT」の歌詞を韓国語対訳でスプレッドシートにコピペして、一行ずつ文法要素を調べながら見ていくということをする準備をし始めた。すると、Googleで出てくる歌詞がコピペできなくされていたので、JavaScriptで取得してクリップボードにコピーできるようにしようとていたら、Promiseの理解があやふやだなあということになってきて、JavaScriptもちゃんと勉強し直さないとなあと思う。ヲタ活をしていると、どんどん関係ない方向にやるべきことが広がっていく。

    韓国語学習ジャーナルhana Vol. 39』という韓国語学習者向けの雑誌を買って眺める。まだ全然歯が立つレベルではない。おすすめYouTubeだけメモって、あとはこういうのもあるんだなーと読み流した感じ。またあとで戻ってこよう。発音本の続きをやったり、文法リファレンスとして『NHK出版 これならわかる 韓国語文法 入門から上級まで』を購入して、導入のあたりを読んだりした。この本は、上記したTWICEの歌で学ぶ時に参考書として引くためのもの。そんなことをしつつ、ディスプレイの半分ではひたすらTWICEの動画を流していた。

  • 2021年5月15日

    レゴの花束が届いたのを組み立てた(YouTubeでTWICEのミナさんがこれを作る動画を観て知ったのであった。ヲタ活してたらレゴを作ることになったわけだ)。慣れないこともあり、2時間ぐらいかかった。でも集中できて、しかし難しいわけでもない単純作業なので、マインドフルネスな感じ。できあがりもけっこういい感じで、気に入った。花瓶にいけて飾っておく。

    日経サイエンス2021年6月号(特集:時空と情報/COVID-19 危うい後遺症)」の続きをさっと読んで、読了。定期購読の学生割引がきくようだったので、ネットで申し込んでおいた。40%引きでだいぶお得。とりあえず1年読み続けてみよう。科学に関する新しい情報もわかりやすく説明してくれているし、よかろうと思う。

    昨晩、Duolingoの韓国語コースを始めたのだが、もうちょっと全体像がわからないと完全にボトムアップだけでやるともやもやするので、本を少し読もうと思って検索して見つけた『高校生からの韓国語入門』を読み始めた。単語を憶えるのはDuolingoでいいので、ハングルを憶えるのと、この本からは言語の背景知識を得られたらいい(自分はそういう知識にむしろモチベーションを駆動されるタイプなので)。

    本を読んだり反切表が掲載されているWebサイトを眺めたりしていたら、少しずつ読めるようになってきた。記憶力が弱まってきてしんどいなあと思いつつ、使ってみる方が憶えられるだろうと思って、Twitterをハングルで書いてみたらいいのではないかと思って、少しやってみたりする。ハングルで書くといっても、書いてる内容は日本語なので、ローマ字のようにして使っているだけだが(パッチムがあるので少しは違うところがあるけど)。石川啄木がローマ字で日記を書いていたが、ハングルでもできるんだなあ。

    何かを書くのに、読める人には読める形で書いてるのだけど、読めない人には読めない形で書ける形を取る方法がほしいと思っていた。それなら普通に外国語で書けばいいのだけど、書けるのは英語ぐらいしかないし、英語だと普通に読まれ得るからあまり意味がない。また、簡単に翻訳できるし。その意味で、ハングルをローマ字のように使って日本語を書くのは、要件にあってるかも。自動翻訳も簡単にはできないし。ローマ字的にハングルを使ってること自体がわかれば、少しやったら簡単に読めちゃうけど、読もうと思う人は少なさそう。

    夜は久々にお店にうかがって美味しいお鮨をいただき、とても満足。その後、Kの実家へ。Kの姪っ子と童謡をききながら歌ったり踊ったりして遊んだ。

    帰宅して、『高校生からの韓国語入門』を読み終え、『ネイティブっぽい韓国語の発音』へ移る。発音もひと通りやってみてから、Duolingoをやるようにしよう。その他、YouTubeでTWICEや韓国語関連の動画を観る。

  • 2021年5月14日

    空き時間に、昨日メモしておいた論文を読む。自分がいまやろうとしていることに枠組みを与えてくれるようなもので、ありがたい。いくつか近辺のものが出てきて、輪郭が見えてきたところ。というわけで、実装も進めなければならないが、やりたいことの図を描いてみる必要がありそうだと思う。

    夕食を食べながら「おちょやん」。今日で終わり。展開自体はもうここから何かが起こるという感じでもなかったので、そのまま観終えた感じ。なんだかんだで、あ朝ドラを「あまちゃん」以来で最後まで観た(正確には最初の頃は観てなかった)。後半はあまり感じるところも少なかったが、一番印象的だったのは、やはり「よしお」のエピソードだなあ。他のエピソードよりも、真に迫った人間を描くことができていると思われた。Kはさっそく「おちょロス」になりそうな感じ。

    夕食後は、仕事の続きをちょいちょいしたあと、TWICEの動画を観る。MVに関してはだいたい観終えたところ。公式動画を観ていく。MV以外も、おしゃべりしてるのとか、ソロフィーチャーの動画などもいいものがあったりする。観るべきものがたくさんあって大変だ。そうやって観ていると、韓国語をまったく知らないのがもったいないという気がしてきて、とりあえず『1時間でハングルが読めるようになる本 ヒチョル式超速ハングル覚え方講義』を買って読み始めたり、Duolingoの韓国語レッスンを始めたりする(有料アカウントが切れてしまったのだが、それへの導線がやたらウザくなってる……)。

  • 2021年5月13日

    昨日に引き続き、一日中いろいろとやっていきを高めていくおしゃべりなど。

    Kが最近よく韓国の女性アイドルの曲を聴いていたのだが、自分は全然知らないので、あれこれと教えてくれた。いろいろ聴かされた中でもBLACKPINKとTWICEに興味を惹かれた。家庭のコミュニケーションのためにも、知識を持たなければならない。そのため、まずはTWICEのMVを端から観て学習を進めることにした。ひたすら観ていくと、だんだんメンバーの区別や個性の把握ができるようになってきた。また、個々のプロフィールもある程度把握できた。個々のキャラ立ちがすごいし、パフォーマンスのレベルも高い。驚く。

    アイドルといえば、10数年前に℃-uteにおける事件があったのを最後に足を洗ったのだが、その当時に感じていたすごいという感じに近いものを覚えたという気がする。JYPさんというひとのことはまったくわからないが、韓国のつんく♂さんみたいなひとなのだろう。起用する女性のタイプはハロプロ的ではまったくないが、一貫したテイストがある。曲も、耳に残るようなものも多い。アイドルソング的なものもあれば、ポップでキャッチーなものなど、バラエティもある。最近、若い女性の話を見聞きした中で、いろんな枠をとびこえてどんどん活躍している人が多くて新しさを感じたのだが、TWICEにはそういう感じを覚える。

  • 2021年5月12日

    今日は朝から晩まで一日中、これからのやっていきについて議論したりしてた日。前向きに今後をよくするためにあれこれ頭を使えるのは楽しいことである。一昨日も、昨晩も、アイディアや考え事がぐるぐるしてあまりちゃんと眠れていないので、今日はゆっくり休まないとなあ。

  • 2021年5月11日

    昨晩は、3時過ぎに寝床に入ったあとも書いていたコードについて考えていたら、こうしたらいいのではないか?というアイディアが浮かんできて、けっこういけるのでは?という感じになり、頭が冴えてきて6時過ぎまで眠れずにいた。目を閉じていながらも、こういうストーリーで進めていけば論文にもなるかもしれないし、とか、こういう評価をしようとかあれこれと考えが進んでいく。その後も、少し寝入ったような気がしつつも断続的に目が覚めて全然眠れた感じではなく、10時の論文読み会はスキップ。11時頃から仕事開始。眠いというより、体が怠い。

    Twitterで知った「グリーンシャワー ホップ香るスパークリング」を箱買いしてあったのが届いたので早速飲んでみる。ホップだけが香って味わいとしては炭酸水なので、ちょっと不思議な感じ。やや人工的な香り。いつもは無味無臭の炭酸水ばかり飲んでいるのだが、これはこれでさわやかでいいのかもしれない。せっかく買ったのでしばらく飲んでみよう。

    今日も喋り通しな感じで、睡眠不足もたたって疲労。夕食を食べながら「おちょやん」を観る。

    Twitterで、1970年の蓮實重彦・シャンタル夫妻と3歳の重臣氏の動画が流れてきて衝撃を覚える。蓮實重彦さんの本は大好きでずいぶん読んだものだが、その名を知ったのは東大総長になった1997年より数年前というぐらいだから、既に60歳になろうとする頃。こんな少壮の学者然とした氏の姿(この年で34歳)を見たことがなかったのであった。

  • 2021年5月10日

    今日は朝から晩まで喋り通しだったなあ。しかし、いくつか進められたこともあったし、どんどんおしゃべりしていこう。

    講談社のKindle本セールでばかすか本を買った余波で、本を買うのに歯止めが効かない感じであれこれ買ってる。日記にももう書くのがだるいぐらいで、たくさんある感じ。しかし、それでも気になった本の1/100も買えないのだから、気兼ねなく本を買えるという夢からはほど遠い。気兼ねなく本を買えるなんて、どんだけお金があればできるのかわからないが……(そもそも図書館的なスペースが必要だ)。ありがたいことに、以前に比べれば気兼ねのなさは向上してはいるが、満足することは当分(一生?)なさそうだ。そして、もちろん読める分量を遥かに超えているので、今度は読めないストレスが増大するわけだ。

    先日購入した『自動運転技術入門』をぱらぱらめくって、とりあえず最後まで目を通した。IoTは情報科学の総合格闘技というひとがいたが、自動運転車はさらに総合度(?)が高いと思う。機械学習を中心とする認知・判断・操作系の入門だけでも、本書のような本になるわけだし。そしてやっぱり機械系のことは全然書かれてなくて、実際どうなってるんだろうという感じ。それはそれでいろいろ他にリソースが山ほどあるだろうからいいとして、本書でも少し問題として触れられていたが、車内・車外のネットワーク通信のこととか、データをどうモジュール間でやり取りするのかとか、そのあたりは全然具体的なことはなくて、気になるところ。まあ、自動運転をやりたいわけではなくて、どういうことが問題にされてるのか知りたかったので、自動運転のコアの部分については話題がわかってよかった。

    研究についてあれこれとずっと考えていて気がかりになっているのだが、考えてばかりでもしかたないし、なにかやってみないとアイディアも浮かばないし、突破口が見いだせないだろうから、とりあえずいま考えている内容を実装してみようと思って、これまで少し調べていたことをもとに、パーツとなるべきものを書き始めた。やっていくうちに問題も出てくるだろうし、それを解決する中から切り開けるところも見つかってくるのではないか。しかし、当初の予定だと出すはずだった研究会の申込み締め切りが5月14日にあるのだが、間に合いそうにもない。まあ、デッドラインはまだまだ先なのではあるが、ちゃんと計画的に進めていきたい。それに、修論を書くというのはごく直近の通過点で、その後をどうしていくかのほうがもっと大きい問題なのだし。

  • 2021年5月9日

    けっこう長く寝て起床後、やっぱり首筋が凝っているのでロキソニンを服用。ベッドに寝転がって「日経サイエンス2021年6月号(特集:時空と情報/COVID-19 危うい後遺症)」を読む。特集に入る前の最新情報を紹介するちょっとしたコラムがたくさんある欄で、かなり感心して夢中になる。面白いなあ。こんな楽しい話が満載だなんて、もっと早くからちゃんと読んでおけばよかった。肝心の特集に至るまでにだいぶ満腹感を覚えてしまう。特集ももちろん面白そうなのだが。定期購読するようにしようかなあ。情報科学に特化した、こんな感じで最新の研究状況を紹介する雑誌はないものか。ACMの会報をちゃんと読んでなかったのだが、読んでみることにしよう。

    お茶しながら、『自動運転技術入門』を読み始める。自動運転技術に置ける認知・判断・操作に関する技術について、最近の研究も踏まえてわかりやすく整理している本。導入の次は認知フェーズから章立てがされているので当たり前なのではあるが、のっけから機械学習の話ががんがん展開されるので、それなしではなりたたない領域なのだなあと思い知らされた。一方で、いまの読んでいるところまでだと各フェーズにおける個々のタスクについての説明が多く、それらを実際にどうやって一連のシステムとしての自動運転車として構成するのかという話はまだでてこないので、そのあたりも楽しみ。自動運転システムにはROSも使われているとのことで、どんな感じなのかも知りたい。

    帰り道でGoogle Nest Hubの第2世代を購入。キッチンで料理しているときに動画を流すためのものとして、10年ぐらい前の古いiPadをはっつけたものを使っているのだが、動作がもっさり過ぎてストレスなので、せっかくだから先日出たばかりのものを買って使ってみようということになったのであった。しかし、第2世代は睡眠状況のトラッキング機能が売りなので、キッチンで使うと良さが活かせない。新しいiPadを注文してあるので、Kがいま使っているものをキッチン用にして、Google Nest Hubは寝室に置くかもしれない。

    夕食を食べながら「青天を衝け」を観る。平岡円四郎の計らいで渋沢たちの次の道筋ができていく流れ。堤真一さんが好きなので、たくさん出てくるのがうれしい。さらに、NHKプラスで「100分de名著」の『論語と算盤』の回の再放送を観る。批評性のない褒めまくりの論評でかなり鼻白むところが多いが、まあ実際に渋沢の業績や書き残したことの立派さは、そうなってもしかたないほどの大きさではあろうと思う。自分もそのように生きていきたいものだ。

    研究を進めようと、Erlang周りの文献をGoogle Scholarで探したり、分散まわりについてのリソースを読んでみたりなど。ちょっと考えたことがあって図表をざっくり書いて整理しようとしてみたが、うまくできず。考えが足りない。

  • 2021年5月8日

    12時近くまで寝ていた。昼食をとった後、Kと近所の公園でフリスビーとバドミントンをする。フリスビーはS氏が日記に書いていたので真似した。Kにその話をしたら、それならずっとやりたいといっていたバドミントンも一緒に、ということになったのであった。休日なのでひとがたくさんいて、迷惑にならずにできる場所があまりない。しかたないので、木々に囲まれたところで、つつましく実施する。それでもけっこういい運動にはなって、楽しい。Kはバドミントンの方が気に入ったようであった。

    フルサイズのミラーレスカメラを持ち歩くときにはストラップを使っていたのだが、やっぱりストレスフル過ぎて嫌だから腰に下げるいい感じのものがほしい、Peak Designのを試すかとか書いていたら、Spider X Holster Setというものを教えてもらったのでさっそく注文してみた。小さくて取り回しがよく、いい感じ。それでさっそく散歩に行くときにカメラをさげて歩いていたのだが、手元がミスってカメラを落としてしまい、SEL1635GMのレンズの先からアスファルトに落下、リムのあちこちに傷がついてしまった。このホルスター自体はとてもいい感じ。

    お茶しながら『はたらく細胞』の続きを読み、読了。最初は面白い形式だと思ったのだが、だんだん退屈になってきはしたものの、なんだかんだで最後まで読み続け、これはこれでなんとなく各種細胞についてイメージもつくし、よいのではないかという気がする。最近、サイエンスというか理科的なことに対してもっと広く勉強とまではいかなくても興味を持って知っていくべきではないかとあらためて思うようになって、それでこういうのを読んだりしている。というのも、自分はエンジニアリングの人間だが、研究もやるからにはもっとひろくサイエンスの観点も必要だと思ったりしたというのと、単純に子供の頃にわくわくしてた感じを取り戻す必要があるよなあと思って。

    書店へ行き、『アースダイバー 神社編』、「日経サイエンス2021年6月号(特集:時空と情報/COVID-19 危うい後遺症)」、『IoT技術テキスト 第3版』を買う。また、Kindleで『発達障害の内側から見た世界 名指すことと分かること』、『LIFE SCIENCE 長生きせざるをえない時代の生命科学講義』を購入。

    昼頃から首の左側が凝っていて、ひどい頭痛というほどではないけどずっと疼痛があって気になる感じ。それでずっと過ごしていたら疲れてきて、ずいぶん早い時間に眠くなってきて、そのまま寝る。